Sidenavi

やさしい日本語

楠田枝里子profile
久米宏profile
逸見政孝
名誉棄損限定とは
超音波盗聴されな
隠蔽
テレビ殺人事件
警察問題の
でっち上げと自白
司法関係の
令状主義

EdwardSnowden
特定秘密保護法
テレビ事件簿
憲法を読む
話題本

不眠症
いじめ・自殺
北朝鮮拉致問題
超音波盗聴資料
2ちゃんねるデマ
気づいたこと記録

MSPAINT
リンク集
サイトマップ
かきくけ掲示板
ブログ

抗議文・警察に訴えられるまで

 久米宏・楠田枝里子らが起こした日本テレビおしゃれ事件は、強要・強姦事件であり、別の側面ではその話題づくり・売名行為によって、枕営業・売春にもなる。逸見政孝・田丸美寿々らはニュース放送を使い、抗議文を再投させ、私をスケープゴートとして犯人にでっち上げ、警察を呼んだ。久米・楠田にとって、抗議文を再投させることは話題づくりには絶好の機会である。また犯人にでっち上げなければ、日本テレビが悪いということになり、そうなると謝罪しなければならず、テレビの本番を悪用した犯罪として世界中から批判される。そのために隠蔽し、弾圧した。


 しかし「結婚への呼びかけ」は、おしゃれ事件によって既に批判されている。そういう表現(テレビの放送を使うな)をするなと久米宏に楠田枝里子は脅されている。悪ふざけのようにやられるのだから。個人的なことでも楠田のそれは、客観性がなく放送以前の問題である。テレビの放送を悪用して直接的に視聴者に呼びかけることは、常軌を逸している。

 後に、それらの表現は逸見・田丸らによって同じようにやられた。久米・楠田が放送を使っていて、自分たちがニュースを利用して投書を送らせてなぜ悪い、である。性的関係を否定している両者に「テレビの放送(LIVE)で理解できるじゃないか」である。警察も超音波盗聴機を使い後に、テレビやラジオ側にLIVEでやらせた。これらはまた、すべて捏造表現でもある。名誉棄損罪限定によって、公共の利害に該当すると判断され、事件そのものが問題であるということである。だがテレビやラジオ側は全てを無視した。メディアや警察行政はなぜ司法の判断に従わないのか。

 スケープゴート(scapegoat)とは、この場合テレビ局やスポンサーその他タレントの不平や憎悪、あるいは不利益を逸らすために、私を身代わりとするもの。そこで行われるのは、久米・楠田あるいはテレビ局側の利害の統一・一致、そこから責任の転嫁が行われ、社会的弱者(この場合”私”)が排除や抑圧・弾圧の対象となる。

では、

おしゃれ事件はなぜ起きたのだろう

 日本テレビおしゃれ事件は、久米宏・楠田枝里子両者が、テレビの本番を悪用して性的関係を持ったということである。大変大胆な犯行であろうと思う。

 検証してみると、おしゃれ事件には二面性があり、その一つが久米宏による強要・強姦である。もう一つが楠田枝里子による話題づくり・売名行為である。そのためにテレビで放送するために起きているのだ。他に方法がなかったのだろうか?

 様々な事情が考えられる。


 また、それができる環境的な要因が二つある。


 芸能界交歓図は、山口百恵や桜田淳子など、芸能界の風聞(ふうぶん)を集めたものです。つまり、芸能人の事実関係を指しているのではなく、飽くまでも、芸能界で噂されているスキャンダルを集めたものと言える。出廷した山口百恵は、「罰してください」と、はっきりとした口調で言ったそうだ。当時の国民的アイドルが、そう言ったのだから、これでほとんど決定的となった。(山口百恵引退コンサート’80年10月5日)。

 判決は有罪となった。しかし、ここに無視できないことがある。それは事実関係を全く調べなかったことである。書かれたような風聞は存在するのか、あるいは風聞ではなく真実・事実のものなのかということだ。つまり書き様で有罪になった。これは私にも大変驚異だった。

 書き方ということになれば、当時小説家志望の私にも影響が出てくる。書き方ならば、書いたもの全てが有罪になる可能性があります。訴える側の人間には、書き方はいつでも気に入らないもので、有罪となる。名誉というのは、そういう尺度が難しい。つまり、書き方で言えば 実質的に訴えられたら100%有罪になります。そういうなかで私の「おしゃれ事件」への抗議文は、視聴者を守るための正当防衛として書かれました。書くというのは、そういう行為そのものです。

