Sidenavi

やさしい日本語

楠田枝里子profile
久米宏profile
逸見政孝
名誉棄損限定とは
超音波盗聴されな
隠蔽
テレビ殺人事件
警察問題の
でっち上げと自白
司法関係の
令状主義

EdwardSnowden
特定秘密保護法
テレビ事件簿
憲法を読む
話題本

不眠症
いじめ・自殺
北朝鮮拉致問題
超音波盗聴資料
2ちゃんねるデマ
気づいたこと記録

MSPAINT
リンク集
サイトマップ
かきくけ掲示板
ブログ

人権

 超音波盗聴によってなぜ人権侵害がおこったのか?視聴者・国民の奴隷化と家畜化(TV slave)。実存とは… では、超音波盗聴機は、捜査の初期の段階から、なぜ私に向けられたのだろうか?警察とメディアが一体化していることは言うまでもない。おしゃれ事件への抗議が事実と異なるなら、事実関係を公に反論すればそれで済んでしまう。抗議が真実・事実のために、超音波盗聴機を使い、隠蔽し弾圧した。情報操作した。

名誉毀損の告訴期間は六ヶ月

 私は、「ベストテン」のスポンサーのひとつ、キリンビールへの抗議文の中で、久米宏にこう聞きました。「連続婦女暴行魔ですか?」と。それで久米宏、楠田枝里子らは、私を名誉毀損罪で警察に訴えました。

 しかし、名誉毀損罪は限定され、私は罪にならない、起訴できないとなりました。

 名誉毀損罪は親告罪です。被害者の告訴・告発がなければ、公訴の提起ができません。また公になることによって、訴え出た久米宏や楠田が日本テレビが、逆に犯罪をしていることが明らかになります。「おしゃれ」事件や私の抗議文が公になれば、訴えた方が窮地に陥ります。

 ですから、これは捜査という名目をかりて、「おしゃれ事件」という犯罪を抗議した私を、弾圧するためです。それは最初からそうするつもりだったのです。でなければ、テレビの放送を悪用することなどできません。

 親告罪の告訴期間は犯人を知ってから、六ヶ月です。

 私を犯人と捏造し始めてから、’81年(昭和56)年8月で六ヶ月となります。超音波盗聴機が確定的にでてきたのは、8月1日です。

起訴できないので、盗聴で弾圧か

 大沢悠里が「2、3日、ちょっと旅行にでもいってらっしゃるといいですね」と言われたのをラジオで聴いた。日本テレビの夜のニュースでは、青尾幸が涙を流していた。NHKニュースのお天気お姉さんの顔が、硬直し青くなっていた。

 これらを見て、私は明日、警察が逮捕しに来るだろうと思った。万全の備えで、私はその日を待った。

 しかし、出てきたのは、超音波盗聴機だった。初期の捜査では、超音波盗聴は放送を悪用して、私に伝えるようにはしていない。それが決定的に私に超音波盗聴表現をし、伝えるようにしたのだ。

 これで私は勝ったと思った。なぜだろう、分かりますか?

 超音波盗聴を、警察はこう考えていた。私が超音波盗聴を知ることができれば、故意を証明することができると。それからもうひとつ。「おしゃれ事件」をもろに見破っているのは、内部告発ではないということ。つまり、テレビ局の関係者から情報が流出し、私自身がテレビ局と関係がないということ。

 彼らは、私が超音波盗聴を確定的に見破ったので、テレビの表現で性的関係を知っていることに安堵し、「爆笑してます」と言った。

 しかし、超音波盗聴により、もう私をどのようにしても、裁判にかけることができなくなった。

 なぜなら、超音波盗聴を説明しなければ、私を起訴できないからだ。つまり、警察やメディアが違法行為をしたことを証明しなければ、私を起訴できない。また、違法行為によって集めた証拠は、裁判では採用されない。

日本の電話盗聴・スノーデン氏告発の盗聴とは、今の世界の裏は?

 では次に、超音波盗聴機の使用例、使用されなかった例を具体例でみてみよう。

超音波盗聴されなかった事件(具体例)

具体的な事件で見てみよう(超音波盗聴された例)・盗聴を対象者には知らせていない

部屋に突入するSIT
突入するSIT
 超音波盗聴が報道された唯一の例に、東京都町田市立て籠もり事件(2007年4月20日)がある。

 東京町田市の自宅(都営住宅)に組員竹下祐司容疑者が15時間にわたって籠城。逮捕された時には、自殺を図っていた。自宅を包囲したのは、警視庁捜査1課の特殊部隊SIT(特殊捜査班)。中の様子を探った。

 メディアは超音波盗聴機の事実関係を、いくらかぼかして伝えている。

 東京新聞から引用すると、「部屋は真っ暗。隣室では捜査員が、集音マイクを使って中の様子を探ったが、コンクリート壁の構造から音は聞こえにくく、時折テレビの音が聞こえるぐらい」。

