Sidenavi

やさしい日本語

楠田枝里子profile
久米宏profile
逸見政孝
名誉棄損限定とは
超音波盗聴されな
隠蔽
テレビ殺人事件
警察問題の
でっち上げと自白
司法関係の
令状主義
謝罪する日本人

EdwardSnowden
特定秘密保護法
テレビ事件簿
憲法を読む
NHK受信料問題

不眠症
いじめ・自殺
北朝鮮拉致問題
超音波盗聴資料
2ちゃんねるデマ
気づいたこと記録

MSPAINT
リンク集
サイトマップ
かきくけ掲示板

十字架は知っている
本命録

警察問題の…

 犯罪が多様化・国際化し、警察の対応がしばしば問題になる。警察官の犯罪も顕在化している。いま警察に何が起きていて、何が問題なのだろうか。

警察官の犯罪

 警察官も人の子、あらゆる犯罪を犯す。これ以上事例を上げる必要もないかもしれない…。テレビの刑事ものを見て固定観念を持たないようにすることだ。

妻絞殺容疑夫の警官逮捕


 福岡県小郡市の住宅で中田由紀子(38)さんら母子3人が殺害された事件で、県警は8日、由紀子さんの首を絞めて殺害したとして、夫で警察本部通信指令課巡査部長中田充容疑者(38)を逮捕しました。長男の涼介(9)君、長女の実優(6)さんも首を絞められたことによる窒息死でした。

 警察は現場の遺留物の捜査などから、中田巡査部長が由紀子さんを殺害した疑いがあるとして逮捕しました。調べによりますと、3人の遺体が見つかった時、部屋の中には煙が充満していたということで、警察は中田巡査部長が火を付けたという疑いがあるとみて捜査するとともに、子供2人が死亡した経緯についても調べることにしています。(6月8日NHKニュース、東京新聞)

21歳交番勤務巡査、17歳少女とみだらな行為


 埼玉県越谷警察署の地域課に勤務する柳雅人(21)巡査が、市内のホテルで17歳の少女にみだらな行為をしたとして、警察に逮捕されました。

 柳巡査は5月2日から3日にかけて、越谷市内のホテルで、相手が18歳未満であると知りながら17歳の少女にみだらな行為をしたとして県の青少年健全育成条例違反の疑いが持たれています。少女が19日警察署に相談に訪れたことから行為が発覚したということです。

 警察の調べに対し、柳巡査は「数回のみだらな行為をした」と容疑を認め、「少女が悩みごとの相談で交番を訪れたことをきっかけに、顔見知りになり、その後、連絡先を交換した」と説明しているということです。(’17年5月20日NHKニュース)

広島中央警察署で8500万円盗難、警察署の金庫から盗むなんて内部以外、怪盗鼠小僧か?


 広島市の広島中央警察署で詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8500万円余りが盗まれた事件で、金庫が置かれている部屋は外部の人の立ち入りが禁止されていることなどから、警察は内部の犯行の疑いもあると見て、署員から事情を聴くなどして捜査しています。

  8日午後8時ごろ、広島市の広島中央警察署で詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8572万円がなくなっていることに署員が気付き、警察は窃盗事件として捜査しています。 警察によりますと、金庫が置かれていたのは1階の会計課で、正面玄関から廊下を進んだ右奥にあり、外部の人の立ち入りは禁止されているということです。 また、金庫の鍵は会計課長が管理し、広島県警察本部の規定で3か月に1回以上、金庫に保管された現金の金額などを確認することになっていたということです。

 警察は、管理の状況などを詳しく調べるとともに、内部の犯行の疑いもあると見て、署員から事情を聴くなどして捜査しています。(’17年5月17日)

㊟どうやって捜査するのでしょうかW

拾得物着服


 福岡県警の中央警察署の36歳の職員が、保管期限の切れた商品券などの落とし物20万円分を着服したとして懲戒免職になりました。職員は会計課に勤めていた去年、落とし物として届けられた、保管期限の切れた商品券や時計など93点、合わせておよそ20万円分を着服した他、持ち主に連絡を取ったとする、うその書類を作成したとみられています。調べに対し容疑を認め、「ばれないと思った」と供述しているということです。

 警察は職員を書類送検するとともに、懲戒免職にし、当時の上司3人も本部長注意などの処分としました。職員は他にも数千件の落とし物を不適切に処理したものとみられるということです。(’17年5月18日)