 加えて、見逃せないのは、この判決によって、犯罪めいたものでも批判できなくなります。言いたいことも言えなくなり、デモクラシーの危機を招きます。

 法律を悪用し、名誉毀損罪を利用すれば、犯罪が堂々とできます。「おしゃれ事件」のように、不祥事隠しに警察権力を利用することもできます。これらは世論操作でもありますし、公権力が介入することで言論統制、人権弾圧が強められます。

 加えて久米宏や楠田枝里子のアナ・タレント活動の犯罪行為を、警察が税金を使って隠蔽し、正当化し守る理由はどこにあるのでしょう。

 これは久米宏らが考える、演出などの放送の仕方と、密接に関係してきます。その結果、視聴者はテレビの前の、家畜のように、奴隷のように考えられています。テレビ側から見ると、どうにでもなる存在になります。

  民放は、視聴者を、家畜のように、奴隷のようにしています。

 日本の社会構造から考えると、日本でのテレビ、特に民放は、権力者が上から下への上意下達に使うものです。テレビだから事実を放送しているわけではありません。嘘もたくさんあります。これらの社会構造を悪用したものが日本テレビおしゃれ事件です。

 日本の民主主義は、権力者から命令のように上意下達(じょういかたつ)で行われる社会。そこにメディアが大きな役割を果たしています。(日本のメディアの役割は、欧米社会のそれとは全く逆のものです。逆立ち。)
   
 そういう社会状況の中で「おしゃれ事件」は、公共の利害に該当するケースとして、抗議文は書かれました。これは視聴者から見れば正当防衛です。

 NHKに電話で、番組への意見を言う場合は、手紙で書いてくださいと確認しています。普通そうでしょう。またその場合、匿名(自分の姓名を隠して知らせないこと。あるいは本名を隠して別名を使うこと)でもかまわないとのことです。「日本テレビおしゃれ事件」を告発する場合、本名を使用するのは大変危険です。捏造してやられるのがオチです。そうであるからこそ久米宏や楠田枝里子はテレビの放送を悪用しています。

 NHKへの手紙の出し方をみる。

 それでも告発者の名前を警察が暴き、私の写真まで撮り、プライバシーを侵し犯人にでっち上げて、人権侵害をしています。これが日本の現実の社会です。「おしゃれ事件」は抗議文を書いた私を、久米・楠田が名誉棄損で訴える。こんな単純な事件ではないのです。みんな知っているわけですから、テレビの放送を使って何をやっていたのかです。これは一個人がテレビの放送をたまたま見て理解できる範囲を遥かに超えています。WAKE UP SAMURAI JAPAN!!

一個の人間としての実存が問題になる瞬間には、いかに頭がよかろうといかに学問があろうと、そんなことは役にたちません。その場合、肝心なのはただ一つ、まだ生き生きとした反応を示し、あえて人間的な力を尽くす能力があるかどうかということだけです。  (H・E・ノサック『文学という弱い立場』)。

信玄家法55条にはこうある。
「もし信玄の言動に問題あるならば、身分を問わず、誰でも投書してもらいたい。必ず改める」。

㊟これは偉大なる人物の話であり、武士道である。久米楠田や日テレ民放の話ではない。「公共の利害に該当する」と言った相手を、私が間違っているのかもしれない。(*´Д`)俗人には通用しないことかもしれない。くれぐれもご注意を!

抗議文はこうして書かれた

 抗議の文書を書かなければならないと決心したのは、ゲスト「磯野洋子」です。番組の体裁がなく、「おしゃれ」の主な視聴者が主婦層であるので、視聴者を守らざるを得ないと思いました。私には右手に障害がありました。しかし、そんなことを言っていられません。

 警察には、警察官が違法(あるいは捏造した調書)に採取した、私の指紋があります。そこで手紙に、指紋をつけないようにすることも、身元を特定させないこともできます。なぜなら、メディアは必ず捏造し、でっち上げをします。

 そう、「おしゃれ」事件は、視聴者への脅迫でもあります。知って、話したら、警察を使ってやるぞ、と。

 しかし、私は無心であることをとりました。抗議文の構成は「おしゃれ事件」からとりました。おしゃれ事件を調べれば、それが理解できるようにしました。不特定多数の視聴者への呼びかけですので、その不特定多数の人間の韻を踏むかのようにしました。(この言い方は誤用かもしれませんが、分かりやすいので書きました)。

 便箋と封筒を買いました。テープを回し、原文を作りました。全部で3通の予定です。ちょっと二重投稿のように見えますが、「おしゃれ事件」の特性により、それが排除されます。また、日本テレビに一番重い責任がありますが、「番組を見れるのは、提供者がいるから」だというので、資生堂です。提供者の資生堂が事件を知らないはずがありません。