 夕刊フジから引用すると、「SITは隣室や階下の部屋に忍び込み、特殊な音波探知機を用いて竹下容疑者の動向を探っていた」。

 記事では、集音マイク=特殊な音波探知機となっている。音波というのは超音波のこと。探知機といえば聞こえはいいが、機能は盗聴目的のもの。つまりは超音波盗聴機。

 場所が団地だったため隣室や階下の部屋から、コンクリート壁を通して盗聴したようだ。コンクリート壁でも盗聴できる。私の家の場合のように、ごく平均的な日本の一戸建てでは、ほとんど素通し。事件では、テレビの音などを盗ったようだが、体音(Ultravoice)を盗り分析するのが目的。でなければ超音波盗聴機を持ち出した意味がない。SITは竹下容疑者とは電話でも交渉していた。

 ペルー日本大使館人質事件、町田立て籠もり事件、いづれの場合も超音波盗聴機の使用目的は、対象となる内部の様子を探る、あるいは人物の動向を探るということです。

 次の令状主義のことを考えれば、これらの超音波盗聴機は、現行犯逮捕の時点での使用である。したがって、私への超音波盗聴機の使用は違法行為である。

 現行犯として逮捕される場合以外、捜索には裁判所が発する令状が必要になる。また捜索は容疑に関係しないものの押収は、違法である。

令状主義について見てみる。

 次に警察やメディアの捏造・でっち上げ体質をみていこう。

メディアの情報操作で捏造、でっち上げ

 田丸美寿々の行ったことは、超音波盗聴によって得られた情報によって、放送したものだ。これらのことは情報操作にも関わってくることになる。民放放送局は、このとき情報操作をやり、言論弾圧をした。私が抗議文を書いていた時にも、彼ら民放のニュースは、表現を捏造し、私が罪を犯すように、混乱させた。その証拠でもある。

 それを警察は、目の前で、私に盗聴機を向けながら、認識している。にもかかわらず、人権侵害を止めようとしない。むしろ積極的に行っている。

 フジテレビの逸見政孝が「抗議文を送れ」と、ニュースを通じて要請することも、情報操作のひとつでしょう。同じような表現で、日本テレビの小池裕美子が「テレビから睨む」というのは、表現することは逆です。しかし、同じようにテレビの放送を利用して、私をコントロールしようとしたのです。捏造表現です。

 日本テレビのニュースにおいて青尾幸や久保晴生、舛方勝宏(ますかた)、井田由美らも同じ事をしたのです。
 
東京から見ると、伊勢も瀬戸内海もなぜか同じ方向です 私はテレビをチラッと見て、驚いたことがあります。日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」で、番組の進行とはなんら関係なく、楠田枝里子が突然叫んだのです。「伊勢、伊勢で生まれたんですよ」と…。

 私は唖然としました。「おしゃれ」事件で、放送を悪用し、呼びかけて事件を起こしたと、私に指摘されているのに、またやっているのです。番組の趣旨とも進行とも全く関係ありません。

 楠田がこのように「世界まる見え!テレビ特捜部」での放送を使って呼びかけたのは、私の抗議文は嘘を書いていると言いたいのでしょう。それはどういうことかといいますと、私は抗議文のなかで、楠田枝里子の出身地を「瀬戸内海の方で生まれた」と書いているからです。

 なぜそのようになっているかといいますと、「おしゃれ」事件を知り、抗議文を書くときに、楠田を紹介する部分として、抗議文の最初に、楠田が「おしゃれ」という番組で、出身地について言及した部分を思い出し、そう書きました。

 これらは私の記憶に頼っています。私がタレント名鑑でも見て、楠田枝里子は伊勢出身ですと抗議文に書いても、意味はないのです。「おしゃれ」では、もっと微妙に表現しているかもしれません。たとえば、図のように…。つまり、東京のテレビ局から見ると、奇妙なことに同じ方向です。

 楠田枝里子がどこで生まれたかは、性的関係では全く関係ありません。九州でも北海道でも同じです。出身地が正確ではないから、楠田は抗議文は嘘だと言いたいのでしょう。でしたら、久米宏との性的関係を直接弁明すればいいことです。

 ただ、ここで重要なことは、「おしゃれ事件」と同じようにテレビの放送を悪用して、呼びかけていることです。「伊勢、伊勢で生まれたんですよ」と呼びかけることは、「おしゃれ事件」が事実であるという証明でもあります。また、これらのことは虚偽告訴を構成してもいます。

 このようにして楠田枝里子は視聴者の私を罪に陥れています。自らの説明責任も果たさないのに、許せません。日本のテレビはこのように恐ろしいものです。信じられない無責任性。金もうけ主義。こんな連中に資金を提供しているスポンサーも許せません。多数存在します。

 このような情報操作はタレント活動においては、よく行われています。楠田も例外ではありません。その一つに彼女の身長があります。楠田枝里子の身長は170cmとも173、175とも言われます。ネットでの情報では、実際に楠田を見た人は、170cm前後と言います。彼女の身長でさえ伸びたり縮んだりします。また芸能界では出身地でさえ便宜上変える人もいるそうです。

 楠田枝里子の雑誌での記事を引用してみましょう。

 「楠田さん、これまでに結婚しようと思ったことってないんですか?」と雑誌質問者。「ないです」と楠田はぴしゃり。続けて楠田は結婚を考えたこともないです、と言っています。これらは「おしゃれ事件」で私に抗議された後に発言しています。 (「COSMOPORITAN」'83年:S58年1月)つまり、楠田枝里子のタレント活動は嘘から始まっています。