買春容疑で警官逮捕・女子中学生2人に現金、岡山県警


 岡山県警は’16年12月3日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、総社署地域課の巡査部長山内和芳容疑者(24)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は11月13日午後2時頃、インターネットの出会い系サイトを通じて知り合った女子生徒らと、ホテルで18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。中学2年と3年の女子生徒の保護者から「娘が援助交際をしているようだ」と県警に相談があり、発覚した。

警察官がプロレス技でセクハラ


 ’16年11月、滋賀県の複数の警察官が懇親会で、女性の署員2人に”釣り天井固め”と呼ばれるプロレス技をかけ、その様子を携帯電話のカメラで撮影していた問題。1人はスカートをはいていた。滋賀県警警察本部は、セクハラ行為と認定し、8人を減給処分とした。技をかけた40代の巡査長と技をかけるのを手伝い写真を撮影し、同僚に送ったりした50代の警察官を6カ月間給与の1割を減給する懲戒処分としました。

 幹事の警部補ら4人も本部長注意。現場にいなかったが管理責任があるとして署長を本部長訓戒。副署長を本部長注意とした。

 県警察本部によりますと、写真を撮影した警部補は今月1日付で依願退職し、技をかけた巡査長は、巡査部長試験にも合格していましたが、取り消されたということです。(’17年3月18日)

沖縄米軍北部訓練場付近・大阪機動隊「差別的発言」


 「立ち去れ!」「お前らが立ち去れ!」「どこつかんどんじゃ!このボケ!土人が!」。’16年10月20日ヘリ発着場現場周辺では、建設に反対する人たちおよそ30人が、差別的発言に対し、抗議の座り込みを行いました。

 機動隊の動画を撮影した芥川賞作家の目取真俊さんは、「人権を尊重すべき警察が逆に、そういった言葉を使うのは怖いことだと思います。沖縄の状況は異常なんですよ。政府も高圧的な姿勢だから機動隊も横暴な姿勢になると思う」。

 警視庁・坂口正芳長官「機動隊員の発言は不適切であり、極めて遺憾であります。今後このような事案の絶無を期すとともに適切な警備を行って行くよう指導を徹底してまいりたいと思っています」。

 東京造形大学・前田朗教授「(公務員が)公務中に差別的発言してしまった。だったら、この社会みんな差別的発言してかまわないとなりかねないので、社会の中で差別のないようにする。そういう努力を積み重ねる必要がある。

 10月21日、29歳の巡査部長と26歳の巡査長が「土人」「シナ人」と差別的な発言をした問題は、2人の隊員を戒告の懲戒処分としました。   

「無視された」警部自殺


 埼玉県警山岳救助体調を兼務する秩父署地域課長の50歳代男性警部が今月10日、自宅で首をつって自殺しているのが見つかり、遺書に「無視されている」「決済のたびに指示が違う」などと書かれていたことが22日、県警関係者の取材で分かった。

 県警関係者によると、遺書はA4判ノートに書かれていた。「目を合わせることがなく、無視されている」などの記述が2ページにわたってあった。「1か月前には『そんな先のことは分からない』と言われ、別の日には『1か月前に調査するものだ』と言われる。「1日の大半が文書の点検で終わる」とも書かれていた。

 警部は署幹部が着任して以降、週1回程度の当直勤務以外に、書類作成のために週1回、署に泊まり、実際に休むのは月1回程度だったという。また警部は自殺の前に周囲に、「『お前は使えない』『小学生以下だ』と署幹部から言われた」と漏らしていたという。(’16年7月23日)

田園調布警察署で自殺2件


 田園調布警察署で’15年10月に警部補(29)と今年2月に警部補(53)が相次いで署内で拳銃自殺した。2人はいずれも交番や地域のパトロールなどを担当する地域課の係長でした。2人が残したノートなどに同じ上司の名前が書き残されていた。警視庁はパワハラはなかったと判断したものの、上司の普段の言動に問題があったとして訓戒処分としました。上司は6月に退職したということです。(7月8日NHK)

パワハラか、機動隊員が相次ぎ自殺図り1人死亡


 兵庫県警機動隊員の男性巡査(23)が9月に自殺し、先輩から嫌がらせを受けたなどと遺書に記していたことが、県警への取材でわかった。県警は、パワーハラスメントがあった可能性もあるとして調査を始めた。