 抗議文の発送先は「週刊女性自身」、「週刊女性」。提供者「資生堂」には激しく抗議しました。

 年末・正月休暇で両親とゆっくり顔を揃えました。両親ともテレビは大好きです。ちょうど抗議文を書く作業のなかで、両親が逸見政孝のことを言ったのです。

 フジテレビ日曜夜8時から、司会は萩本欽一で「オールスター家族対抗歌合戦」がありました。そこへ逸見政孝の家族(妻・故人逸見晴恵、長男・俳優・逸見太郎、長女・タレント・逸見愛)が出演したらしい。私の両親は声をそろえて、逸見政孝という人はいい人だ、いい人だと、私に言いました。両親の人を見る見方は甘いということを、常日頃から知っているのに、そのとき迂闊にも私は疑いませんでした。

 フジテレビのニュースアナ、逸見政孝個人宛に1通出しました。宛先はフジテレビです。ここで原文がなくなりました。

手元にはテープが残りました。これで抗議文の投書は終わりました。

(参考:'10年9月の民主党代表選の最中に、小沢一郎元幹事長と青木愛衆議院議員の密会映像として、日本テレビ「Newsevery」の未放映映像が、「週刊新潮」と「週刊文春」両者に意図的に流されたことがある。これを考えても、私の発送先はなんら問題がない。また日本テレビなどがこのように情報操作することを明確に認識してください)。

逸見や田丸は、どういうわけか、テレビから睨みつけてきました-おしゃれ事件からの初めてのLIVE

投書を送れの逸見政孝 睨みつけてやったらと田丸美寿々
 私は抗議文の作成での疲れか、名誉毀損罪へのプレッシャーか、体調を崩しました。民放はでっち上げをして、必ず私を十字架にかけるだろう、それが予想されました。私はコタツに横になっていました。すると父が逸見のニュースにチャンネルを合わせました。私は画面を見ました。逸見政孝を見たことがない私は、逸見の優しそうな顔をみて、これでは「おしゃれ事件」を解決させることはできないと思いました。

 そのとき一瞬、逸見政孝がカメラを睨んだように見えました。それはどういうことなのか分かりませんでした。たとえば、私の抗議文が逸見に届いたにしても、早すぎます。でも、届いたと仮定しても、なぜ逸見が睨むのか分かりません。睨まれる理由はないからです。

 そこで翌夕、フジテレビ「レポート6・30」に父がチャンネルを合わせるので、見ました。アナウンサーは逸見政孝に田丸美寿々(一度結婚し離婚)です。そこで田丸が逸見にテレビカメラに向かって、睨みつけてやったら、という素振り(ジェスチャー)をしました。それで逸見が睨みつけてきました。バシッと。私は、これはどういうことなのだろう、と思いました。

 しかし、解せないことがあるものです。なぜカメラを睨んでいるのでしょう。視聴者を。ここで私は睨まれる理由がありませんでした。なぜ睨まれるのでしょう。「おしゃれ事件」については、慎重に書いてあり、思い当たることがありません。フジテレビの報道ですから、取材をするなりすれば、裏は簡単に取れます。「おしゃれ」のゲストの方は皆さん知っています。まして民放は他局の放送を見ているから、なんらおかしなものはありません。睨まれて、思いつくことはないのです。

 つまり名誉棄損罪を考えても、彼らがそうされる理由が分かりません。

久米宏は認め、逸見らは抗議文の再投を要請

 私の抗議文が届いたと思われる同じこの頃に、久米宏が司会をする「ベストテン」を、「お姉ちゃんがよく見ていたね」と言い、母がチャンネルを合わせて、ちょっと見ました。そこでは久米宏と黒柳徹子とが画面に映っていました。久米宏は、大変なことをしてしまったというような表情で、うつむいていました。黒柳徹子は「申し訳ありません」とばかりに頭を少し下げました。二人とも私の抗議文の内容を認めていました。「ベストテン」の正月明け第一週で、まったく間違いがないということを確認しました。

 久米宏は、自分がしたことの重大さに打ちひしがれていました。テレビカメラの方をまともに見ていませんでした。

 そこで逸見に確認の手紙を封書で書きました。「抗議文を送れということですか」と。すると私の手紙が届いたのか、逸見と田丸がにこやかに頷き「そうだ」と笑っていました。

 ここで私は考えました。逸見政孝や田丸美寿々が「抗議文を送れ」と表現していることを、日本テレビも知っています。ここですぐ抗議文を再投したかというと、そうではありません。原文を発送してしまい、手元にはありません。かわりに様々なテレビ表現をチェックしました。それから「抗議文を送れ」の表現を、手紙で何度も逸見・田丸に確認しました。それらを様々なキーワードにしました。