 楠田がこのようにいうのも、テレビの放送を悪用した、久米との性的関係が発覚すれば、楠田自身、日本テレビの社員として責任を問われます。

週刊明星・恋人発見 楠田枝里子ホテルから朝帰り発覚
毎日新聞「週刊明星」の広告:医師高橋龍太郎氏(35)とのスクープ。82年7月9日。上記の記事以前の話。 週刊現代記事。4年間の交際、編集長35歳。86年10月11日号。4年さかのぼると82年10月。

 楠田枝里子が恋人はいても、結婚は考えたことがないというのには、無理がある。「おしゃれ」では、楠田枝里子が何度も「選んでられませんよ」と発言するのを聴いた。「金曜娯楽館」で視聴者に直接的に呼びかけたのも知っている。それらは結婚を意識したものである。

 それでも楠田枝里子が結婚を考えたこともないと言われるなら、それらの発言は、アナウンサーだった楠田枝里子がフリー(タレント)で活動していくことを視野に入れた、話題づくりの売名行為ということになります。

 では、以下の週刊誌の記事はスクープというより、話題づくりの情報操作を目的として報道されたものということになります。この写真は撮られたのではなくて撮らしたものでしょう。

 ’86年(S61年)「FRIDAY」10月10日号に楠田枝里子は男性との一夜をスクープされている。記事を引用すると、楠田は午後8時20分ごろ「赤坂の一流ホテルの9階の部屋にチェックイン。午前零時40分、一人の男性が訪ねてきた。30代後半のスポーツマンタイプ。忍び込むようにドアの向こうに消えると、すると部屋の中からは少女のように弾んだ「ウッソー、来てくれたのォ」という楠田サンの声が廊下まで響いてきました。午後3時に楠田サンがチェックアウト」。こうして男性をホテルに呼び出して、朝帰りが発覚した後、楠田は「私(の年)いくつだとお思いになります。付き合っている男性(ひと)がいても当然だとおもうんですけれど」と答えている。(ちなみにこのとき楠田は34歳)。

 では、セックスなのかと考える。セックスをしたいがために「金曜娯楽館」で、視聴者に呼びかけたというのは、余りにも不自然だ。そして、ただセックスをするのが目的だったら、「おしゃれ事件」は起きなかっただろう。テレビの本番を悪用することなく、テレビの見えないところで、久米とセックスしていただろう。そうならなかったのは、結婚を考えていたからだからである。もう一つの目的は話題作り・売名行為でしょう。

 こうしてるときにも私には超音波盗聴機が向いています。これらの機械で得た情報も情報操作に使うでしょう。情報操作し、捏造し、でっち上げる。メディアを使って大量にやる。それができるから、「おしゃれ事件」のような犯罪が、堂々と行われる。

 このように久米・楠田が放送中に行う発言、あるいはテレビ局・警察などの発言も、全て違法行為です。超音波盗聴機という機械によって得られた情報を基に、発言しています。

 (また、上記の「FRIDAY」のスクープはねつ造された記事という疑念もある。なぜなら私の抗議を否定する意味での投宿とも思える。つまり、久米・楠田は私たちに性的関係があるなら、この記事のようにホテルの前でこのように写真に撮られるでしょう、と言いたいらしい。だが久米・楠田はその論理の欠陥をどう説明するのでしょう。
 この写真をよく見てください。午後3時ホテルから出てきたところということらしい。赤坂の一流ホテルのバックって何でしょう。不自然ですよね。広角レンズで、ごく至近距離でフラッシュをたいている。なのに無関心?カメラマンと楠田の間にタクシーは入れない距離です。数メートルです。おかしな写真でしょう。
 なぜこの写真で、男性との一夜と考えられるのでしょうか。そう考えられるとすれば、文章でそう説明しているだけです。、私の抗議文やこのサイトと同じです。それでこの記事は信頼できるが、私のサイトは違うというなら、そう考えること自体変です)。

 メディアのでっち上げ体質に続いて…

警察のでっち上げ体質と自白偏重をみる

私への超音波盗聴機の使用目的は

 私への超音波盗聴機の使用は、見てきたとおり、逮捕するためでも、裁判で起訴するためでもありません。盗聴を私が知ることが、最初から予定されているものです。ですから、盗聴機が出てきたことで、裁判は完璧になくなったのです。

 たとえばこういうことです。裁判で「警察は超音波盗聴機を持っており、それの性能は斯く斯く(かくかく)しかじかであり、盗聴したところ、被告のこのような事実が発見された」。こんなことをやるでしょうか?やるわけないでしょう。また人権侵害し違法に盗聴して得られた証拠は、証拠として採用されない。つまり、逮捕されるということは、ありえないことでしょう。

