本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

日本テレビおしゃれにおける久米宏・楠田枝里子の性的関係

日本テレビおしゃれ事件からの違法捜査(超音波盗聴・人体実験・マインドコントロール・隠ぺい操作)

STOP TV ・ POLICE VIOLENCE

 テレビ局と警察は、嘘やでっち上げ、捏造を平気でします。私の場合は、真実の証明があるにもかかわらず、報道せず、超音波盗聴機で得られた情報をもとに、犯人に捏造しています。超音波で音をきかせてもやります。他の人も他人事ではありません。十二分に注意を!!現実を捏造して、冤罪を作ります。NHKも例外ではありません。
 一般人がテレビの放送(材料)において、名誉棄損罪など、画期的なことをしたことを放送しない。なぜなら、NHK、民放などの情報操作ができなくなる。NHKには、皆さん放送受信料を払っています。でも、その情報に嘘が含まれているとしたら、騙されていることになる。民放も同じです。その被害は全国に及びます。水俣は水俣だけですが、 テレビは全国です。放送局や警察に賠償を求められるように、その検討に入ります。この賠償は皆さんも請求できる可能性があります。(順次情報に注目ください)。知る権利は憲法で保障されています。できるだけ努力します。テレビ局(NHKを含む)や警察に謝罪、説明責任を求めることができます。視聴者は騙されていますから。 

2020年10月14日にニフティより「送信防止措置に係る意見照会書」が私に送られてきました。内容は、下記の記事(テレビ事件簿のひとつ)の削除要請です。最近言われているような、過去についての改ざんなどを求める意見です。当サイトへの全くの言いがかりで、因縁をつけています。記事にアクセスした人は0人です。

ニフティより削除要請のあった記事は、当サイトから削除されました。2020年10月21日

 送信防止措置請求権はプロバイダ責任制限法によって誹謗中傷被害者に認められた権利です。しかし、私は性被害事件報道をそのまま記載していただけで、誹謗中傷などはしていません。これでは性加害者が有利な社会ができるだけです。伊藤詩織氏が頑張っていますが、それらの動きに逆行することは、望ましくないと思います。日本国が性犯罪にゆるいと思われるだけでも、大変なマイナス要因だと思います。

 上記の記事を削除して欲しいという要請です。「侵害情報等」として名誉棄損をあげています。しかし、これらの記事は単なるごく普通に広く言われていることです。それに対し、依頼人は誰だか分かりません。名誉棄損罪は本人の請求によらなければなりません。しかし、氏名は不明です。また「権利侵害理由」には、氏名検索で、当記事に「容易に本件記事に辿り着ける」と主張していますが、全くの虚偽です。当記事はいかなる検索でも出ません。1回も。また、GOOGLEなどで、16ヶ月で、当該人物の氏名検索で、上記情報にアクセスした人は1人もいません。従って、そもそも名誉棄損罪の範疇に入っていません。名誉棄損罪はその記事が頒布してから6ヶ月です。依頼人は、メディアに掲載されてから、13年経っていると理解しています。訴える相手が違います。この場合メディアです。虚偽申告でしかない。
 また、これらの事実関係について、ニフティは、ネット上に広く存在していても、「あなたに対してしているのだ」ということです。他の人が問題ではない。あなただ、ということを交通の取り締まりにたとえて言いました。しかし、私は違反などしていませんが、これらについて言論機関が責任を放棄している部分を確認(●●●)しているので、こちらにふってきたということらしい。また、著作権のことを言われているが、これらについては何も提起されてない。
 これらの事実関係は犯罪にかかわることであり、普通これらに削除要請はあり得ません。テレビ側が何らかの圧力を加えているものと思えます。ネット上にあるこれらに関する記事には、「公共性」「公益性」「真実性」がありますから、削除要請すること自体が無茶な話だと思います。新聞や週刊誌の記事はどうするのか?消せというのでしょうか?記事の元の出どころは、そもそも警察です。これらニュース記事もタレントらに都合が悪ければ、消せ!というのでしょうか?
 それで依頼人は結婚し、子供がいるとか言います。それで将来子供がいじめにといわれても、それは父である本人が背負う十字架です。被害にあった未成年の女性は、生涯苦しむでしょう。そのことを忘れて、俺だけをよくしろというのは、虫のいい話です。
 テレビというものがどういうものか、よく知っていただきたい。10月16日 みつめ和紀記す
(追記)
 伊藤詩織氏が「虚偽告訴」「名誉棄損」で逆に、現在書類送検されたことを事実認めた。これら女性の性に関する、このような犯罪に対し、上記の記事に関わることですが、警察が示談をよく進める。しかし、被害者が訴えるというのを、様々な理由を挙げて、示談に持って行こうとするのは、好ましいことではない。今までの積み上げたものがないから、このようにますます女性の泣き寝入りが増える。裁判所で議論の積み上げが必要であり、それがより良い方向性を示すだろう。証拠などについても十二分に考えるべき時が来ていると思う。10月27日 みつめ和紀記す