 県警などによると、巡査は’15年9月28日夜、神戸市須磨区の寮内で自殺しているのが見つかった。遺書には「先輩の嫌がらせや、上司からウソつき呼ばわりされ、精神的に限界」などと書かれており、機動隊の同じ班の隊員3人の名前を記していたという。

 また、同じ班に所属していた別の機動隊員の男性巡査(24)も今月6日、同じ寮内で自殺を図り、救助されたが、意識不明の重体。県警監察官室は「2件は同じ班の中で発生しており、重大に受け止めている。経緯を詳しく調べる」としている。

警視庁警官を強姦容疑逮捕=女子高生をホテルで乱暴-埼玉県警


 通行中の10代の女子高校生をホテルに連れ込み、乱暴したなどとして、埼玉県警捜査1課などは26日、強姦(ごうかん)致傷やわいせつ目的誘拐容疑などで警視庁千住署地域課の巡査部長小野寺毅容疑者(35)を逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は今年5月30日午後6時15分ごろ、埼玉県富士見市の路上で、通行中の女子高生に携帯電話の画像を見せ、「私は盗撮防止の仕事をしている。協力しないとあなたの個人情報が流出します」などと嘘を言って、ホテルに連れ込み、カッターナイフを顔に突き付け暴行。全治1週間のけがをさせた疑い(’15年11月26日)

警官ら集団強姦容疑


 女性をホテルに監禁して集団で性的暴行を加えたとして、大阪府警は9月7日、府警箕面(みのお)署刑事課巡査部長・梅本大輔(36)(大阪市天王寺区)と元府警巡査長の配送運転手・溝畑優(32)(福島県いわき市)の両容疑者を集団強姦、監禁の両容疑で逮捕したと発表した。2人に面識はなく、溝畑容疑者がインターネット掲示板に書き込んだ集団暴行の呼びかけに、梅本容疑者が応じていたという。

 両容疑者は氏名不詳の数人と共謀し、’16年12月17日午後10時頃、大阪市天王寺区内のホテルで、20歳代の女性の両手をひもで縛り、目隠しをしたうえで暴行。翌日午前5時ごろに女性が逃げ出すまでの間、監禁した疑い。梅本容疑者は「6人ぐらいで暴行した」と認めた。女性はかって溝畑容疑者と交際していた。(’15年9月8日読売新聞)

 その後の調べで、溝畑容疑者は、インターネットのアドルトサイト掲示板に「ドッキリの乱暴企画」と書き込み、LINEで連絡をとり、約1万円の参加料を徴収していた。

 その後、大阪地検は10月30日、「強姦などの故意を立証するのは困難」として、いずれも嫌疑不十分として不起訴とした。5人は故意と共謀を否認。事件当時の状況について、女性の供述と食い違っている点もあるという。

㊟まあ、とにかく呆れます。これをやっていて故意がないとはあり得ないことです。共謀がないのになぜ同じことをしているのか。被害女性の供述と食い違いがあるのは当たり前のことだ。女性の方は目隠しをされ、また被害にあい相当混乱しているはず。状況証拠として集団強姦は成り立つ。

 とにかく権力側の人間の犯罪は、いかに取り締まらないかということです。悪質性を考えれば処罰するのが当然のことだ。このことについてはテレビなどはほとんど取り上げていない。また釈放されても、その理由は明らかにされていない。警察が困ることは隠ぺいということなのだろう。

強姦未遂警官を起訴


 名古屋地検は7日、愛知県警北署の巡査部長、望月康太容疑者(29)を強姦未遂と住居侵入の罪で名古屋地裁に起訴した。起訴状によると、望月容疑者は’11年9月26日未明、名古屋市内のアパートの部屋に侵入し、住人の女性に乱暴しようとしたが、抵抗されて未遂に終わったとされる。。県警は7日、望月容疑者を懲戒免職処分とした。(’15年9月8日読売新聞) 

警察官強盗殺人


 埼玉県朝霞市根岸台の元タクシー運転手寺尾俊治さん(58)が自宅で絞殺された事件で、埼玉県警は12日、浦和署地域課巡査部長、中野翔太容疑者(31)(埼玉県川越市鯨井)を殺人と住居侵入の疑いで逮捕した。「寺尾さんの首を絞めたのは間違いないが、殺意はなかった」と供述。以前公務で訪問した時に、金庫の場所を認識していた。寺尾さんは普段から耐火金庫には鍵をかけずにいたという。施錠状態も知っていたとみている。