 捜査(盗聴)において、真実・事実を発見するためでもなく、犯罪の抑制のためでもありません。

 おしゃれ事件を隠蔽し、私を言論弾圧・人権侵害し、マインドコントロール・人体実験・情報を操作するためです。テロです。考えられる大きなものが2つあります。


 私に超音波盗聴機を向け、それを教えているのは、正にそのためです。

 「久米宏は、楠田がテレビの放送を悪用し、結婚への呼びかけ(話題づくり・売名行為)をするのを事前に知り、愛人の清水洲子を日本のテレビの見れないアメリカに行かせた。それで久米宏も放送を悪用し、性的関係を強要し、拒絶されると、睨みつけ脅し、関係を持った」。概ねこれらのことを、放送を使ってやること。性的関係の証拠は放送そのものである。また楠田理子の放送を使っての結婚への呼びかけは、売名行為であり、性的関係合意を考えると枕営業・売春になります。

 「おしゃれ事件」は放送を使っての、性的関係の強要・強姦であり、また枕営業・売春でもあります。これらのことによって「おしゃれ事件」は事件化し、それを指摘されたために、隠蔽し闇に葬り、私に超音波盗聴機を向け脅迫・暴行し、言論弾圧・人権侵害をし、殺害しようとしているものです。

 私への超音波盗聴は、人権侵害をし、ひろく憲法に違反します。

憲法判断・最高裁法廷

憲法を読む(当サイトに関係のある)

それはまさしくテロterror・突然電話が鳴り、盗聴音が送られてきました

 サイトの開設日は2000年3月11日です。そして、それは2000年5月16日(火)に起きた。私のサイト「もう森へなんかいかない」のアクセスカウンターが2300の時です。

電話のベルが鳴る 午前11時頃、いたずら電話が連続して7回ほど鳴りました。私が受話器を取っては切れの繰り返しです。受話器から聴こえた音は、我が家の超音波盗聴音。家の南側からの住居侵入。警察がやったものでしょう。

 なぜ盗聴音と分かるかというと、我が家の外の特定できる音と、続いて水中のごぼごぼごぼ.。o○○o。.という音。畳のミシミシときしむ音。続いて私の声です。ちょうどマイクが空中を水中を飛んでいるような感覚です。

 マイク式の盗聴機では、絶対にこういう連続性にはならないものです。民放のこの日の放送は、爆笑し、嘲笑していました。これが超音波盗聴の本質です。

 超音波盗聴は、警察や民放など権力者側が、私の人権を侵害し、脅迫し、言論弾圧をするためのものです。それは、何よりも、テレビの放送の本番を悪用した久米宏と楠田枝里子の性的関係・「おしゃれ事件」を、視聴者(国民)に知られるのを恐れてやっているものです。

 ここで辞書を引いてみよう。テロ(terror)とは、恐怖、恐ろしさ。恐怖政治。政府による恐怖政治をいい、テロリズム(terrorism)とは、政治目的のために、暴力あるいはその脅威に訴える傾向。また、その行為。暴力行為・主義、恐怖政治です。

 いわゆる警察の脅迫・脅しによって日本テレビおしゃれ事件を表に出ないように、隠ぺい情報操作をしようとするものです。

北朝鮮による拉致もテロ(terror)だが、テロとおしゃれ事件との関係を見てみる

なぜ謝罪しないこの日本人たち

 「世界を変えられないと思ってはいけない。世界は変えられる。Yes We can.」と、'9年4月5日、欧州歴訪中のアメリカの大統領オバマは、プラハにおいて、「核兵器のない平和で安全な世界」を追求する戦略を公にした。

 そのなかで「米国は、核兵器を使った世界で唯一の核大国として、行動する道義的な責任がある」と認めた。これは世界で唯一の被爆国日本への謝意とも考えられる。

And as nuclear power - as a nuclear power, as the only nuclear power to have used a nuclear weapon, the United States has a moral responsibility to act.

 しかし、その日本では、拉致問題と同じような年月を要していながら、私の場合、日本のメディアや警察は謝罪もしていない。北朝鮮は少なくとも拉致問題に対し謝罪し、認めている。そして、全ての人ではないが帰国もしている。

 また、日本政府は拉致問題について、国民に謝罪していない。日朝間の政治的な混迷は政治手法の問題ではないか。

 日本のテレビや警察は、私に謝罪しない。超音波盗聴を認めてもいない。なぜ日本人は公式に謝罪しないのか。これらのことは日本人に由来する人格的な問題なのか?このことが拉致問題などの他国との交渉などの場合、失敗するのではないか。現実に人権問題として、北朝鮮は日本に強制連行のことなど謝罪しろと主張している。

 最近は食品偽装など、内部告発によって、不正が暴かれてもいます。しかし、ことが「おしゃれ事件」や超音波盗聴では、全くありません。「おしゃれ事件」を知っているテレビ関係の人はたくさんいます。超音波盗聴機・盗聴についても、たくさんの人が知っています。でも、内部告発する人は一人もいません。これをみてもどれほどメディアが腐敗しているかお分かりになると思います。メディアには、まともな人間は誰一人としていないのだろうか。

 これは正に視聴者(国民)を奴隷化・家畜化(TV slave)しているものです。国民はテレビやラジオなどを無条件に信頼しています。従順にメディアに従います。

謝罪する日本人

 まれに謝罪する日本人がテレビなどで放送される。大抵はメディアが、不祥事を起こした企業や個人を攻撃するためにしているように思われます。自分たちは決して謝罪しないのに…。