上級・下級国民。私が上級国民なら超音波盗聴うけることなく問題は解決されていただろうか

 ラサール石井 @lasar141
 橋下徹氏、太田光氏、つるのくん、みな即日PCR検査が受けられている。 一般人は病院に受診を断られ、保健所に200回電話して繋がらず、高熱でも何日も待たされ、あげくに陽性と分かったときには重症化。 こんな格差はあってはいけない。そのために亡くなった、本当なら助かっていた命は確実にある。

(注)本当にそうです。私が超音波盗聴を受けたのは、一般人だからです。有名人や上級国民なら、こんな扱いは受けなかったでしょう。またテレビやラジオに出演している人は、そんなに偉いのでしょうか?分かりません。私などは人体実験のマルタです。何をどうしているかを考えると、日本人は本当に恐ろしい人たちです。自分でなければいいのです。これはもう永遠に消えないのです。

 その年の8月1日から、私を犯人に仕立て上げる情報操作・捜査を、警察やメディアがします。しかし、このことの答えは、すでに私の最初の抗議の1通で、答えが出ているのです。そのことについて証明しているのに、ストーカーのように執拗にひねくれて、私を嘲笑、侮蔑、罵倒してくる。こういう人間が、超音波盗聴機という機材を持っていることが脅威だし、厄介だ。これは誰に対しても盗聴機を向けるということにしかならない。最初に答えが出ているのに、未だに40年も続けている。相当おかしい。(2020年8月27日)

超音波盗聴使用でのでっち上げ・捏造の事実関係

 なぜ私が超音波盗聴を受けたのかというと、速攻で3月の時点で盗聴している。その後の8月からは、犯人にでっち上げ・捏造するための工作を、警察とテレビ局・ラジオ局、メディアが行った。疑いは「抗議の投書を故意に送り続けた」。TBSのニュース五味氏で「故意犯が変わりました」と放送した。簡単に言えば「警察が出てきたら逃げた」というものである。

 テレビの放送を見て、故意に名誉を傷つけたというなら、抗議の投書に対して、久米楠田が何らかの対応を取らなければ、故意にはならない。逆に、逸見や田丸が「投書を送れ」とやり、久米楠田が話題になるために投書を送らす。これでなぜ故意になるのか。

 ところが、これらの事実関係を彼らは警察に証言していない。なぜなら、私に罪を着せるためにそうしている。もともと「おしゃれ事件」そのものが呼びかけでしている。つまり、テレビ表現を理解して当たり前だ。ところが警察は、テレビ表現が理解できれば、故意になると判断し、私を盗聴しているものを、いわゆるウルトラボイスを、番組の中で言い返すことにした。それを理解できれば「故意性」を証明できるという訳だ。

 そしてこれらに抗議してくれば、逮捕すればいい。故意性を証明できるのだから。一見警察は上手いことを考えたと思ったことだろう。さすがだと。ところがテレビ側が、投書を送らせていたということで、逆の構図が出た。また、超音波盗聴機を使用して、ウルトラボイスを言い返しても、久米楠田、投書を送れの表現と一致するので、私が理解しても何の不思議もない。またこれらが公共の利害に該当すると、最高裁で判断されている。

 にもかかわらず、警察は、ごく普通に放送をしている小泉正昭や俵孝太郎、FENに、故意に表現するように迫った。つまりでっち上げである。また、テレビ東京は表現をとろうとしても、全くできなかった。つまり、これらの警察が考えた「故意性」は、テレビ側の問題であり、私とは何の関係もない。表現してくれなどとは言ってもいない。これらは吉村真理に関することと理解されているかもしれないが、実際は逸見政孝の「投書を送れ」である。このサイトは「故意性」を否定してもいる。つまり、罪がないことをサイトで証明している。

 また同様の手法で現実の捏造もした。ウルトラボイスを他の人に聞かせた。これらを使用し、私を犯人に仕立て上げた。これら警察やテレビ局・ラジオ局、メディアなどが一体となって、情報を統制し、犯罪者にでっち上げる方法は、他の人でも使用されている恐れがある。中野5人殺傷事件の村田等君は裁判を求めるべきだった。栃木県今市市の有希ちゃん殺害事件での勝又君は、逮捕時の客観的証拠、有希ちゃんに関する映像が、裁判時にはなぜ言及されていないのか?自白は信用できると報道されても、逮捕後の証拠を有罪判決に使用するのは、違法だ。手紙は警察が有罪に持ち込むのに、使用する手法のひとつだ。

