Sidenavi

やさしい日本語

楠田枝里子profile
久米宏profile
逸見政孝
名誉棄損限定とは
超音波盗聴されな
隠蔽
テレビ殺人事件
警察問題の
でっち上げと自白
司法関係の
令状主義

EdwardSnowden
特定秘密保護法
テレビ事件簿
憲法を読む
話題本

不眠症
いじめ・自殺
北朝鮮拉致問題
超音波盗聴資料
2ちゃんねるデマ
気づいたこと記録

MSPAINT
リンク集
サイトマップ
かきくけ掲示板
ブログ

北朝鮮拉致問題

 北朝鮮による拉致問題もテロだが、おしゃれ事件との関係を見てみよう。

北朝鮮による拉致もテロだが

拉致問題解決を訴える横田夫妻
拉致問題訴える横田夫妻

 テロリズムを広辞苑で引いてみると、①政治目的のために、暴力あるいはその脅威に訴える傾向。またその行為。暴力主義。テロ。②恐怖政治。となっている。

 テロとは組織的暴力行為またはその手段によって、恐怖心を引き起こし、特定の政治的目的を達成しようとするものです。

 歴史的には国家などの恐怖政治、粛正などであり、体制を問わずに、暴力と恐怖心によって、大衆世論を支配しようとするものです。

 terrorism テロリズムとは、(政治的な)暴力行為・主義。恐怖政治。
 terror テロとは、恐怖、恐ろしさ。恐怖政治。政府による恐怖政治。

北朝鮮による拉致問題とおしゃれ事件との年月日を追ってみよう

1977年(昭和52年) 9月19日 久米裕さん失踪。
    9月28日 日本赤軍日航機をハイジャック(ダッカ事件)。
    10月21日 松本京子さん失踪。
    11月15日 横田めぐみ(当時13歳)さん拉致される。
1978年(昭和53年)   6月頃   田口八重子さん。
    7月7日 地村保志(23歳)さんと濱本富貴恵(23歳)さん拉致される。
    7月31日 蓮池薫(20歳)さん、奥土祐木子(22歳)さん拉致される。
    8月12日 曽我ひとみ(19歳)さん、母・ミヨシさん、拉致される。
    8月12日 市川修一(23)さん、増元るみ子(24)さん鹿児島県日置市の海岸で拉致される。
1980年(昭和55年)   5月頃  石岡亨(22歳)さん、松木薫さん、欧州において失踪。
    日本テレビおしゃれ事件。11月6日「素敵な食卓」が性的関係後放送。
    11月19日に港区赤坂の日本キリスト教霊南坂教会で山口百恵・三浦友和が結婚。披露宴は1,800人を招待してプリンスホテルで行われた。
1981年(昭和56年)   4月16日「おしゃれ事件」への抗議文で名誉毀損罪限定。公共の利害に該当
    8月1日より超音波盗聴始まる。
    10月6日愛川欽也・楠田枝里子司会フジ第1回「なるほどザワールド」
1983年(昭和58年)   7月頃  有本恵子(23歳)さん、欧州にて拉致される。
1987年(昭和62年)   大韓航空機爆破事件。
1989年(昭和64年)   1月7日昭和天皇崩御。
1994年(平成6年)   7月8日金日成主席死去。
     
    10月8日金正日(人民軍最高司令官)総書記に就任。
2000年(平成12年)   金大中大統領訪朝。初の南北首脳会談実現。
2001年(平成13年)   9月11日米国同時多発テロ事件
2002年(平成14年)   小泉純一郎首相(当時)が初めて北朝鮮へ。
    9月17日金正日総書記が拉致を認める
    10月15日拉致被害者の蓮池薫さんら5人が帰国。
2004年(平成16年)   5月22日蓮池薫さん・地村保志さんらの子供5人が帰国
    7月18日曽我ひとみさん一家が帰国・来日。
2011年(平成23年)   12月17日金正日総書記が死去。
2012年(平成24年)   4月11日金正恩が第一書記に就任。
2012年(平成24年)   中国で北朝鮮が日本と話し合い。
 帰国が望まれる拉致被害者    


 北朝鮮による日本人拉致問題を考えるとき、私たちは、しばしば戸惑いを覚えることだろう。それは多くの日本人にとって、拉致問題はある日突然テレビで始まって知ったというのが、本当のところではないだろうか。

 それは多くの日本人には考えられないことだった。ある党のHPには、拉致被害者が帰国する間際まで、北朝鮮の日本人拉致問題は、否定されていた。それは曽我ひとみさんが帰国した後に、警察の実況見分が行われたことでも理解できる。

 タレントのみのもんたは、しばしば「日本の警察は、世界でいちばん優秀なんですからね」とテレビで言ったものだ。しかし、現実は、北朝鮮の工作員が日本国内において、やりたい放題だった。その反面、日本国内において、なんの罪もない日本人の私にテロを行い、人権侵害し、弾圧している。こうなると国民の安全など全て表面的なことでしかないだろう。

 日本人拉致問題については、’02年(平成14年)9月17日、平壌で行われた日朝首脳会談で、金正日が日本人拉致を認め、謝罪し、再発の防止を約束した。5人の拉致被害者が10月15日に一時帰国という形で帰国した。


 しかし、5人の被害者はそのまま永住帰国となり、家族も日本に来た。これらの政治的経緯が混迷し、他の拉致被害者は、今だ帰国が実現していない。一説によると、北朝鮮が拉致を認めたことで、日本のマスコミが北朝鮮を非難した。そのことで日朝の対立構造が出来、拉致問題が頓挫したとも言われる。

 次に日本の警察のテロ対策を見てみよう。

テロをする警察のテロ対策強化

 テロをする日本の警察がイスラム国のテロ対策を、金高雅仁が警察庁長官に就任時に述べた。「人命を盾にとって他者を脅迫することは許し難く、外国治安情報機関や関係省庁と連携し、テロに対して断固たる措置を取っていく。’16年開催のサミットや2020年東京五輪に向けて、テロ対策を強化する」と会見した。(’15年1月24日ニュース7)

 後藤健二さんがイスラム国によって殺害されたことを受け、安倍総理が関係閣僚会議で、対応を協議した。
 安倍総理「非道、卑劣極まりないテロ行為に強い怒りを覚えます。許し難い暴挙を断固非難します。テロリストたちを絶対許さない。その罪を償わせるため国際社会と連携してまいります。日本がテロに屈することは決してありません」。(’15年2月1日)

 「イスラム国」非難決議が2月4,5日に衆院、参院で全会一致で可決された。以下はその抜粋である。

 「今般、シリアにおいて、ISIL(イスラム国)が2名の邦人に対し非道、卑劣極まりないテロ行為を行ったことを強く非難する。

 このようなテロ行為は、いかなる理由や目的によっても正当化されないものである。我が国及び我が国国民は、テロリズムを断固として非難するとともに、決してテロを許さない姿勢を今後も堅持することをここに表明する。」

HOME人権>北朝鮮拉致問題

リターンツウトップ