 中野容疑者は「不倫交際相手の女性との間に子供が生まれ、生活費を工面する必要があった」という趣旨の供述をしている。捜査本部は、中野容疑者が交際女性の生活費に充てる金目的で寺尾さん方に侵入したとみて追及している。

 中野容疑者はこれまでに県警から2回処分を受けているが、うち1回はこの不倫交際に関する処分だったという。中野容疑者の妻も県警の警察官で5年ほど前に婿入りした。一方で捜査で知り合った女性と不倫をし、県警で処分を受けたあとも交際を継続した。

 金庫からは100万円がなくなっていた。中野容疑者が業務で寺尾さん方を訪れた昨年10月に、寺尾さんが多額の現金を所有していることを把握したものとみている。また、寺尾さんのインターホンのカメラには中野容疑者とみられる男が遺体発見の前日の3日、チャイムに複数回鳴らす画像が残されていた。無人と確認した上で空き巣に入ろうとし、寺尾さんに見つかったため犯行に及んだ可能性があるとみている。

 事件後に中野容疑者は、事件発覚前日の3日の夜勤明けから10日まで休暇を取っており、不倫関係にあった女性と旅行に行っていたとみられる。(’15年9月16日)

警視庁警部補を女子高生2人を買春容疑で逮捕


 出会い系アプリで知り合った女子高生2人とワイセツな行為をしたとして、警視庁少年育成課は、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、警視庁組織犯罪対策部暴力団対策課の警部補、星野寛容疑者(33)を逮捕した。星野容疑者は容疑を認めた。愛知県警から出向中だった。

 逮捕容疑は2月1日、東京都武蔵野市のホテルで、都立校に通う17歳の女子高生2人が18歳未満であることを知りながら、それぞれに2万円を払う約束をして、ワイセツな行為をした疑い。生徒らが教員に「援助交際をしている」と相談して発覚した。(’15年9月29日)

当て逃げ2警官酒気帯び容疑


 北海道警帯広署は19日、ともに同署地域課巡査の大高一勢(20)と友田圭寿馬(20)の両容疑者を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。2人の乗った車は逮捕前に当て逃げ事故を起こしており、同署は道交法違反(事故不申告)容疑でも調べる。

 2人は18日午後10時頃から約2時間、河川敷で複数の友人とバーベキューをした後、カラオケ店に移って約3時間過ごし、その間に缶ビールや酎ハイを飲んだと説明している。

 大高容疑者はカラオケ店から車で帰る途中19日午前4時20分頃、同市内の国道交差点で、信号待ちの乗用車に衝突、同乗の友田容疑者とともに現場から警察の独身寮まで逃走。約10分後、衝突時に外れたナンバープレートを捜すため、現場に戻ろうとしたところを見つかった。友田容疑者も別の車でプレートを捜し、寮に戻ったところを発見された。道警は6、7月を飲酒運転取締強化月間に指定していた。(’16年6月20日)

5000事件捜査資料放置'16年2月1日読売新聞


 大阪府警の全65警察署の9割にあたる約60署で、少なくとも約5000事件の捜査書類(被害者や関係者の調書、実況見分調書)や遺留物などの証拠品など計一万点以上が、捜査員が普段立ち入ることのない機械室や車庫、使われていないロッカーなどに放置されていた。

 これらは各署の刑事課が扱った分で、生活安全課や交通課などの調査状況によりさらに増える可能性がある。

捜査書類を偽造・警官数十人関与


 北海道警は27日、交通違反事件の現場にいなかった警察官を立ち会ったかのように装い、虚偽の捜査書類を作成したとして、函館方面本部の警察官数十人を虚偽有印公文書作成などの疑いで書類送検し、処分する方針を決めた。

 同方面本部の交通部門に勤務する警察官は、自分が担当した交通違反事件で、実際には現場に立ち会っていない同僚の警察官に署名・押印してもらうなどして、虚偽の捜査書類を作成した疑いが持たれている。事件処理自体は適切に行われていた。不正があったのはいずれも違反者が否認しているケース。当時は捜査書類の客観性を担保するため、取り締まった警察官とは別の警察官が現場に立ち会うよう指導されていた。(’15年11月27日)

ポット毒物混入事件


 京都市国立療養所の談話室ポットに、アジカナトリュウムが混入された事件で、傷害と浄水毒物等混入の罪に問われた医師の判決は無罪です。裁判長は取り調べ時に警察官の脅迫があったことを挙げ、供述に任意性の疑いがある。警察官が「暴力団を使って子供に危害を加えるなどど脅迫されたために自供した」もの。