 このように警察が犯人に仕立て上げる方法について十二分に知っていただきたい。他人事ではありません。彼等は「日本テレビおしゃれ事件」が事実であることを知られないために、「私が嘘を言っている」と平気で嘘を言っている。これは現職の証言である。このように社会構造上、警察とメディアで、社会的な弱者を犯罪者にでっち上げるシステムが厳然と存在する。違法行為をしてでも、必ず権力者が勝つようになっている。

超音波盗聴された家。超音波音を送ってきた家から、逆に見たもの。



中国の言論統制。それでも情報は外に出る。一方完璧に隠ぺいできる日本方式!!

 私はすべての日常生活を監視されています。もちろんEメールも電話も手紙も。どなたか、私のこのサイトの存在と警察やメディアの犯罪を、国連、CNN,ABC,その他の人権機関に通報してください。
 私は38年ほど、久米・楠田及び民放などを告訴しようにも、妨害されています。弁護士さえ見つけられません。裁判をすれば、私が勝てるのに、弁護士はお金になるのに受けません。なぜ受けないのか、皆さん不思議がります。弁護士に受任しないように圧力をかけているようだ。日本の警察やメディアは現実さえ捏造します。よろしくお願いします。
 日本は全体主義国家です。そのため、メディアや警察にとって都合の悪い情報は、隠蔽します。それは共産主義社会と同じです。しかし、中国でもこうはしないのではないかと私は思います。(’19年11月4日)

 Thank you for Visiting my website.
 I am under observation my daily life.Even,E-mail,phone and letters.Anyone,please report this website to the UN,CNN,ABC and human rights organizations.Any counselers don't hold a brief for me,even make money.everyone wonder about it.The mass media and the police in japan are as one.They frequently invent reality.I've been framed.

 My mother began to take two kidney medicines with other's on and after March 30 in 2018.After one month,she went to The Tokyo West Tokushukai Hospital in Akishima city in Tokyo.Just after ,the doctor in charge didn't take two kidney medicines.The doctor gave only Morning medicines to her.And My mother was injected with excessive digoxin and was killed with congestive heart failure on bed. Several doctors seem to have imitated the continuous murder case in the United States. However, the police will not investigate. Many things are concealed in Japan.Save me!
 
 I have been fighting Japanese police and Media for about 40 years.They are illegal.I know that Japan is a totalitarian state.So they hide all bad information for them.It is the same as a communist society.For television and police,the viewer is just a slave.Japan is an information control monitoring society.

 You have been deceived. So you can seek apology and accountability from Japanese TV stations and police.

日本テレビおしゃれ事件・名誉棄損罪限定と超音波盗聴・テレビ側の世論操作との戦い

  • プロフィールみつめ和紀:「おしゃれ」事件への抗議で名誉毀損で訴えられる。罪にならない。速攻で超音波盗聴される。 行動的実存主義者。全体主義、覇権主義、官僚主義に反対します。民主主義の発芽を求める。
  • 初めに:テレビ出演者が放送を悪用して、性的関係の表現をするとは、誰も考えないだろう
  • 日本テレビおしゃれ事件:楠田枝里子の結婚への呼びかけ、久米の脅し、そして性的関係合意と枕営業。
  • 抗議文・警察に訴えられるまで:ニュースキャスターが放送を使い、抗議文を再投させ、警察を呼ぶ。 速攻で超音波盗聴機を自宅及び周辺に向けられる。盗聴で得られた情報で捜査を進める。
  • 名誉棄損罪限定:日本テレビおしゃれ事件への抗議文は、公共の利害に該当するケースとして私に罪がない 。この時すでに、私には超音波盗聴機が向けられていた。罪がない。つまり、罪にならなければ犯人ではない。
  • 超音波盗聴:3月から盗聴されていたが、8月からは盗聴を私に教え、人体実験の「マルタ」として、情報操作・捜査で犯人に仕立て上げるために、人権侵害行為を次々に行う。テレビを通じて嘲笑、侮蔑し、テレビ側が責任を問われないようにした。それは今も続いている。テレビ局ラジオ局が犯人にでっち上げる操作・捜査を共同でする。なぜなら、「日本テレビおしゃれ事件」によって、テレビ局・ラジオ局が責任を問われるから、責任を転嫁する目的。
  • 超音波:超音波とは、人間の耳には聴こえない音。超音波は、私たちの生活を豊かにするだけだろうか?
  • 人権:超音波盗聴によってなぜ人権侵害がおこったのか?視聴者・国民の奴隷化と家畜化。テレビ局らの責任の転嫁と情報操作・捜査。もちろん、この情報操作は違法。おしゃれ事件の情報が表に出ないようにしている。
  • 名誉棄損名誉棄損の具体例を知ることによって、名誉棄損罪とはどのような法律なのか、見えてくる。
  • みつめメモ当サイトと関係のある、様々なことのメモ。 これからのサイトの発展方向も見える。
  • 読書録自在な読書。気になる本。話題の本。何度も読みたい本。祈るように読みたい本。


