Sidenavi

やさしい日本語

楠田枝里子profile
久米宏profile
逸見政孝
名誉棄損限定とは
超音波盗聴されな
隠蔽
テレビ殺人事件
警察問題の
でっち上げと自白
司法関係の
令状主義
謝罪する日本人

EdwardSnowden
特定秘密保護法
テレビ事件簿
憲法を読む
NHK受信料問題

不眠症
いじめ・自殺
北朝鮮拉致問題
超音波盗聴資料
2ちゃんねるデマ
気づいたこと記録

MSPAINT
リンク集
サイトマップ
かきくけ掲示板

十字架は知っている
本命録

みつめ和紀の読書録

憲法・メディア・天才・山本周五郎の名言。

憲法

憲法は難しくない

憲法はむずかしくない』 池上彰著 ちくまプリマー新書 ¥760 

 憲法論議が盛んになり、まずしっかり考える必要があるというガイド本。
 イラクなどを例にとり、どのように憲法ができるか書いている。
 法律はひとりひとりが守るべきもの、憲法はその国の権力者が守るべきもの。そもそも憲法は、国家権力を制限して、国民の自由と権利を保障するもの。
 では、日本国憲法は押しつけ憲法と言われているが、憲法は日本の学者たちの改正案がベースになっている。あるいは、日米間で激しい議論の末に日本側の意見が通ったことなど、また、その後の国会審議で、内容が変更されたこと。さらに国民の代表である国会議員によって承認されたことなどをあげ、必ずしも「押しつけ憲法」とは言えないとしている。
 憲法には変えられないものもある。それは国民主権の基本原理。また、基本的人権と平和主義も変えられないというのが定説だそうだ。日本国憲法全文あり。

日本国憲法日本国憲法』 講談社学術文庫 ¥560

 読みやすい大きな字で、日本国憲法、大日本帝国憲法、教育基本法、児童憲章、英訳日本国憲法が載っている。




憲法九条、いまこそ旬』  岩波ブックレット  ¥480

 憲法九条、いまこそ旬2004年6月10日、憲法「九条の会」を九氏で発足させた。
 井上ひさし、梅原猛、大江健三郎、奥平康弘、小田実、加藤周一、澤地久枝、鶴見俊輔、三木睦子。
 発足に際しての声明では、かつてない規模での憲法改正の動きに対し、「日本と世界の平和な未来のために、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、「改憲」のくわだてを阻むため・」となっている。
 「「九条の会」発足記念講演会」の講演記録に、それぞれが加筆したもの。
 井上やすし氏は、憲法は私たち主権者がときの政府に対して命令するというもの。それで、ときの政府が国民に命令するのが法律。その法律をみて、それが憲法に違反していないか判断していくのが最高裁判所という。
 その国民の政府に対する命令の中心になるのが、第九条だ。1928年のパリ不戦条約の条文が、そっくり九条に移っている。この戦争放棄に関する条約の黒衣となって一生懸命働いたのが、日本の外務大臣・幣原喜重郎。日本は国際連盟の常任理事国だった。四十カ国以上の国際連盟の加盟国の総意が、戦争放棄に関する条約、パリ不戦条約になった。だから、憲法九条は押付けでもなんでもない。
 小田実氏は、その幣原喜重郎がマッカーサーに会って、全ての戦争を否定したい、そのかたちで憲法を考えたいと話したときに、マッカーサーは「わかった」と応じたという。戦後小田氏は、マイクロフィルムでアメリカの新聞を見た。戦中の1945年、沖縄が陥落するころ、軍も住民もみんな自殺した。アメリカの女性の夏のファッションの横に、小さく「日本の女性はみんな戦え、死ぬまで戦え」という日本の司令官の記事があった。これがアメリカだった。マッカーサーは「日本人はみんな十二歳の子供」といって民主主義を持ち込んだ。しかし、それはアメリカの民主主義とはちょっと違ったものになった。日本人は民主主義と平和主義とを結合させた。それが平和憲法だ。これは日本独自の、世界に例がないものだ。
 また大江氏は、憲法や教育基本法が、どういうときに書かれたかを問う。身近に死者の記憶をもつ、多くの国民は、感情として、新しい国家の民主主義と平和主義の秩序をつくることを願っていた。それを同じ気持ちを持つ日本人同胞に向けて書かれたのが、憲法であり、教育基本法だと。その書かれたときを、哲学者・ハイデッガーの『存在と時間』から引用している。「人間は自分たちが死ぬべきものだということを認識するとき倫理的になる」と。それは憲法、教育基本法の「希求する、希求し」という言葉に表れていると。
 確かに書かれたときを考えると、改憲など考えようもない。終戦後の国民が、どれほど平和を望んだことか。現代は物質的には繁栄はしているが、心は荒んでいる。ライブドア事件、耐震偽装問題、振り込め詐欺など、全てがペテンだ。小泉総理の主導した郵政解散選挙なども、テレビを使ったペテン選挙だった。この時代に先行者の思想を超えることは困難であり、受け継ぐのは当然の選択だろう。時を考えれば、改憲は悪にしかならないだろう。(06年4月16日)

憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言』 岩波ブックレツト  ¥500


憲法を変えて戦争に行こう 憲法改正論議への簡単だが、重要な18人の発言。
 憲法改正へは、たとえばこの本は、どこの国でも軍隊もっている、などの雰囲気で入っていく。今の日本の状況を良く捉えている。
 半藤一利氏は、大岡昇平の「戦争を知らない人間は、半分子供である」という、その半分子供が、わが周辺には多くなったという。それは戦争体験の有無ではなく、戦争に対する深い洞察と想像力の欠如している子供である。
 アフガンでの医療活動を続けている中村哲氏は、実際に戦争をしない国・日本の人間である、日本人である、ということに守られて仕事ができたということが、数限りなくあったと。太平洋戦争の際も、「大東亜共栄圏」を唱え、いわば「国際貢献」を旗印にした。日本があの憲法を受け入れたのは、自国民300万人、アジア全体では2,000万人という、大きな犠牲を払った上での一つの結論だった。改憲派は「日本人自身でつくる憲法を」というが、それこそ日本人のご先祖様に失礼だ。
 原爆の被害にあっている美輪明宏氏は、ずばり言う。「戦争を放棄する」という憲法ができて、どれだけよかったか。正義の戦争なんてない。日本人のどこかのバカな人が、寄ってたかってつくるより、はるかに現憲法はいいものだ。いまの政治家は戦時中の軍人と同じです。そういう連中が、憲法改正といって、また日本を戦争に引きずり込もうとしている。アメリカがつくった憲法なら、アメリカは日本に戦争をしかけてくるわけにいかない。それが改憲派の政治家にはわからない。美輪氏が戦時中に見てきた、人間性を踏みにじった悲劇がまた始まろうとしている。
 ピーコ氏は、小泉政権になり、自衛隊のイラク派兵など、どうみても戦争への道を歩いていると憂慮している。日本は憲法九条のおかげで、戦争で誰一人も殺さなかったし、殺されもしなかった。憲法の素晴らしさを再認識すべきだと。
 劇団を主宰する渡辺えり子氏は、人を殺してもいいということは自分も殺されていい、自分の家族も殺されていいということだという。そう思う人だけが、改正に賛成すべきだと。ご自身は反戦活動家ではないが、それを大声で言えなくなっている今の日本は異常だ。こういうことを言うと仕事がなくなると。すでに戦前のニオイがするでしょ?マスコミだって過去の過ちをまた繰り返しているわけです。
 大学教授の森永卓郎氏は、知人のイラク人が新憲法をつくろうと、世界のいろいろな法律を見たけれど、日本の憲法が一番良くできていると言われたそうだ。氏は憲法九条を、世界でもっとも美しい法律の条文と思っているそうだ。
 確かに現日本国憲法は、世界の最高の頭脳のまぎれもない結晶であり、今の与党の人間がつくる憲法とは、すべてにレベルが違う。人類の至宝ともいうべき憲法を、おかしなこじ付けで壊したら、世界の恥だ。
 この小冊子には、国民投票や九条をめぐる動きについても載っている。