 しかし、私には逸見の「抗議文を送れ」の意味がよく分かりませんでした。久米宏は認めているのです。後は事実関係が取れますから、逸見らは報道なのですから、マイクなりカメラを向けて報道すればいいことです。楠田にとっても有名になれるチャンスです。

 報道すればいい?今になって言えることは、実はこれがメディアが一番恐れていることです。テレビの本番を悪用した強要・強姦事件。被害者とみられる楠田枝里子は、話題づくり・売名行為(枕営業・売春)としての責任があります。日本テレビ、資生堂にも責任があります。楠田は他の番組も悪用していますので、もっと多くのスポンサーの責任が問われます。

 ですから、これらの責任を取りきれないために、事件を報道せず隠ぺいし、私を犯人に仕立て上げたのです。そのためには、当然の犯罪の申告としての4通の抗議文ではだめなのです。怪文書をばら撒いたという形にしなければならないのです。

 警察の捜査の対象とすれば、当然抗議している内容も、何も知らない人たちから見れば「嘘を書いたのだろう」という外観ができます。真実事実を書いていても、また書かされていても、嘘を書いたとなります。久米宏や楠田枝里子、スポンサー、メディア側はそれを狙ったのです。それらは「芸能界交歓図」で、おしゃれ事件直前に彼らが学んだものです。警察を使えば何でもできるんだ、と!

 「芸能界交歓図」では、その風聞の事実関係は調べられませんでした。なぜか?風聞が事実存在していては困るのです。つまり、風聞が事実でなくても、風聞自体が芸能界に存在していては困るのです。これらは芸能人の芸能活動とも関わりがあるからです。ですから「おしゃれ」が正に事件化しているのです。

 また、逸見や田丸のフジテレビにとっても資生堂や他のスポンサーは重要です。その責任を問えますか?これらのことを考えれば、日本テレビおしゃれ事件は、メディアの悪弊・社会構造を悪用した強姦・枕営業事件といえます。民主主義が西欧・米のレベルまで発展していない、日本メディアの病気です。ちなみに日本のメディアは警察権力と一体化しています。

最重要キーワード・分かってしまう

 ここでテレビの表現が分かってしまう(知ってほしい)ということ、この考え方が大事なポイントになります。もちろん楠田枝里子・久米宏らは、視聴者が知ってしまうことは十二分に知っています。教えるためにやっているのですから。そのことからおしゃれ事件という過去のことを、今の放送にリンク・LIVEした逸見・田丸も教えるためにやっているのです。警察も同じです。

 通常他のタレント・アナウンサーも同じです。教えるために放送しています。決定的に違うのが、久米・楠田のようにプライバシーを、それも男女の性的関係を公の場で生放送(ライブ)した人はいません。それは情報を売るということ、自作自演と関係があります。

 放送を見ていて「おしゃれ事件」が、「抗議文を送れ」が分かります(知ってほしい)。この当たり前のことが後々重要なキーワードになります。

ジェスチャーはコミュニケーション手段として重要なんだ



英会話ぜったい音読入門 『英会話ぜったい音読入門編』6 Gestures Talk

ジェスチャーはコミュニケーション手段として、言語に負けないくらいの重要な役割を果たしています。

We often use gestures for communication. For example,soccer players sometimes communicate with each other without words. They use body movements and eye contact. In such cases,gestures are more useful than words.

 ジェスチャーは私たちの生活に欠かせないものです。ときとしてジェスチャーは言葉よりも便利です。

おしゃれ事件」も分かります。「抗議文を送れ」も分かります。これらのテレビ表現が分かることが問題だとして、警察は後に、私に超音波盗聴機を向け、テレビで私のプライバシーを表現・教え、盗聴表現としました。これらも同じように分かります。ジェスチャーが分かるように普通のことです。

 しかし、テレビの放送を通じて、それらを表現することは、表現する人たちの問題であり、私の問題ではありません。たとえば同時期にTBS・小泉正明、フジテレビ・俵孝太郎。あるいは表現するように促される前の日本テレビのニュース。あるいはテレビ東京、ラジオではほとんど全て。これらは全く表現をしていません。

 私が表現をするように要請したことはありません。むしろ私はそれを問題にしているのです。ただ久米や楠田が自らの犯罪を正当化しようとすれば、他の人が同じことをしても問題にできません。これは久米宏の思考に見られますし、警察の他の事件への思考にも見られるものです。つまり久米宏や楠田枝里子あるいは誰彼が自らを正当化すれば、そのことによって私の抗議文もこのサイトも、彼らに感謝されこそすれ非難されるものではありません。

 表現するしないはテレビ側の問題です。その問題をすりかえるために、でっち上げ、捏造したものです。これが重要です。もしこれに(気づくこと・理解すること)が犯罪だというならば、人間はすべて犯罪者ですし、原罪ともいえます。捜査なども、正に気づきです。警察や刑事たちは犯罪者集団ということになります。