日本テレビおしゃれ事件、超音波盗聴放送など放送法第4条に抵触

日本テレビおしゃれ事件という放送事故の責任を、なぜ視聴者が取らなければならないのか

超音波盗聴の決定的証拠:府中駅夜での刑事1名と翌日の大國魂神社での刑事2名の盗聴で得られた情報での行動確認。(つけた指紋から、速攻で超音波盗聴機が出ている)。

超音波盗聴音が送られてきた方向を見ると、超音波盗聴に写真有

超音波盗聴された自宅周辺手書き地図・超音波盗聴ゼロポイント

   はてなブックマークに追加 番組情報久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれ事件。Nippon Television Osyare Sex Scandal,超音波盗聴の人権侵害・言論弾圧。 

嘘をつき、国民を騙し続けるメディアや警察。責任を転嫁するために、犯罪者に仕立て上げ。

 メディアや警察が、私が「嘘を書いている」などと言うなら、説明を求めればいいです。名誉棄損罪限定が「嘘」だというなら、説明していただきたい。「月刊ペン」が、なぜ差し戻しをされたのか、説明していただきたい。当時の新聞は、私のサイトにありますので、説明できるでしょう。
 そもそも、なぜ警察が言論の自由に介入しているのか!メディアはなぜ介入させているのか!ましてニュースキャスターが、言論の自由を弾圧するなどというのを、どう説明できるのか!

久米宏…、懐かし映像がモザイク処理される謎2019.10.16 zakzak:夕刊フジ公式サイト

『歌のゴールデンヒット』で、昭和の大人気歌番組『ザ・ベストテン』の貴重映像も多数放送された。しかし、アルフィーがファンの家の前で歌う際、ワイプで初代男性司会者の久米宏、黒柳徹子らしき2人の姿が映ったものの、モザイクが掛かっていた。どうしてなのか。 「過去の例からして、徹子さんが『ザ・ベストテン』の映像にNGを出すことは考えづらいのですが、久米さんの事務所が肖像権に厳しいんです。他の番組では、基本的に昔の映像にOKを出すことはほぼない。『ザ・ベストテン』出演映像をまとめたチェッカーズのDVDが発売されていますが、久米さんは声が入っているのに顔は一切出てきません。同じ『ザ・ベストテン』の山口百恵や中森明菜のDVDには久米さんが映っています。こちらの方が例外なんでしょうけど、これだとチェッカーズのファンは納得しないでしょう。黒柳さんの姿はちゃんと出てきます」 テレビやDVDで過去の映像を使用する場合、事務所に許可を取る必要がある。

(注)これは、はっきり言っておきます。これら久米宏に関する映像が放送された年月日を、調べてみてください。「日本テレビおしゃれ事件」や「超音波盗聴」に関わる表現があります。「おかしな表現だ」とすぐに分かります。それでモザイクをかけています。他のものには久米宏は映っていますし、久米宏は現在金銭的にも苦しいと聞きます。
 つまり、当サイトが発信している事実関係が、映像で出るとテレビ側が困ります。これはこれからも続くでしょう。肖像権ではありません。当サイトについて、警察などが「嘘を書いている」などと、事実と違うことを言われていますが、これらは隠ぺい・情報操作でしかありません。他の番組でも、他の人の昔の映像はしょっちゅう出ますよ。