謝罪する日本人、侍トヨタ社長自ら陳謝’15年6月19日


 トヨタ自動車常務役員・ジュリー・ハンプ容疑者(55)逮捕で、豊田章男社長自ら陳謝した。ハンプ容疑者が、日本では麻薬として規制されているオキシコドンを郵送で受け取ったもの。オキシコドンは鎮痛剤の成分として、主に癌の痛みなどをやわらげるために医療現場などで使われています。依存性があり、大量摂取で意識失い、死に至ることも。

 例外的に日本に持ち込む場合は、使う本人が携帯し、税関で申告する必要があります。

野球賭博問題・巨人高木京介投手が「真実を言うと決心し」謝罪’16年3月9日


 「関係者の皆さんを裏切ってしまい、本当に申し訳ありませんでした。奥さんと両親に相談しました。そうしたら、もう真実をいうことを決心しました」。

 高木投手はプロ5年目の1軍で中継ぎ投手として活躍し、これまで139試合に登板し、6勝負けなしの成績を残しています。野球賭博問題に関わったとされるのは巨人の4人。松本竜也元投手、福田聡志元投手、笠原将生元投手です。㊟反省し謝罪した高木京介元投手は、具体的に事実関係をのべ、認め反省しています。更生されることを期待します。それに比べ久米楠田は、やはり巨悪は眠るなんですね。

「おしゃれ」事件を隠蔽後、空前の利益を上げた民放、久米宏、楠田枝里子、逸見政孝、田丸美寿々

 「おしゃれ事件」や超音波盗聴のテロ(terrorism)、あるいはテレビ朝日で18年間放送された久米宏の「ニュースステーション」などを考えると、国家的な詐欺です。国民を騙しています。

 ニュースキャスターという職業は、信頼できる人物でないとできません。久米宏は自身の結婚・離婚問題で、愛人が自殺未遂しています。これひとつとっても自分のことでさえ満足にちゃんとできないのです。その人間がニュースステーション18年。テレビ朝日の常識は、どうなっているのでしょう。

 まして久米宏は日本テレビ「おしゃれ」において、放送を悪用して、結婚を呼びかけた楠田枝里子に、性的関係を強要し、拒絶されると、睨みつけ脅し、関係を持っています。そのようなことをした人物が、他人のニュース記事を「こんなことをしたら、セクハラです」などと言っているのです。国民はみな騙されていたのです。今でも騙されているのです。

 そのニュースステーションは’85年10月から’04年3月まで放送された。テレビ朝日とオフィス・トゥー・ワンが共同制作した。公式には、全く分からないが、オフィス・トゥー・ワンの方へ、久米宏のギャラを含めて、1年で10億円ともいわれる金額が、払われていたといいます。久米宏の年収(ギャラ)は3億円とも。それらが18年間と単純計算すると、久米宏の関係と楠田枝里子の収入を考えると、およそ200億円というところか…。テレビ朝日はえらい事をやってくれましたね。

 他に、久米宏は'82~85年「TVスクランブル」(日本テレビ)など。出版では’97年『もう一度読む「おしゃれ会話入門』青春出版社。'99年『最後の晩餐』集英社。

 他にも、日本テレビでは「久米宏の道徳の時間」という番組がありました。ここまで視聴者(国民)をなめきっているとは、信じられますか。

 楠田枝里子は、紀行・情報クイズ番組「なるほどザワールド」(旭化成提供・フジテレビ)’81~’96年。「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ)’91年~。「世界まる見え!DX特別版」。著書が多数あるが、本人が書いたとは思えません。

 また逸見政孝が、日本テレビ「クイズ世界はSHOWbyショウバイ!!」(’88~93年)。「夜も一生けんめい」(’90~93年)へと出演した。

 私の抗議文・超音波盗聴の後、民放は史上空前ともいわれる利益を上げたのである。これらは私を弾圧することによって得た不当な利益である。

この日本人たちの罪意識はなぜ希薄なのか

 日本人の罪意識が希薄だと、よく言われます。なぜでしょう。それらによって外国人との意思疎通に障害はないのでしょうか。

 『心に迫るパウロの言葉』曽野綾子著、海竜社に、こんなことが書かれています。引用してみましょう。

 「ヨハネによる福音書」8章7節には、<あなたたちの中で罪を犯したことがない者が、まず、この女に石を投げなさい。>という言葉が出てくる。姦淫した女は当時、石打の刑に処せられる筈であったが、イエスはそれに対してこう答えられたのである。

 すると彼女を引き立ててきた律法学者やパリサイ派の人たちは一人また一人と出て行き、最後に女とイエスだけが、取り残された。

 <「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」女が、「主よ、だれも」と言うと、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない」>

 そして曽野綾子は、こう書いている。

 姦淫の女を引き立てて来たのが、現代の日本にたくさんいるような自信に溢れたヒューマニストたちだったら、いっせいに神殿の敷石をはいで女めがけて投げ始めるかもしれない。

 実は、私もそう思います。これはなぜなのでしょう。日本人は、姦淫した女に石を投げ、そして自ら自身が清廉潔白だと、言いたいがためです。そういうような人物や光景をテレビでたくさん見かけます。