 ㊟驚くべきことは、警察官が脅しに使った文句です。少なくとも、いくら脅し文句だといっても、こういうことを警察がやるという現実感覚がなければ、脅しにならない。私もこういうことを警察はやりうると思います。(03年3月1日記す)

保身のために嘘をついた


 神奈川県伊勢原市で、女性が元夫に刃物で切り付けられた事件で、カメラを積んだ不審な自転車が見つかった際の対応について、男性警部補(49)が内部調査に「防犯指導の電話をかけたが、女性が電話にでなかった」と、嘘の説明をしていた。警部補は「事態の重大さに恐くなり、保身のために嘘をついた」と話している。容態の回復した女性から捜査員が話を聞き、携帯の着信履歴を確認し、判明した。

 ㊟「事の重大さ」に、あるいは「保身のために」嘘をつくことはよくあることである。おしゃれ事件での久米宏や楠田枝里子が正にそうである。「テレビの本番で・放送を使ってやってしまった」ということを指摘されれば、改めて恐くなるだろう。「大変なことをしてしまった」というのが両者の本心だろう。(’13年6月12日)

留置人との性的関係


 東京高裁は元神奈川県警の巡査長に対し、懲役3年の判決を支持し、被告側の控訴を棄却。拘置中の韓国人女性が性的関係を持つことに同意していても、規律違反に該当し、特別公務員暴行陵虐罪が成立すると判断した。(03年1月30日記す)

取り調べで問題

「取り調べで暴言」と提訴、大阪。傷害で無罪確定の男性


 傷害罪で在宅起訴され、刑事裁判で無罪が確定した男性(81)=堺市=が’15年2月24日、任意の取り調べ段階で大阪府警の警察官から「黙りこくって生きていける世の中ちゃう」などと暴言を浴びせられたとして、府に200万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。

 訴えによると、かつて小学校校長などを務めた男性は2013年9~11月、知人が顔を殴られたとされる事件で、5回にわたり西堺署に呼ばれ、容疑者として取り調べを受けた。この際、担当した巡査長から「聞いているかい、元教師」「教えたるわ、あんたが殴ったんや」などと言われた。

聴取女性に警官暴言「警察を敵に回すなら…」


 大阪府警捜査1課の男性巡査部長が、交際男性の長女(4)に暴行したとして、女性被告(22)を傷害容疑で任意聴取した際、否認されたことに対し「警察を敵に回すなら、とことんやったるわ」などと暴言を浴びせていたことがわかった。

 捜査関係者によると、巡査部長は13年12月頃、府警布施署の取調室で被告を任意で取り調べた際、容疑を否認する被告に「遊びに来とるんちゃうぞ」「お前のせいで(長女が)大けがをしたんやろ」と大声で発言。さらに、「けんか売るんやったら、買ったる」などと数分間にわたり、どなり続けたという。被告は、当初は否認していたが、その後、容疑を認めたため、自白の調書を作成したという。被告は、これらの様子を携帯電話で録音していた。

 府警は14年3月、被告を同容疑で逮捕し、自白を得たとして供述調書を作成。5月からの公判で検察側は、この供述調書を証拠申請したが、その後、被告が録音していたことで暴言問題が発覚、検察側は今年1月に申請を取り下げた。弁護側は「虚偽の自白を強要された」などとして無罪を主張している。(’15年2月15日、読売新聞引用)

自首の男を追い返す


 兵庫県尼崎市の交番に「包丁を万引きした」と自首してきた男を取り調べず、警察車両で大阪市まで送り返したとして、県警は尼崎南署の交番に勤務していた男性警部補(48)と部下2人を犯人隠避容疑で書類送検し、この警部補を停職6か月懲戒処分とした。警部補は「自首の事件を扱ったことがなく、処理が面倒」と考えて見逃すことに決めたという。

 部下2人は警部補の指示通り、途中で窃盗現場のホームセンターに立ち寄り、巡査部長が「路上で拾った」と偽って店に包丁を返した。車内では男から「強盗目的で盗んだ」と聞かされたが無視した。署に連絡せず管轄外に出ていたため、指示された西成区より手前の大阪市此花区で男を下し、急いで引き返していた。(’15年11月20日)