国家の品格』  藤原正彦  新潮新書  ¥680

国家の品格
 国際化というアメリカ化に、日本人は、日本の誇るべき国柄を忘れてきた。論理的なことだけでは、たとえば、「なぜ人を殺してはいけないのか」などの説明はできない。
 自由、平等、民主主義を疑ってみる。現代社会の当面する、苦境の真の原因は、論理とか合理に頼りすぎてきたことによる。
 では、どうすればよいか。
 日本に古来からある、「情緒」あるいは「形」を、見直してみよう。
 日本人の自然に対する感受性、日本人の無常観は、もののあわれになった。桜や紅葉の繊細さ、四季の変化の豊かさ。
 情緒を育む、精神の形として、武士道を復活すべきだ。
 武士道は鎌倉時代以降、多くの日本人の行動基準、道徳基準として機能してきた。江戸時代に、武士道は武士道精神へと洗練され、物語、歌舞伎などを通して、町人や農民にまで行き渡った。加えて禅や儒教、神道などに融合し、武士道精神へと昇華させた。
 ここで本書は新渡戸稲造の「武士道」を紹介。武士道の最高の美徳として、「敗者への共感」「劣者への同情」「弱者への愛情」を取上げる。美意識にも触れ、本居宣長の有名な歌、「敷島の大和心を人問わば 朝日に匂ふ山桜花」と引いている。
 国家の品格を取り戻すためには、底力がなければならない。
 その指標として、天才はどんな条件で生まれるかというと、
 第1は美の存在。第2に何かに跪く心があること。第3に精神性を尊ぶ風土。
 日本には美しい自然があり、神や仏に跪く心がある。役に立つものとか、金銭を低く見る、風土がある。
 武士道は、正にそうです。
 ここ四世紀ほど、世界を支えてきた欧米の教義は、ようやく破綻し始めた。世界は途方にくれている。
 品格ある国家の特徴には、どんなものがあるだろう。一番目には、自らの意思に従って、行動のできる独立国ということ。現代日本はほとんどアメリカの植民地状態にあり、この条件を満たしていない。二番目は高い道徳。しかし、これも金銭至上主義に痛めつけられている。三番目は美しい田園。これもすっかり荒らされている。四番目は天才の輩出。これも市場原理主義によって、ずたずたにされている。
 日本は金銭至上主義の国々とは、一線を画す必要がある。たとえ経済的斜陽が続こうと、孤高を保つべきだ。
 時間はかかるが、この世界を本格的に救えるのは、日本人しかいないと、著者は結んでいる。

 著者は御茶ノ水女子大学教授。作家新田次郎、藤原ていの次男。
 武士道精神を持てというのは分かるが、この本の出版前に新渡戸の「武士道」が注目された。
 武士道は、現代では、一つの完結した生き方だろう。私も共感するところはあるが、超音波盗聴機以前ならまだしも、今では心は動かない。ただ新渡戸稲造は、英語の勉強をするにも、参考になるものである。新渡戸『武士道』にも、また戻りたいものである。

グローバル経済に殺される韓国打ち勝つ日本』三橋貴明 徳間書店 ¥1,500

  著者は日本のメディアが、「韓国に負けてしまう」「日本企業はサムスンを見習え」と、口をそろえて韓国経済を褒めそやしているのを、快く思っていないのかもしれない。韓国経済から学ぶことは、日本にはほとんどないと言う。衝撃的な言論である。韓国は経済的主権を失い、「植民地化」への道を歩み続けているという。そして、その宗主国は「グローバル資本主義」である、と。こう続けている。
 韓国の貿易依存度は96%を超えている(日本は27%)。グローバリズム優等生韓国の、サムスン電子は54%、現代自動車やポスコの株式も50%弱が外国人株主に保有されている。結局、儲かるのは一部の企業経営者と株主だけである。加えて韓国の社会保障はダントツ最下位であり、韓国政府は国民にあまりお金を使っていないのである。
 またウォン安政策は大企業ばかりが得するようになっている。韓国では年齢が高く、賃金が高い労働者には辞めてもらい、若年層も正規では雇わないようにしている。
 著者はいう、日本は韓国とは異なり、世界屈指の経済大国なのだと。では、デフレ克服には…。TPPは…。
 第五章では、日本の「韓国化」を阻止せよ、となっている。