 罪の意識が希薄だということは、罪深いことかもしれない。しかし、日本人が罪の意識を持っていたら、彼は他の日本人に、お前は悪い奴だと言われるだろう。

 南無の会・松原泰道会長は「一心に生きる」でこう書いている。親鸞聖人のお言葉を借りるなら「人が生きて罪するよりも、生きることがすでに罪深いことだ」という深い受け止め方になります。

封建的秩序を重んじる、日本の危険なメディア支配

 日本のメディア支配の状況は、大変危険です。多くの人がメディアによって、奴隷化・家畜化されることで、日本の社会は同質化、画一化が進みます。

 私は東京に住んでいますが、民放のニュースでは、どのチャンネルを回しても、同じニュースを同じように報道しています。まるで情報統制(世論操作)社会であるかのようです。忘れてはならないのは、小泉総理大臣のときの「郵政解散選挙」です。

 このとき民放ニュースは、郵政民営化に反対した自民党議員の選挙区に、自民党が送り込んだ、いわゆる刺客が話題になりました。これに小泉総理は、郵政民営化イエスかノウかと国民に迫りました。そしてメディアはそれを煽りました。

 その結果、自民党は大勝しました。しかし、衆議院の4年の任期に、たったの2ヶ月の郵政民営化法案です。残りは白紙委任です。

05年9月11日郵政解散選挙報道
05年9月11日郵政解散選挙報道
 郵政解散総選挙報道の左の写真を、よくご覧ください。TBSで放送されたものです。右から2番目はTBS報道の主軸「NEWS23」の筑紫哲也です。その左が久米宏。いちばん左が田丸美寿々です。

 「おしゃれ」事件において田丸は、当時はフジテレビにいて、抗議の文書を私に再投させた人物。その人物と久米宏と筑紫哲也が並んでいます。私にとって、これほどのペテンはあるでしょうか。やはり、彼らは繋がっているのです。

 故筑紫哲也(72)は、2008年4月24日、日本記者クラブ賞を受賞しました。受賞理由は、「テレビジャーナリズムの確立に多大の貢献をした」ということです。しかし、私に言わせれば、日本にテレビジャーナリズムなどというものは、ありません。

 たとえば、筑紫はこのサイトの存在を知っていながら、久米宏が番組を休んだ時に、こんなコメントを発表しています。「十分に英気を養って、テレビに新しい地平をひらく仕事を期待しています」(’04年3月の私のメモ)。

 TBS代表取締役会長・日本民間放送連盟会長:井上弘氏の発言というものがWikipediaに書かれている。見てみよう。驚くべきものだ。


 私はこれらの発言をテープでも聞いてはいないので、事実かどうか分からない。しかし本人が否定しなければ事実なのだろう。このサイトが分析してきた権力構造と一致することは事実だ。

 日本において、視聴者はメディアにとって、どうにでもなる奴隷であり、家畜(TV slave)です。メディアによって同質化、画一化がおこなわれています。

より効率的な社会においては、メディアが画一的・平均化した人間をつくる。自己喪失しないで、主体的に実存しよう

 われわれは誰もかれもが同じ時間に同じ放送を聞かされ、何百万という発行部数の新聞を読まされる。毎日毎日、メカニズムがいたるところでわれわれを待っている。だが、メカニズムは向こうからわれわれに調子を合わしてはくれない。それに調子を合わさなければならないのは、われわれの方なのである。こうして人間の平均化、機械化、集団化は、資本主義制度のもとであろうと社会主義体制のもとであろうと差別なく、いよいよ不可避になり、人間の交換可能性、人間のメカニズムへの隷属は、いっそう深刻になってきている。(岩波新書『実存主義』・松浪信三郎著)

韓国のミスコリアはみな同じ顔。

 テレビやラジオ、メディアの言っていることを、そのまま言い続ける人もいる。あなたの家族がそろって食事をするときに、どんな話をしますか?テレビの話題ですか?なぜ、自分たちのことを話さないのですか?

日本のメディア支配による悪影響

 また、日本テレビおしゃれ事件以後、すなわち1980年代から、メディアの犯罪に警察が免罪符を与えたために、危険なメディア支配が暴走し、メディアを発信源とする、様々な社会問題が起こってきた。「校内暴力」「家庭内暴力」「社内暴力」、これらのもととなる「いじめ」。あるいは不倫。「不倫は文化だ」と開き直るタレントもいた。

 団塊の世代の私は、学校において、あるいはその頃の世の中において、「いじめ」というものを見たこともなければ、聞いたこともなかった。これには、ドラマ「3年B組金八先生」(私はほとんど見たこともないが)で有名で、同じ昭和24年生まれの歌手・タレントの武田鉄矢さんも同じようなことを言われていた。武田さんは、福岡県博多生まれである。東京生まれの私と同じ感慨を持っていたのだ。

 暴走族といわれる人たちは、昔雷族と言われていた。それでも随分大人しかった。不良と呼ばれる喧嘩好きな少年たちも、弱い者いじめはしなかった。不倫などはスケベなアウトローでしかなかった。