 『英語でチャンスをつかみなさい』古市幸雄著、アスコムには、こんなふうにも書かれています。引用すると、

 コミュニケーションのうち、言語を使ってコミュニケーションをしているのは全体の3割程度と言われています(いろいろな学説がありますが)。残りの7割は非言語コミュニケーションを使って、コミュニケーションを図っていると言われています。非言語コミュニケーションとは、例えば、身振り・手振りなどのジェスチャー、声のトーン、表情、目線、姿勢などその他の体の使い方です。

鳩も絵が上手か下手かがわかる
イラスト・よこた しぎ
 また、鳩にさえ、視覚的に、絵の巧拙を識別する能力があることが、報告されています。毎日新聞から引用してみましょう。

 慶応大学文学部の渡辺茂教授(実験心理学)は、鳩に上手な絵を突けば餌を与え、下手な絵を突けば与えないという訓練を一ヶ月程度続け、その後別の絵を使ってテストしたところ、4羽全てが「上手」な絵だけを突いた。

 このことから鳩も訓練次第で、絵の内容を区別でき、高度な認知機能を持つことが証明された。また、渡辺教授は95年、同じ手法で、モネとピカソの絵を区別させることに成功している。

 これらのことから考えても、視覚的に理解してしまうことは、当たり前のことで、なんら不自然なことではありません。

抗議文の再投、しかし

 逸見や田丸・フジテレビの、抗議文の再投の要請で、すぐ抗議文を書いたかというと、そうではありません。問題がありました。


 私は右手に障害があることを悟られないように、傷がついた文書は破棄し、知られないようにしました。

逸見政孝・田丸美寿々の抗議文を早く送れ

 それでも抗議文の構成や文章をほとんど暗記していましたので、なんとか先の原文に近いものができました。しかし、性的関係の抗議文を、どこへ送ればいいのか、分かりません。送るところなどないのです。

 「おしゃれ事件」はテレビの放送を悪用したものです。その現場の逸見政孝から「抗議文を送れ」と、何度もやっているのです。こういう場合は、現場の指示に従わざるを得ません。送らなければ、名誉毀損に問われるのだろうか、とも考えました。そのうちに逸見の表現は「何をやっているのだ。早く送れ」という表現になりました。

 送り先がないので、私は弟の部屋から雑誌を見つけ出し、その住所宛に、それぞれ便箋に2枚ほどのものを書いて送りました。それは性的関係の事実だけを書きました。これなら楽でいいやと思いました。これは久米宏がベストテンの司会をしていましたので、その時の流行曲をもじりました。五輪真弓の「恋人よ」です。

「恋人よ」五輪真弓:枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには…
恋人よ」を聴いてみる。

 その当時、ベストテンの司会をしていた久米宏は、どれだけ高尚な愛の歌をスタジオで聴いていたのでしょう。そして、そのとき、それらの曲を聴きながら、愛人の清水洲子を日本のテレビの見れないアメリカに行かせ、楠田には性的関係の強要も考えていたのです。それを考えると、久米宏という人間が、つくづく恐ろしい人間だと思いました。

 しかし、この2通の抗議文は、逸見や田丸には不満だったのです。テレビで放送されている表現がなかったからです。つまり、逸見に書いて送ったような、テレビの表現で性的関係が分かってしまうということが、重要だったのです。

政治家に送れと逸見政孝は胸をそらす

 フジテレビ「レポート6・30」で政治家の放送があり、逸見は胸の上半身を反らして、自身の後ろの映像に映っている政治家を示しました。手紙で「抗議文を送れ」を確認しました。しかし、私は困りました。政治家の住所が分かりませんでした。

 それで地元の都立図書館に行きました。館内は1月半ば頃で、受験生が机に向かって勉強していました。私はカウンターの後ろの方の棚に行きました。そこで中山千夏、故・青島幸夫、故・田英夫などの住所が載っている本を探しました。見つかりましたが、私は気が進みませんでした。いずれの人も元テレビタレントだったり、キャスターだったり、テレビと関係のある人たちです。でも事情が分からないので、しょうがないと思いました。

 政治家の人に、性的関係の内容のものを送って、問題は解決するでしょうか。とてもそうとは思えません。何よりも不思議なのは、報道が取材し、報道しないことです。事実であることが分かっているのだから、報道すればいいことです。私の抗議文の再投が、なぜ必要なのでしょう。逸見政孝自身が受け取った投書をコピーするなり、事実関係を伝えればいいことでしょう。なぜ私が出さなければいけないのでしょう。犯人にでっち上げるためでしょう。

再投を歓迎したタレントたち

 私がまず逸見政孝に「抗議文を送れ」の確認をした。「そうだ」というので、手紙に私は、こう書いた。「では、抗議文を送ります。逸見のニュースと「おしゃれ」を見ますから」と。私は「おしゃれ」でスーパー(字幕)でも出れば、それで逸見を説得し、止めるつもりでいました。

 しかし、日本テレビ「おしゃれ」を見ると、やんやの喝采で華やいでいるのです。どういうことなのかと思いましたが、こんなテレビを見たことがありません。

 テレビの本番を悪用した、性的関係が視聴者に見破られて、抗議されて、テレビは元気はつらつ!