老年の良識』中野孝次 海竜社 ¥1,500

 著者はまず、あなたは後半生をどう生きますか、と問いかけてくる。晩年は時間も物質的にも自由になる。そこで好きなように生きればいいのだから、余計なものを捨てなさいと。そのモデルとして、良寛の物質的な貧しさ、心の豊かさを考えなさい、と。
 氏自身は、テレビは見ない、電話は嫌い、冠婚葬祭は全て欠席。インターネットとも無縁。早寝早起きで、夜は7時に眠り、朝は5時に起きるそうだ。興味深いのは、以前は夜型人間だったが、重度の睡眠薬障害に陥って以来朝型に切り替えたそうだ。机に向かって午前中に仕事をし、昼前には散歩。夕方小一時間の散歩もある。午後は資料などを読んだりして過ごすそうだ。
 この生活は自然とそうなったそうだ。自然のリズムということらしい。それで氏は、もっぱら古典を読むそうだ。時には音読もし筆写もする。
 『平家物語』、西行、『徒然草』『老子』『論語』『春秋左氏伝』『史記』、ホメーロス、プルターク『英雄伝』、ヘロドトス『歴史』、セネカ、キケロ。なかでも何度も読んだのが『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』。
 そこで、過去はなく、未来はなく、生きてある「今ココニ」を全力で生き、この人生をころがしていく以外に人生はないわけである、と中野孝次は結んでいる。

池上彰と考える、仏教ってなんですか?』池上彰 飛鳥新社 ¥1,300

 諸行無常(すべては移り変わる)とともに仏教の基礎となるのが「諸法無我(確かな私など存在しない)」。すなわち、私というものに実体はないということです。
 世の中だけでなく私だって、常に移り変わっているのです。健康状態も経済状態も、心境の変化も起こります。私たちは自分のこともわかっていませんし、制御することもできません。そこに苦しみが生じます。
 すべての物は不確かで変化するものだから、私という実体も存在しない。そう考えることでさまざまな苦を遠ざけることができる。「諸行無常」「諸法無我」なのだから、人生はそもそも思い通りにならないのが当たり前なのだ。
 大乗仏教が最も大切にするのは利他です。利他とは、自分のことはさておいて、他の人が、あるいは他の生き物が幸せになれるように行動する姿勢です。そうすれば私たちも日々一つひとつ利他の種をまいていけば、いつか来世において機が熟した時に、花開くときがあるのだと。他人の幸せのために利他の行いをしている人を菩薩と呼びます。
 親鸞は、そのままでいい、ただ阿弥陀如来を信じるだけでいい、それだけで極楽浄土に行けるのだと説きました。親鸞は、日頃から修行などする機会のない庶民が救いを得られてこそ仏教なのだと信じました。自分の力でよい行いをしたり、修行をしたりするのは、阿弥陀如来を信じていない証拠だ。だから戒律などを気にする必要もなく、ただ阿弥陀如来を信じて、すべてを委ねていけば浄土に行ける。
 一方、座禅などの修行そのものが悟りと考える道元が開いた曹洞宗や、栄西が開いた臨済宗。心と身体をコントロールして煩悩を滅ぼすことが必要ですが、座禅によってその境地を目指します。
 こんな考え方もある。ニーチェはショーペンハウアーの「仏教的な意思の否定」には、我慢が出来なかった。