 これらのことから、いじめや不倫は全国同時進行で、これら社会悪の犯人はテレビを主とするメディア以外にないのだ。

 たとえば、ホームレスの人たちが、突然襲われるケースは、全国で相次いでいることがNHKで報じられた。

 ’14年8月5日には、三重県松坂市で公園に寝ていた61歳の男性が少年グループに襲われけがをしました。少年6人が強盗傷害の疑いで逮捕されました。

 おととし、大阪梅田では、ホームレスが相次いで襲われ、男性一人が死亡しました。少年4人が逮捕起訴され、大阪地方裁判所は、今年3月「何の落ち度もない路上生活者を襲った悪質な犯行で、刑事処分が相当だとして、少年4人に傷害致死の罪で有罪判決を言い渡しました。

 ○寝てたら、突然現れて、3人組が鉄パイプを持って…。
 ○ロケット花火をやってから、その後は持ってきた石を投げてくる、交代交代で…。
 ○寝ているときに、ドスンドスンやられる。だからなるたけ夜中は寝ないようにしているが、ノイローゼになってしまう。

 支援団体の調査で、新宿、池袋、渋谷で300人に聞き取り調査をすると、5人に2人が襲撃を受けたことがあるそうだ。加害者の38%が子供や若者だった。

 このように、メディアが作り出す様々な諸問題を、メディア自身が解決していく意思がないなら、現在の危険なメディア支配のターニングポイントを、私たち視聴者が自ら作っていかなければならないだろう。

 行動で示すなら、まずくだらないテレビ番組は見ないで、テレビを消しておくことだ。節電になり大変いい。お金を貯めようと思ったら、まずテレビを消して節電!原発ゼロで原油の輸入量が増え貿易赤字?うぅ、皆がくだらないテレビを見ないで節電すれば、日本国はバンバンビンビン、大丈夫!

日本のメディアと警察の極端な一体化は違法行為しか生まない。

 警察の違法行為がメディアに知られると、欧米ではスクープされ批判される。それによって国民がデモ抗議などの行動を起こす。やがて社会的正義が実現されていく。たとえば、私も驚かされたが、ダイアナ妃の自動車事故にイギリスの警察は、夫のチャールズ皇太子に事情を聞いている。日本では考えられないことです。

 日本では日本テレビおしゃれ事件のような犯罪が起こると、警察は、第四権力と無名の一般人を比較し、権力側に責任を問うことはなく、あるいは一体化しているため、一般人を犯罪者に仕立て上げる。捏造であり、冤罪でもある。しかし、メディアが犯罪を起こしたということは、責任の大きさのため、警察がその責任を問うことは、難しい。またそれを援助することによって、メディアから巨大な利権を得ることができる。事実、久米宏が言及している。日本テレビにはその筋・警察関係者が多く天下りしていると。

 このような封建的な社会秩序を維持するために、民放の警察関係のコンテンツ(番組)は、社会正義を実現する警察・刑事物語でいっぱいである。これはそうであったらいいなという、夢物語である。時には天才的な刑事まで登場させるものもあります。

 メディアが社会正義を実現できないにもかかわらず、です。

 警察とメディアの一体化によって、日本テレビおしゃれ事件の場合、超音波盗聴機を使用することになったのだと思います。それがたとえ違法行為であっても、メディアはスクープをしません。お互いが守られるのです。「超音波は目にも見えないし、耳にも聞こえない。たとえ人権を侵害する行為であっても、対象者からはその証拠は出しにくい。まして超音波盗聴機は誰も知らないことだから、口にすれば、精神的障碍者に仕立て上げることができ、その人間を排除することができる」と。津久井の障害者施設襲撃の優性思想にもつながるものです。

 その盗聴音を聞く人間は、赤子の手をひねるような、権力者になったような快感すら感じるだろう。人間の残酷な一面である。そしてこれらの違法行為は、私だけの問題ではなくなってくる。他の誰彼でも、既に多くの人がやられているかもしれない。しかし、誰もその証拠は出せないだろう。このように日本の警察やメディアは違法行為を堂々としている。それらの事実関係は隠蔽すれば、問題にすらならない。

 政治家は日本は民主主義国家だ。法治国家だと言う。しかし、みんな嘘。嘘だらけ。違法行為が堂々と通る国。言論の自由や表現の自由さえ危ぶまれる。

存在から実存へ

 「おしゃれ」事件について、みつめ和紀しかネットに書いてないので、こんなことはないだろうと…」。サイトを運営していて、こんな意見を読んだことがあります。

 私は少なからずショックを受けました。しかし、それは上記にも書いた、正に画一化の思考方法です。画一化・平均化した人間なら、他の人間と同じように考えられるからです。他の人間も「おしゃれ」事件を見ているはずだと…。

 そこがそもそも違うんです。見ていると、分かってしまうは違うんです。久米宏や楠田枝里子は、視聴者に呼びかけているのです。教えているのです。知ってほしいのです。そして、放送することについて、視聴者から抗議されても、どうにでもなると思っているのです。

 また、久米が楠田を脅しているシーンでも、そこだけを見た人は、分かるでしょうか?何をしているのか分からないでしょう。

 特に主婦層向けの番組で、「おしゃれ」事件の部分、部分をみても、その本質は分からないかもしれません。久米や楠田のその裏に、警察が控えているのです。警察沙汰になっても、抗議する勇気のある主婦の人はいるでしょうか。

