Sidenavi

やさしい日本語

楠田枝里子profile
久米宏profile
逸見政孝
名誉棄損限定とは
超音波盗聴されな
隠蔽
テレビ殺人事件
警察問題の
でっち上げと自白
司法関係の
令状主義

EdwardSnowden
特定秘密保護法
テレビ事件簿
憲法を読む
話題本

不眠症
いじめ・自殺
北朝鮮拉致問題
超音波盗聴資料
2ちゃんねるデマ
気づいたこと記録

MSPAINT
リンク集
サイトマップ
かきくけ掲示板
ブログ

不眠症

 眠れない。様々な要因によって引き起こされる不眠症。ここでは主にストレスによる不眠症を体験をもとに。 また不眠が健康に及ぼす深刻な原因にもなります。

 旧ソ連反体制作家故ソルジェニーツィン氏は著書のなかで、監獄における拷問の手段を挙げている。なかでも恐ろしい一つは「不眠」、もう一つは「狭さ」だという。(熊本地震について、車中泊する人のエコノミークラス症候群で死亡した例に・読売「編集手帳」引用、’16年4月20日))。

睡眠負債・睡眠不足ががんや認知症を引き起こす’17年6月18日NHKスペシャル

 私たちの健康をむしばむ深刻な脅威が新たに見つかりました。それは睡眠負債です。毎日1,2時間程度の睡眠不足でも、それが続くと、いつのまにか積み重なって膨れ上がり苦しめる、いわゆる眠りの借金です。そして負債が返済不能なほど増えると、がんや認知症を引き起こします。睡眠負債ががん細胞の増殖を加速させるとことが分かってきました。さらに睡眠負債が続くと、認知症の原因物質が脳に蓄積しやすくなるというのです。

 〇仕事でミスを連発〇家事に意外と時間がかかる〇休日は長めに寝てします。このひとつでも当てはまる人は命や健康を脅かす睡眠負債を抱えているかもしれません。

 でもまだ大丈夫。睡眠負債をちょっとした工夫で返済できることが分かってきました。毎日の睡眠でプラス1時間ほどで睡眠負債を返していきます。睡眠負債を返済すると、全身のパフォーマンスが向上します。それは睡眠負債が脳や筋肉の働き、感情、やる気にまで影響するからなのです。

 夜寝る前のスマホなどは厳禁です。昼間太陽を浴びて体内時計を調整しましょう。

過度のストレスによる病気・週刊文春’16年5月5,12日号

 過度なストレスは、うつ病や不眠症といった精神疾患を引き起こす。そればかりか、ぜんそく、循環器疾患(高血圧、狭心症、心筋梗塞など)、消化器疾患(過敏性腸症候群や胃潰瘍など)、糖尿病、慢性関節リュウマチ、腰痛、アトピー性皮膚炎、めまい(メニエール病)、顎関節症など、様々な病気がストレスと関連していることが知られている。

 ストレスによって脳梗塞や心筋梗塞になる可能性が高まる。その対処法としては運動がいい。(NHKがってん)。しかし、私のように眠れない人間は、昼間どう運動ができるのだろう。不可能に近い。

ストレスによる不眠症

ストレスによって伊勢市長自殺


 06年2月27日、伊勢市の加藤光徳市長の自殺体が同市の山中で見つかった。ストレスによって体調がすぐれず、睡眠薬を処方されてのんでいた。

 ※ストレスによって、誰でも体調を崩します。それによって眠れなくなり、精神的な限界にもなります。私がどのような状況におかれ続けているか、理解していただけたらと思います。

 また、これは他人事ではないのです。あなたが見ているテレビや聴いているラジオにあります。彼らは放送していることに責任をとりません。日本のメディアは大変危険です。そのことを自覚されることを望みます。(06年2月27日記す。追記’14年6月30日)

不眠・ストレス対処法: 「一番わかりやすい栄養学の本


 ●眠れないときには、何を食べる?

 不眠にはいろいろな原因がある。不安、ストレス、うつ病、時差ボケなど。主に精神的な要因から、体内時計のリズムが崩れてしまうのが、不眠のメカニズムだ。

 不眠を防ぐには、規則正しい生活を心がけるのはもちろんだが、食生活にも意識を向けたい。

 睡眠を促すのは、メラトニンというホルモンだ。脳の松果体からメラトニンが分泌されると、人は心地よく眠りに落ちる。このメラトニンの分泌を促すのがセロトニンという脳内物質で、その材料となるのが、トリプトファンというアミノ酸だ。

 つまり、このトリプトファンを意識して摂取することが、不眠になりにくい食習慣ということになる。トリプトファンは、牛乳、赤身肉、レバー、バナナ、チーズ、アーモンドなどのナッツ類などに含まれている。

 また、セロトニンの合成には、トリプトファンのほかにもうひとつ、重要な役割を果たしている物質がある。ビタミンB6だ。トリプトファンとビタミンB6の合成によって、セロトニンが形成される。

 「近頃なんとなく寝つきが悪い」と思ったら、睡眠前にバナナと牛乳をとるとよい。

 ●ストレスに強くなる栄養素は?

 ストレスによって、神経系やうつ病などの神経系疾患はもちろんのこと、自律神経のバランスがくずれて血管の収縮が促され、循環器系の疾患を引き起こすこともある。免疫力が弱まってアレルギー疾患になるかもしれない。胃潰瘍や高血圧、さらにはがんの発生率も高くなる。

 ストレスは、心だけではなく、身体にもさまざまな悪影響を及ぼす。ストレスを取り除くには、その原因を除去するのがいちばんだが、そうもいかない。

 そんな人はビタミンCとカルシウムを意識してとることをおすすめする。

 ストレスを感じると、体はアドレナリンを分泌して、血圧を下げ、血中の糖分を増やそうとする。そのアドレナリンの生成には、ビタミンCを大量に消費する。だから、ストレスを感じると、体内にビタミンCが不足しがちになり、補給しないと、うまくストレスを解消できない、ということになる。


不眠解消・はつらつ元気:’14年9月

 不眠症解消・対処法に様々なものがある。それらは参考になるのだろうか。不眠症の質も人によってさまざま。効果があった人もいるのだろうと思う。しかし、私にはまったく無駄だった。まず

 朝10分日光浴:朝10分日光浴をし、薬に頼らず夜に分泌される睡眠ホルモン「メラトニン」たっぷり生活術。

 頭皮を触って脳がリラックス:自律神経のバランスが整って不眠症が一掃!

 タオル枕:頸椎のゆがみを正して、脳の酸素不足を大改善!手作り「タオル枕」。

 もぞもぞ体操:睡眠ホルモンの分泌を促進。「もぞもぞ体操」

 失眠のツボ灸:血流を促進して体ポカポカ。

HOMEプロフィール>不眠症

リターンツウトップ