告白』チャールズ・R・ジェンキンス 角川文庫 ¥590

まずこの本を読み終えて、真っ先に感じたことは、上手くかけているということです。余計なものがありません。当然、出版社の編集の人が構成など手伝ったのだろうと考えた。それともジェンキンス氏が生活の中で学んできたものなのだろうか?
 告白は、基になるノートなど存在しないのだろう。記憶によって書かれたものと思える。しかし、北朝鮮がどういう国か、メディアで伝えられているより、分かりやすい。このサイトにとっても有益な情報がある。
 この本の中にしばしば出てくるのが北朝鮮の指導員。その監視は、生活すべてに亘っているようだ。たとえば、「屋根裏部屋に上がると、どこもかしこもマイクだらけで、全室が盗聴されていた。後で探してみると指導員のベッドの下に録音装置があった。パリッシュはマイクを一本残らず回収し、裏庭に埋めてしまった」。
 思想教育も激しく一日16時間も勉強させられたことがあったそうだ。日本人が語学の勉強するにも役に立ちそうなことが書かれている。「朝鮮語をマスターするまでは、私はただ発音どおりに課題文を暗記するしかなかった。(略)今でも私は、聞く人がいやになるほどの北朝鮮のプロパガンダを英語と朝鮮語で暗唱することができる。ときどき、どうやら寝言でも暗唱しているらしい」。
 警察のやっていることとして、私に対する超音波盗聴と、曽我ひとみさんへの無関心を考えると、本当に恐ろしい警察組織だと思う。「曽我ひとみが拉致被害者だということは誰も知らなかった」。「ひとみが従順で模範的な市民であったから、ご褒美に日本を訪問させてやることを「組織」が検討しているようなことだった」。これは驚くべきことだ。
 不思議でならないことに、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)は拉致を認め、謝罪した。そんなことをしていないと、私に対する日本テレビおしゃれ事件や超音波盗聴のように、隠蔽すればいいことである。しかし、金正日は認めた。認めれば、工作員の日本での活動状況も表に出る。にもかかわらず認めた。一方、より民主化されていると考えられている日本において、私の場合、日本テレビおしゃれ事件を久米宏、楠田枝里子が謝罪するわけでもない。超音波盗聴については、久米楠田どころか、民放・NHK、タレント・ジャーナリストなど、誰ひとり告発するわけでもない。警察は謝罪さえしない。それで彼ら日本人が、私の目にどのように映るか、想像できるでしょう。
 次に曽我さん一家の帰国・来日にほっとするようなことを引用してみよう。
 「日本に着いて二日としないうちに、娘たちは北朝鮮を離れたのは人生で最高の決断だったと確信するようになっていた。私は最近よく冗談に、「やっぱり北朝鮮に戻ることにしようか?」と美花に言ってみることがある。するといつも答えは決まっている--「お父さんだけどうぞご勝手に。私は絶対に行かないわ」。

 私は拉致被害者のことを考えるにつけ、驚かされることが一つある。それは心無い人たちの反応だ。
 「私のために日本政府があれこれ手を尽くしてくれたことを、快く思っていない人も日本には大勢いる(政府がひとみの帰国に尽力したことすら気に入らないという人もいるぐらいだ)。私が「ただ飯」を食っていると批判的に見ている人もいる。だから私と家族のために安定した収入を確保することは、私にとって重要な課題だった」。
 これらは驚くべきことだ。「ただ飯」ということは、蓮池薫さんも言っていたように思う。なんなのだろう。偏狭な日本人もいるものだと思う。
 私にとって拉致被害者の帰国は、救いでもある。こういうと変かもしれないが、曽我ひとみさん一家や拉致被害者家族のことを考えながら寝ると、すぐ眠れるのである。ものすごい安眠効果である。特に、曽我ひとみさんの人生は、人生の典型だろう。これが人生なんだと理解しやすい。
 ただ飯どころか、大変貴重な情報が詰め込まれている本だと思う。是非一読していただきたい。また、拉致被害者の方々の日本での生活などをエッセイ風に出版してくれても嬉しい。もちろんジェンキンスさんもご家族も…。