捜査手法

音楽活動の女子大学生ストーカー事件’16年12月16日NHK


 5月に東京小金井市で音楽活動をしていた富田真由(21)さんがナイフで刺され、岩崎友宏(28)が殺人未遂などの罪で逮捕起訴されました。富田さんは9月に退院したものの、顔や首などに複数の傷跡が残っているほか、左目の視野が狭くなるなどの後遺症があるということです。

 ファンだった岩崎被告がSNSに執拗に書き込みをしていました。恐怖を感じていた富田さんは、手記で気持ちを次のように記しています。「どんどん不安や恐怖が積み重なり、その重さに限界を感じていました。そんな中で希望を持っていたのが、警察に助けを求めることでした。「殺されるかもしれない」と不安や恐怖を訴えました。

 先月から今月にかけて、警視庁から事情を聞かれた際には「本当に殺されるかもしれないと言ったか、言っていないのでは」と何度も聞かれたといいます。事実を認めないことに怒りを通り越して悲しみを感じているそうです。

 警視庁は当時の対応の検証を進め、最終的な結果を公表しました。「相談に応じた警察官は「殺されるかもしれないと言われた記憶がないと言います」。

㊟警察は責任を回避するでしょう。何度も聞かれるというのは、警察の手法です。そうすると多くの人はあきらめてしまうのか、自分が間違っているのではないかという感情が働くようです。私も警察に助けを求めましたが、ごらんの通りです。朝から寝るまで、机に向かって投書を書く。便箋の枚数にもよるでしょうが、大変ですよ。それで逸見や田丸は捏造にでっち上げ。私を犯人に仕立て上げたのですよ。そうしないと責任を取らなきゃでしょう。それに超音波盗聴。テレビの放送を利用してやるということ、これだってテレビ側の事情によります。彼らの事情で、なぜ私が責任を取らされるの、訳が分かりません。

GPS捜査は違法


 大阪府警が容疑者の行動を確認するため、車両にGPSを取り付けた捜査手法が違法かどうか争われた刑事裁判の中で、大阪地裁は「捜査は違法」とする証拠採否についての決定を出した。

 「容疑者のプライバシーを大きく侵害する強制的な捜査なのに、必要な令状を取らなかった」とした。1月の男の共犯者(実刑が確定)の公判では、別の裁判長が適法と認めており、判断が割れた。

 この日の決定で長瀬裁判長は「GPSは、公道から見えない場所の位置情報も取得できるため、プライバシー侵害は大きく、GPS使用は強制的な捜査に当たる」と判断。「その使用には令状が必要で、その時間もあったのに、府警は、請求すべきかの検討さえ怠った」と違法捜査と認定した。

 さらに06年に警視庁が定めた捜査でのGPS使用に関する内規を検討。使用条件として①他の方法による追跡が困難②設置時に犯罪を伴わないなどと定められている。今回は「GPSの必要性について実質的な検討がなく、ホテルの敷地内に無断で入って設置した」と内規違反を認めた。

 その上で「捜査は令状主義を軽視しており、将来の違法捜査を予防する必要がある」とした。(’15年6月5日)

最高裁でGPS捜査は違法(’17年3月15日)


 GPS捜査が強制捜査か任意捜査かが争われた判決で、最高裁大法廷の寺田逸郎裁判長は、「意思に反し、私的領域に侵入されないという憲法が保障する重要な権利を侵害するもので、強制捜査に当たる」と指摘し、「令状がなければ違法」だとする初の判断を示した。「今後もGPS端末を使う場合は、新たな法律整備を」するよう求めました。

 判決を受けて警視庁は「今後控えるよう全国の警察本部に指示する通達」をだしました。

大阪府警:犯罪8万件報告せず。280人処分 08~12年、全65署が関与。街頭犯罪は全国最悪のまま


 大阪府警は30日、警察庁に報告した刑法犯の認知件数を、2008〜12年の5年間で計8万1307件少なくしていたと発表した。全65署が関わっていた。都道府県別の街頭犯罪の認知件数で、全国ワースト1位が続いた大阪府は10〜12年、東京都を下回ったとされたが、実際は最悪のままだった。府警は同日、内規などに基づいて幹部を含む280人の処分を決めた。  府警では、調書や証拠品の捏造(ねつぞう)、誤認逮捕などの不祥事が相次いでいるが、今回は警察の犯罪統計の信頼性を揺るがす事態となった。