 恐らく多くの人はしないでしょう。法律的にどう解釈されるのかも、問われます。ここまでくると多くの人は、沈黙は金と思うかもしれません。論理的に事実関係を理解することができないかもしれません。怖くて見て見ぬふりをするかもしれません。

 実存とは「いま、ここにあり、どう生きるか」です。テレビの前で、これら重大な事実を知っていて、警察の捜査対象になるからと、臆病風に吹かれたら、どうでしょう。社会が機能不全に陥っていて、日本社会が死亡しているのと同じではないですか。

 ちなみにあなたが事件・事故にあっている人・人々に遭遇したら、どうしますか。日本では多くの人が助けると思いますが、中国では助けると自分が犯人にされたり、被害にあったりするそうです。そのために無視するようです。

 私は抗議文を送ることによって、日本社会の機能不全を回復させようとしました。「正にテレビの前に実存している」ということを、私は選択したのです。それは自由です。命がけのことですが、実存とは神を希求し、神と共にあることだと思います。

 日本人流に言いかえれば、サムライ(samurai)になることです。’14年8月15日ニュースウオッチ9で、三輪明宏さんが私と同じようなことを言われています。

 三輪さんは、日本人が無意識に画一化されてきていると言われました。機能性、利便性、経済性だけのマンションを作って、日本国中同じようなことをしていると。そして背広は昔は紺だったが、いまは靴もカバンも、女性も黒といい、黒は闇の色、影の色、悲しみの、凶悪の、魔物の黒だといいます。生命を持って、生き生きと生きている植物で黒い花や黒い葉っぱはないと。

 あれから69年経ちましたが、日本の社会があの時の痛みをなかったことのように忘れてしまってとの質問に、三輪さんはこう答えました。

 「これは大和心に背くと思います。侍魂ではありません。侍というのは是は是とし、否は否とし、謝るべきところはきっちりと謝って、それが男というものだし、大和桜というもので、大和というのは”大きな和”と書きます。日本を象徴する言葉です。大きな和やか。

 これはお前はダメ、お前だけこっちに来い。それじゃなくて男も来い、女も来い、醜い人も、きれいな人も、病人もみんな何人(なにじん)でもいいんだよ。それがやはり大人(たいじん)大和心だと思う。それでこそ世界に尊敬される」。

 日本人は戦後何かを忘れたのかもしれません。でなければ権力側についている人間は犯罪を犯しても、警察が守ってくれる。それでそれを批判する、弱い一般人を叩いて爆笑している。こんなことは侍魂を持っていれば、とてもできることではありません。こんなことをする人間は日本人には非ずです。

 欧米流の民主主義を創造するのに、日本は失敗しました。でも、サムライ・武士道(samurai ・Bushido democracy)民主主義は創造できるかもしれません。

 また民主主義は団結することです。超音波盗聴機を繰って、テロ(terrorism)を行うような警察やメディアは、暴力(超音波盗聴)・恐怖が支配する社会を望んでいます。テロリスト(terrorist)は皆そうです。たとえば、’15年1月に、フランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」のパリ本社が銃撃された事件の、犠牲者を追悼する女性はこう述べました。「自由が脅かされたことに衝撃を受けた。恐れるとテロリストの勝ち。恐れてはいけない」(’15年1月10日ニュース7)と。

 それに対抗するには、どうすればいいでしょう。たとえば『漫画・蟹工船』を読んでみましょう。劣悪な労働環境から声をあげ、少数の勇気ある人間は取り除かれるが、多人数の人間ならば負けません。団結して、声をあげ行動することによって、民主主義は実現するのです。

水戸黄門 TBS時代劇ドラマ「水戸黄門」のように、権力を賛美し、良心的な、絶対的な権力者が事件を解決してくれるのを、待っていてはいけません。やるべきなのです。 三島由紀夫は、晩年にこう揮毫しました。「行動」。(Stop Being a Bystander)






団結し行動する人々’16年、韓国・アメリカ。トランプ大統領就任に世界中でデモ’17年

韓国朴大統領の即時退陣を求めて6週連続抗議集会 11月12日米各地でのトランプ次期大統領への抗議デモ

アメリカトランプ大統領の就任に、アメリカ・イギリス・メキシコ・デンマーク・フランス・ギリシャ・ドイツ・ペルー・フィリピンなど世界60カ国以上で抗議の声が上がったと米メディアは伝えました。(’17年1月22日NHK)

異例のアカデミー授賞式’17年2月27日NHKニュース

 アメリカ映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞。トランプ大統領を批判する異例の授賞式になりました。
 「ハリウッドは国籍で差別をしない」
 「すべての移民に今回の受賞を捧げます」(メーキャップ部門の受賞者)。

 以上がNHKのニュースですが、日本の放送界や芸能界と比較すると、日本が民主主義によってなっている社会ではないという感慨を持ちます。目の前で人権を侵害する行為が行われていても、誰も行動をしません。これが現実の、隠蔽社会の日本です。隠蔽は人間の尊厳や英知を破壊します。

HOME>人権|>スノーデン氏の告発|>盗聴されなかった事件|>令状主義|>警察のでっち上げと自白偏重|>北朝鮮による拉致によるテロ

リターンツウトップ