『イエスの生涯』遠藤周作 新潮文庫 ¥460

 奇跡物語のなかのイエスは、目の見えない人を見えるようにし、歩けない人も歩けるようにする。
 しかし、この本の中で書かれているイエスは、無力なるイエスだ。何もできないイエス。それが愛。
 本文から引用すれば、「それらの人間たちの苦しみを分かち合うこと。一緒に背負うこと。彼らの永遠の同伴者になること。そのためには彼らの苦痛のすべてを自分に背負わせてほしい。人々の苦しみを背負って過越祭の日に犠牲となり殺される仔羊のようになりたい。「その友のために」いや、「人間のために自分の命を捨てるほど大きな愛はない」それこそが人々に無力に見えようとも、神の最高の存在証明なのだ」。
 この本は遠藤氏の50歳のときの作品である。英語、イタリー語、中国語にも翻訳されていて、国際的文学賞ダグ・ハマーショルド賞を受賞している。
 超音波盗聴によって、イエスのように嘲笑され、侮蔑された私が救われたのも聖書である。聖書を日常的に読んでいるが、この『イエスの生涯』も魅力的な作品だ。何度でも読んでしまい、ときどき文庫本を開いたり、全集で開いたりしながら、拾い読みをしていると、心が癒され、決心も生まれてくる。
 マタイの福音書にはこうある。「他人は救ったのに、自分は救えない。今すぐ十字架から降りるがいい」。これらのことが、私には「テレビは救ったのに、自分は救えない。おしゃれ事件はテレビを見ていてわかるのだろう。だったらテレビ表現で超音波盗聴もわかるだろう。避けられるものなら避けてみよ。ほら盗聴してるぞ。自分を救ったらどうか」。
 そして私のこの「もう森へなんかいかない」というサイトを理解できる人は、私の証言が超音波盗聴の証拠になるということに、気づくだろう。これは普通の体験証言とは違う奇跡を哲学的に持っていることも知るだろう。世界中で多くの人が聖書を信じるように。

不死鳥の国ニッポン』ケント・ギルバート著 植田剛彦編者 ¥1,400

ケントさんは皆さんご存知のタレントでもある。この本が書かれた動機は、関東東北大震災における日本人の取った行動に対する賛辞からでもあるようだ。初めに「東日本大震災に見た日本人の底力」である。
 日本人として生まれただけで幸せなのである、と書かれた次にこうある。世界の貧困や識字率の低さを考え、それに対する日本人の態度をこういう。

 日本人は、「それは遠い国の出来事で自分には関係ない」と考えがちだが、そのように視野が狭く、近視眼的で、日本独自の閉鎖的で自己中心的な考え方をする日本人が多いことにこそ、近年の日本を覆う閉塞感や、日本という国が国際社会の中でリーダーシップを発揮できない決定的原因があるように感じる。

 全体的に大変ソフトで、世界と日本を比較しながら書かれている。欧米人の考え方を学ぶにはいい本だと思う。江戸が世界で最も優れた都市であることにも言及している。私が特に注目したのは以下である。

 来日前の二か月間に、集中講義を受けたそうだ。日本語の文法に始まり、日本語の本を丸一冊暗記させられたそうだ。文字は平仮名とローマ字。宣教師としてコミュニケーションを取らなければならないので、話し言葉を磨くことが勉強の中心だった。

 逆に日本人は大学まで何年も英語を勉強するのに、英語を話せる日本人が皆無であるという現実は、明らかに英語教育のメソッドが間違っていることを表している。

 しかし、この本の多くは、日本人として生まれたことがどんなに幸せなことで、どんなに日本人は素晴らしいかが書かれている。何回か読んでみるのも良い。

『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』ケント・ギルバート著α新書 ¥840

この本を手にしたのは、私が久米宏楠田枝里子さらに日テレなどの私への対応などを考えると、中国や韓国みたいだと感じてしまうから不思議です。超音波盗聴など一連の責任転嫁などで特にそう思う。以下抜粋してみる。