 母がチャンネルを合わせ、私は「夜のヒットスタジオ」の冒頭を見ました。この時に、私の抗議文の再投が歓迎されているのを、確認しました。(実際のはまだ出していません)。

 「夜のヒットスタジオ」の司会は、井上順と芳村真理です。ここで逸見への「再投します」という手紙が、彼らに伝わっていることを知りました。それでチェックしました。

 ここのところは大変大事です。後に警察が出てきたときに誤解をしているようでした。

 わたしがチェックしたのは、「金曜娯楽館」でも司会をしていた、芳村真理と楠田枝里子との関係です。ここで芳村真理が喜んでいるのは、日本テレビ、12月25日ゲスト「磯野洋子」に表現が一致します。

抗議文の再投は、主要マスコミに、およそ40通

 週刊誌、文春新潮サンデー毎日共同通信時事通信。それからテレビ朝日NHK。「ベストテン」の提供者・日立SBキリンなどなど。

 これらの抗議文一通は便箋にしておよそ10枚、毎日清書して出すことは、大変な労力がいります。手の障害で、書き損じれば、最初から書き直しました。綱渡りです。テレビも見ずに一日中、机に向かっていました。

 書き続けていきました。逸見が「抗議文を送れ」とやると、それを確認して、発送しました。しかし、逸見の「送れ」が凄まじく、また手が痛くて、手書きで書くことができなくなりました。

 そこでコピーをすることを考えつきました。(その当時はコピー機が、どこにでもあるものではありませんでした)。

 私は、2月の半ばごろには、もう無理だと思いました。逸見の「投書を送れ」は激しく、一体何のために、抗議文を書いてあげているのかも、分からなくなりました。

 そこで浮かんだのは、民放の捏造、でっち上げ体質です。ここで私は身動きができなくなりました。彼らは必ず私をやるだろう。私の抗議文を歓迎していないタレントもいました。いかりや長介は子供向け番組のなかで「なんだてめいは(怒り)」と、顎をしゃくりました。

 たったの1秒ほどのテレビ表現ですが、たまたまテレビの前を通って見ました。でも、私には関係ないと思いました。逸見の要請で送っているので、他は関係ないです。しかし、これは私には大変重要なことです。彼らから見れば、この時点で私が主動して抗議文を送っていたことになっているからです。つまり「送ります」という文言は彼らに伝わり、「送れということですか」と私が逸見の要請を聞いているものは伝わっていなかったようです。

 私はほとんど行き場のない感情の中で、ノイローゼになっていました。逸見のニュースを見ることも、「おしゃれ」を見ることも、私には苦痛以外の何ものでもありません。抗議文を書くことも無理です。できるだけ早く「見られるテレビ」から逃げなければなりません。

 そこで大変なストレスのため、私はキリンビールへの抗議文のなかで、なんの謝罪説明もしない久米宏にこう聞きました。

 「連続婦女暴行魔ですか?」。久米の元愛人・清水洲子とのこと楠田枝里子とのこと、性に対する執拗な態度。そんなことを考えているうちに、久米宏に聞いた言葉です。私はすぐに次の手紙でキリンビールに、訂正の手紙を書きました。

 これで抗議文は終わらせることができました。

抗議文の再投で不思議に思っていたこと

 再投で抗議文を送っていたとき、一番困ったのは、投書の送り先です。最初の4通ですでに送り先などなかったのです。「おしゃれ」を見る限りでは相当の人が知っています。住所が分からず困りました。そこで、これはまだ投書をするという気持も、予定もなかったころ、私は八王子市内の本屋でマスコミの住所が掲載されている本が平済みされていたのを思い出したのです。それを買いました。

 それをペラペラと読んでいて、目にとまった団体がありました。民間放送連盟とBPO・放送倫理番組向上機構です。不思議に思いました。なぜ逸見や田丸はこれら団体の紹介をしないで、政治家に送らせたのか。なかの委員が民放の関係者だからダメなのだろうか、とも考えました。しかし、現在では次のように報道もされます。