 府警監察室によると、処分対象は退職者124人を除く現職280人。吉田健一・現総務部長ら刑事総務課長4人▽署長46人▽刑事課長と刑事課員各115人(いずれも当時)で、処分内容は本部長注意や指導。これほど大量の警察官の処分は異例とみられる。

 刑事総務課によると、過少報告の件数は▽08年8810▽09年1万957▽10年1万8349▽11年2万2042▽12年2万1149。この間の実際の認知件数は計約93万件で、その1割弱が減らされていた。07年以前と13年の過少報告はないとしている。

 大阪府の街頭犯罪の認知件数は、統計を始めた00年からずっと全国最悪だった。過少報告が始まった08年は、悲願の汚名返上に向け、大半の署に街頭犯罪の専門班を設けるなど府警が取り組みを強化した時期だった。

 過少報告の約65%は街頭犯罪だった。そのうち自転車盗が半分以上を占め、車上狙い、部品狙いなどが続いた。すぐに自転車が見つかった自転車盗を省いたり、連続発生した車上狙いを1件に数えたりしていた。

 警察官は、街頭犯罪を少なくみせかけようとしたり、引き継ぎで独自の計上ルールを踏襲したりしたという。上司が指示した場合もあった。殺人事件9件を含め、単純な計上忘れもあった。

 過少分を反映すると、大阪府の街頭犯罪の認知件数は10〜12年、東京都と入れ替わり1位に戻る。10年にワースト1位返上を発表した際、府警は「行政や民間団体との協力が功を奏した」と対策の成果を強調した。大阪府は13年も最悪で、ワースト1位は一度も返上していないことになる。   (毎日新聞’14年7月31日)

 (注)みのもんたは「日本の警察は世界一優秀ですから」と言っていたが、犯罪事実があっても捜査もしないこともしばしば。日本は治安が良いというが、いいとしたら国民の社会構造がうまく機能しているということだろう。犯罪の過小報告は他でもしているだろう。

千葉県警事故統計の不正


 警察の内部調査で、千葉県警察本部が出していた死亡事故の統計が実際とは全く違っていた。統計の数字に1年として正しいものはなく、未計上の死亡事故は165件にのぼり、なかには警察官により改ざんされたケースもありました。

 統計に計上されない事故に、’13年2月軽自動車が信号に衝突、運転していた男性(47)が死亡がありました。病院の医師が示した死体検案書には交通事故に○印。ところが事故を取り扱った警察官が改ざんし、死因の種類の欄の「病死」に○印がしたありました。死亡事故が「病死」「自殺」とされ、統計に計上されませんでした。

 改ざんなどに関わった警察署の交通官、監督の立場の幹部ら警視以上7人を訓戒などの処分にしました。千葉県の去年1年間の交通死亡事故者数全国ワースト3位で、警察官の一部は「事故の件数を減らしたいというプレッシャーを感じた」という。警察OBは借金があった人の事故を「明確な証拠がないのに「自殺の可能性が高い」と言って自殺として処理したケースもあったと聞いた」。県警本部長は「統計の重要性を改めて認識させ、再びこういう事態が生じさせないよう指導を徹底したい」としている。(’15年10月30日)

検察官起訴誤り

検察官誤認起訴


 東京地検立川支部から傷害罪で起訴され、公判中だった中国籍の男性2人について、同支部は21日、犯人と別人で起訴は誤りだったとして、2人の基礎を取り消した。これを受け東京地裁立川支部は同日、裁判を打ち切る決定をした。

 事件は、’14年1月22日未明、東京都八王子市内で別の男性2人に暴行し、重軽傷を負わせたとして、今年3月、警視庁に逮捕され、同4月、同地検立川支部から同罪で起訴された。2人は捜査段階から一貫して関与を否定。犯人は現場からタクシーで逃亡したとされており、弁護士がたくしーのドライブレコーダーを確認したところ、別人が映っていたという。

 2人を起訴した検察官は「写真面割り」の結果をもとに2人を起訴する一方、ドライブレコーダーの存在は確認していなかった。2人は今月保釈されたが、47歳の男性が113日、39歳の男性が98日間、拘留されていた。東京地検の落合義和次席検事は「捜査が不十分だった。確認するのは捜査のイロハのイで、恥ずかしい限りだ」と話した。

 起訴の取り消しを受け2人は「二度と私のような犠牲者を生まないようにしてほしい」「家族にも会えず仕事もできず、本当につらかった」と、それぞれコメントした。(’16年7月22日読売)

HOME人権>警察問題

リターンツウトップ