 彼ら(中国)が、国際法という公のルールを守ることよりも、「自国だけの利益」を、いや、実際には共産党幹部や軍の将軍が、「自分とその一族の利益だけ」を守ることの方が重要だと考えているからです。…そんな社会では、身内愛や血縁を超える開かれた社会道徳や公共心は育たないでしょう。
 2011年には広東省で、二歳の女の子がひき逃げされた後、18人がそれを見て見ぬふりをして通り過ぎるという衝撃的な事件が起きました。野生動物ですら、危機的状況にある仲間を、自らの危険を顧みず救い出すシーンは珍しくありません。…今や本当に「禽獣以下」の社会道徳や公共心しか持たないほどに落ちぶれたと言っても過言ではないでしょう。

 「自分の利益のためならばどんな嘘でもつく」
 「自分に間違いがあっても絶対に謝らない」
 「何があっても悪いのは自分ではなく相手である」
 …このような身勝手な思考回路が生まれてきたのです。

 ㊟これ以上は本に当たってください。ごらんのように久米宏、楠田枝里子、日テレ、民放そのものではないですか。彼らの考え方はこうだったのですよ。中国や韓国に負けません。一般の日本人とは違います。そうでしょう、主婦層番組と日テレで、不倫や強姦、枕営業。私がふざけるのもいい加減にしろと怒るのは当たり前でしょ。それを10っカ月以上おしゃれ事件。超音波盗聴を含めると30年以上。「愛は地球を救う」って、そんなの微塵もありません。嘘だらけ!です。

 

『儒教の歴史』中国思想史家・小島毅(55)山川出版社・¥3,780(東京新聞読書より引用)


 一方、「日本では儒教がまともに論じられていない」と嘆く。いま部数を伸ばすケント・ギルバート「儒教に支配された中…」には、特に手厳しい。「中国と韓国は儒教だから駄目だと。日本とは本質的に違うという書き方をしているけど、儒教の何がいけないのか彼は全く言っていない」
 確かに、日本には中国韓国はほど儒教は深く根付かなかった。「それは中国人、韓国人と日本人に本質的な違いがあるからではなく、歴史のいきさつがあるからです。そう単純じゃないと知っていただければと思います」(小佐野慧太 ’17年6月25日)

長生きするのに薬はいらない』宇多川久美子著 青春出版社 ¥1,300

 ○すべての病気はストレスからはじまる。

 繰り返しになりますが、人間の生命活動に欠かせない酵素が苦手としているものは「ストレス」です。病気の原因はすべてストレスにあると言って過言ではありません。ただ、日常的にストレスが強い状態が続くと、身体にとってよくないということは容易に想像できるでしょう。

 ストレスに負けない力をつける簡単な方法としては、よく歩くことがあげられます。これにはセロトニンというホルモンがかかわっています。セロトニンは神経伝達物質のひとつで、心身の安定にもかかわっています。セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患に陥りやすいともいわれています。

 ○「自分のなかの名医」が目覚める健康長寿のヒント

 厚生労働省の「健やか生活習慣国民運動」の言葉にあるように、「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後に薬」なのです。楽しく身体を動かし、おいしく食事をして、健康的な生活を送りましょう。不眠のヒントとして、次のようなことです。

 睡眠薬を飲み続けている限り、薬なしで眠れる日は来ないのです。夜になると自然に眠りに誘う役目を果たしているのがメラトニンというホルモンです。メラトニンは別名「睡眠ホルモン」と呼ばれています。メラトニンを増やすには、セロトニンという「幸せホルモン」が必要です。セロトニンがメラトニンの材料になるからです。セロトニンを増やすには、朝しっかり日光を浴びること、そしてよく歩くことや噛むことなどリズム運動が大切です。

 また、セロトニンの材料となるトリプトファンという必須アミノ酸をきちんと摂取することも大切です。トリプロファンは主に食品のたんぱく質に含まれていますので、肉や魚、豆類、チーズやナッツなどを食べるようにするといいでしょう。