 ’15年5月に放送されたNHKの報道番組、クローズアップ現代「追跡・出家詐欺」に匿名で出演した男性が、「自分はブローカーではないのにブローカーとして放送されたため人権を侵害され、名誉や信用を棄損された」としてBPOに申し立てました。

 これについてBPOの放送人権委員が記者会見し、放送された映像は「映像・音声に加工が施されるなど、男性本人と特定できるものではなく、人権侵害には当たらない」としました。一方で必要な裏付け取材を欠いたまま、男性をブローカーと断定的に放送した他、明確な虚偽を含むナレーションを通じ、実際の男性とは異なる虚構を視聴者に伝え、放送倫理上重大な問題があるとしてNHKに対して、放送倫理の重視をさらに徹底するようNHKに対して勧告しました。

 また、BPOの放送人権委員会は、自民党の情報通信戦略調査会が、NHKの幹部から事情聴取をしたことや、総務大臣がNHKに対し、放送法を根拠に厳重注意をしたことについて、「報道の自由の観点から報道内容を委縮させかねない対応に強い危惧の念を持たざるを得ない、と指摘しました。(’15年12月11日NHKニュース)

 不思議な感情は今も氷解していません。私が出したものは、途中からコピーされたものですが、それ以前でもほとんど同じもので、ミリペンで書いたコピーです。逸見や田丸が「投書を送れ」とやり、私がそれを確認して出していたときに、いつも思っていたことは、コピーなんだから、なぜ自分たちでやらないのか?ということです。私がミリペンで書いたのは、受け取った相手に失礼にならないかということでした。それでミリペンで書いていました。つまり逸見らは抗議文を受け取っているのだから、それをコピーして使うなりすれば、私が出さなくてもいいはずのものでした。まして政治家の中山千夏、故・青島幸夫、故・田英夫などは、電話でも済みますし、受け取ったものをコピーすれば済むことです。

 また送り先も「おしゃれ事件」と重なるものです。コピーなのだから、事実上、これは私に抗議文を出させるという行為そのものにしか意味がないのです。そして投書数を増やせば、警察を呼ぶのに不自然さは起きないでしょう。この頃から民放テレビ側の捏造を明確に確認し始めました。

 つまりは私は告発者なのかもしれません。しかしなぜ犯人にでっち上げられなければならないのでしょう。まして全てテレビ側の事情によって、人体実験や狂人・廃人にまで捏造されるのでしょう。すべてテレビ側が責任を取らないことによって生じている人権侵害です。

刑法に照らし合わせると

週刊平凡・久米宏の恋人が自殺をはかった 私は「おしゃれ」事件の性的関係を刑法に照らし合わせました。久米と楠田は姦淫しています。楠田は性的関係を持つ前と後に、久米との関係を拒絶する意味においても、放送を悪用して視聴者への呼びかけの表現をとっています。

 楠田の意思は、テレビで呼びかけることです。当初は結婚への意思の表現でありましたが、関係後は主に話題づくり・売名を目的としたものです。つまり、久米との性的関係を持つ積極的意志があるなら、放送が悪用されることはなかったでしょう。

 刑法に照らすと、久米宏のしたことは強要・強姦になります。しかし、強姦は被害者の名誉を尊重して親告罪になっています。つまり、告訴がなければ公訴を提起することができないとなっています。しかし、二人以上の者が現場において共同して犯した第176条から前条までの罪については、適用しないとなっています。「現場」とは、犯罪の実行の場所または社会通念上それと一体となっている場所をいいます。

 当然、日本テレビや資生堂が責任を問われるものですので、「おしゃれ」事件は親告罪を適用されず、久米宏は逮捕されます。犯罪を構成しているのは多人数です。「おしゃれ事件」は久米宏、楠田枝里子だけではおこらないのです。

 ちなみに一般的には、強姦の加害者は8割は知人です。

 また、公然わいせつでもあります。なぜ逮捕されなかったのでしょう。

 久米宏の場合、避けることができないテレビの本番を悪用しています。また、それは被害者とも思われる楠田が悪用していたものでもあります。また、ふつう加害者と被害者は利害関係が対立します。ところが久米、楠田の場合、放送を悪用するという利害関係が一致しています。セックスだと言われれば、それまでですが…。       
 久米宏の愛人・清水洲子自殺未遂報道後・週刊文春

 楠田は久米を告訴しません。楠田自身が放送を悪用したことの責任を問われます。また、そうすれば楠田は放送界では生きていけません。ですから、放送を使って堂々と久米は関係を強要しているのです。