 昼間の活動量をできるだけ増やし、心地よい疲労感とともに眠れるようにすることも大切です。頭を使うと、身体は緊張し、交感神経が優位になります。眠るためにはリラックスして副交感神経を優位にすることも大切です。夜遅くまでテレビやパソコンを見るのはやめ、明かりを薄暗くしてリラックスしましょう。

 朝のウォーキングで薬いらずの体になろう。大いに笑おう。健康のためには、ごはん、味噌汁、ぬか漬けなどの野菜中心の和食にしよう。(主に抜粋のみ)。

『ガンで余命ゼロと言われた私の死なない食事』神尾哲男 幻冬舎 ¥1100

 幻冬舎の本である。著者が余命ゼロかどうかは分からない。例によって売るためのものか?としても、一応手術を受けている。薬も飲んだようだ。その後の食事を工夫されたようだ。それは一言でいえば、昔の和食である。それにプラス、オリーブオイルなどが入っている。

 「身土不二」「一物全体」「陰陽」。昔の私が育った時代の和食である。牛乳など飲まない。漬物などをよく食べる。確かに私の母親は現在(2017年)98歳である。この本を読んで私の体の不調も解決させることができるかもしれないと思った。母がくれてたものを思い出して、料理は教わっているので、作り食べればいいと思った。油はオリーブオイルということだが、私の母はよく天ぷらをサラダ油でした。それでも母は98まで生きている。必ずしもということかもしれない。

ハーバードでいちばん人気の国・日本 佐藤智恵著 PHP新書 ¥800

 副題は「なぜ世界の最高知性はこの国に魅了されるのか」です。その国とは日本です。ハーバードの学生が学ぶケースとして、しばしば日本企業が取り上げられるそうです。そのうちの6つが必修科目となっています。トヨタ自動車、楽天、全日本空輸、ホンダ、日本航空、アベノミクスです。

 新幹線お掃除劇場は日本の誇りだ、とよく知られている事例から始まる。福島第二原発を救った「チーム増田」などの例を最後の方で取り上げている。そこから、計り知れないほど尊い日本人の「無私の精神」を強調し、日本の強みは日本人そのものだった、と締めくくっている。世界は日本の事例・情報を求めているとも、書かれている。

小沢主義』志を持て、日本人 小沢一郎著 集英社文庫 ¥476

 テレビで大変話題になる小沢一郎氏。それだけでも気になる存在だ。
 小説と映画が好きな普通の青年だったそうだ。それが徐々に政治に興味を持つようになったのは、数多く読んだ歴史小説のおかげとも。
 マンション偽装、ライブドア事件を引き合いに、主体性の確立、価値観の確立を訴える。そのまま引用してみよう。

 これだけ多種多様な情報が猛烈な勢いで流れている現代社会を生きるためには、他人の意見や世間体などに流されず、自分自身の価値尺度で物事を判断し、行動することが何よりも重要になってくる。……「出る杭は打たれる」のことわざが象徴しているように、日本の社会では主体性を持ち、自分の価値観で行動する人間の足を引っ張ったり、批判する風潮がある。
 そこで「長いものには巻かれろ」と、強者や権力者には逆らわずに生きるのが正しいとされたりするのだが、それは僕から言わせれば、思考や判断の放棄に他ならない。

 尊敬する人物として、福澤諭吉や坂本龍馬が挙げられている。自衛隊に対する考え方など、小沢一郎氏を知るには、大変簡潔な本となっている。

半島へふたたび』 蓮池薫 新潮社 ¥1,400

 孔枝泳(こんじょん)さんの口から出た答えは明快だった。
 「もっとも大きな罪は、当然誰かの生命を奪うことです。その生命とは包括的なもので、単純に生物学的な生命だけでなく、二十四年間の他人の自由を奪うようなことも殺人と考えます」
 こんな対談のさなかにも、孔枝泳さんは僕のことを気遣ってくれる。


HOME>読書録

リターンツウトップ