 ここでは日本の社会が機能不全を起こしているのです。警察とメディアが一体となっています。広い意味でのメディア利権です。

 それで私が連続婦女などと、考えてしまったのでしょう。また、久米宏の元愛人・清水洲子さんは、その後、自殺未遂事件を起こしました。久米宏を結婚詐欺で訴えようとしたのです。しかし、訴えることができなかったようです。これも不思議です。たぶん何らかの圧力があったのか、不正なお金の流れがあるのかもしれません。なぜなら、たとえ裁判に負けても、訴えるだけで久米宏に勝てるのですから…。訴えると言っていた女性がなぜ訴えられないのでしょう。

抗議文を送るとCMを使って脅迫してきたカルビーCalbee

 私が抗議文を送っている間に、カルビーCalbee株式会社は、CMを使って、私を脅迫してきました。また、考えようによっては、わが社Calbeeに抗議文を送ってよこせとも取れます。投書を送れのCM?え。

 タレントは元人気子供タレントの間下このみでした。私の抗議文の内容をもじって放送しました。その時、私はそんなことをしていると、今に大変なことになるぞと予言しました。その後、彼女は大変な難病を負いました。

 カルビーは私の口を塞ぐために、CMを作ったのでしょう。これほどまでに権力主義的な企業というのは、予想しませんでした。ここで重要なことが分かります。つまり電通や博報堂などテレビ局の関連会社あるいは人物は知ったということです。これは「おしゃれ事件」そのものがそれだけまた知られていたということでしょう。では一体テレビの放送を使って何をしていたのでしょう。誰に見せていたのでしょう?

 この情報伝達について大変面白いことも知っています。逸見政孝と田丸美寿々は、私が投書の中に「〇〇」と書くと喜んでいました。受け取った先が知っているにもかかわらずに、です。私が如何にも暴露しているというような文面を書くと、この両者はなぜ狂喜乱舞するのでしょう。そうではないのに…。

久米宏らが私を名誉毀損で訴える

 しかし、これが久米宏を怒らせ、日本テレビは麹町ですから、麹町署に私を名誉毀損で刑事告訴をしました。

 電光石火の如く、私を現行犯逮捕でもするつもりだったのでしょう。終わってしまった抗議文を再投させ、一定の投書数にいったら、警察を使って逮捕する。こうして情報を隠蔽する。

 テレビ側も警察も、私を一気にやろうとしたのでしょう。「おしゃれ」の放送時間に合わせて、逮捕しようとしました。しかし、失敗しました。

 次に、また紺オーバーの男が私の家に来ました。身長は172cmぐらい、端正な面立ちをして、がっちりとしたタイプの男性で、30歳ぐらいでしょうか。捜査課長は、私の家の玄関ドアを開け、「ごめんください」と大きな威圧的な声で叫ぶと一瞬、ドアを思い切りバーンと閉めたのです。私はドアが壊れたのではないかと思いました。ネジ等を調べましたが、不具合は治りません。捜査課長が正当な理由がないのに住居に侵入(住居を犯す罪)し、器物損壊をしたのです。捕まえようとしましたが、逃げられました。ここで私に事実関係を取られると、おしゃれ事件の隠ぺい工作ができません。テレビ側にとって絶体絶命です。

 誣告罪の事実が成立しますし、私はただ抗議文を書いているだけです。呼びかけているのはテレビ側です。

 なぜ私の家に来たかというと、指紋です。指紋は少年時代に採られました。理由は無灯火で自転車に乗っていたということです。しかし、その時刻は日も明るいので、大人でも誰も点けていませんでした。それでも私を呼び止めた警察官は、電灯をつける時刻だと言いました。しかし、その当時の少年で腕時計など持っている子供など1人もいませんでした。まして自転車に乗っていて、暗くなれば電灯を点けるのが普通ではないでしょうか?自転車の電灯を点ける時刻を知っている人など誰もいません。

 後に、私はあの警察官は、調書をとった時刻を捏造しただろうことを知った。明るい時刻に無灯火は違法ではないだろうから。

 明るいので、皆が無灯火でした。警察官は私の調書を捏造し、指紋を採取しました。まだ世の中のことがよく分からない少年だからできた行為です。違法行為です。(虚偽有印公文書作成・同行使)

 一般の人が名誉毀損で捜査を依頼しても、日本の警察は捜査などしない。被害届さえとらない。何もしない。桶川ストーカー事件などが記憶に新しい。

 社会的地位が高い、権力のある人たちの依頼には、全力を挙げて捜査する。第4権力ともいわれるメディア関係者の捜査なら、一生懸命やるだろう。

 日本の社会は、決して国民のための民主主義社会ではない。権力的管理・監視社会ともいえるもので、支配者階級のみが利益を得るための社会だ。

ついにというか予定通りなのか警察を呼んだ。







HOME>抗議文・訴えられるまで

リターンツウトップ