 日本テレビの女子アナ楠田枝里子(Eriko Kusuta)が、「30近くになりますから、選んでいられませんよぉ」と、

Eriko Kusutaがテレビの放送を使い、結婚の呼びかけをした。それに久米宏がみだらな性的関係を例に強要。楠田の拒絶と再度のテレビを使った呼びかけに、激しく脅す久米宏。そして性的関係。関係合意の後、再び楠田は呼びかけ、久米宏も満足する。これらの表現は強姦(強制性交等)(rape)と枕営業にもなり、事件化。視聴者を緊急に守るために、それらに私が投書で抗議。それに逸見・田丸らがもっと投書を送れと実況LIVEリンク。やがて民放と警察の捜査で犯人にでっち上げられ、超音波盗聴機(ultrasonic tapping machine)を使って、人体実験(experiment on human beings)に拷問(torture)・虐待(abuse)、マインドコントロール(mind control)に情報操作(manipulation of information)に隠ぺい(cover-up)。超音波盗聴で「爆笑してます」とラジオで言う通り、全てが悪ふざけのように行われた。これほどまでに視聴者をバカにしている。

 おしゃれ事件の発端となった、楠田の結婚への呼びかけは、番組の趣旨とも進行とも何ら関係がない。そうするなと久米宏に脅されている。楠田のそれらは、個人的なことで、客観性がなく放送以前の問題である。テレビの放送を私物化して直接的に視聴者に呼びかけることは、常軌を逸している。しかし、それらのテレビ表現のやり方は、逸見・田丸らによって、警察の捜査によって、次々と踏襲された。警察も超音波盗聴機を使い、私のプライバシーを使い、テレビやラジオ側にやらせた。

 それらはすべて、私を犯人にでっち上げるための捏造でもある。名誉棄損罪限定によって、おしゃれ事件は、公共の利害に該当すると判断された。日本テレビおしゃれ事件は放送事故である。その問題の責任をなぜ視聴者が取らなければならないのか。超音波盗聴機は捜査の初期から出ている。おしゃれ事件そのものによって、逸見や田丸がLIVEで投書を送れとやり、超音波盗聴もLIVEにした。これはタレントが自分を売るためにすることに、警察は言論介入し加担したものである。全てはおしゃれ事件によっている。

超音波盗聴の事実関係

 またこうも言えます。警察が私に近い人に事情を聞き、私が何も罪がないことを知っています。そして抗議の投書は、最初の4通以外は、テレビ側が送らせたものであるということを知っています。私は捜査課長に電話で聞きました。「罪を着せられてしまうのですか」すると「そういうことになりますね」と捜査課長は言いました。ごらんのように、テレビ側の罪を認識していながら、それを私に着せ、でっち上げ、状況を収めようとしたのです。そのための超音波盗聴でもあります。つまりそれらで世論操作をし、言論を操作しているのです。今でも。

超音波盗聴機とは、超音波で空中をまっすぐに進み、家の中にいる対象者の生活音、あるいはウルトラボイスを盗聴します。警察が所有しているが、使用すると違法行為となる

  1. 人間の耳に聞こえないような高い音・低い音を超音波という。盗聴機は高い音を使用する。
  2. 超音波の高い音は、空中をまっすぐに進み、音そのものの性質ではねかえる。出力とも関係。
  3. 超音波盗聴機は、対象者の生活音・ウルトラボイスなどを、家の中に侵入して盗む。
  4. 発声するということは、声を出すことである。「声」は、人間の耳にも聞こえない音も出している。いわゆる超音波音(声)・これがウルトラボイス。
  5. ウルトラボイス(超音波声)は、人間の場合考えている時に発生している。動物も同じ。
  6. ウルトラボイスは声を出している時と同じ音で聞こえる。ただし超音波音としてしか存在しないので、普通には人間の耳では聞こえない。聴診器を使用しても聞こえない。
  7. 発声している時は、声とウルトラボイスが同時に存在する。考えている時は、ウルトラボイスだけ存在。
  8. 発声しているときの「声」と、考えている時の「ウルトラボイス」は、ほとんど区別がつかない。
  9. 私の「ウルトラボイス」を聞かされて、警察にだまされた人は、それらの区別がつかなかった。なぜなら、「ウルトラボイス」の存在を知らないからである。
  10. 「ウルトラボイス」と「声」との区別は、ウルトラボイスの方が、速度が速い。思考だからである。 
  11. いちばん最初にウルトラボイスをとられたのは私。私の父・母。他にはアメリカ同時多発テロにおいて、拘束され、生存していたテロリストのウルトラボイスをとり、ビンラディンが首謀者と特定し、EUなどの首脳に聞かせた。アメリカは、これらの特定事実を公開していない。

久米宏からの抗議メール

以前このサイトを立ち上げたばかりの頃、つまり2000年の頃です。久米宏から当サイトに抗議のメールを頂いたことがある。メールのアドレスがkumehirosiとなっていたので、少しびっくりしたが、偽物かもしれないと思い、相手にしなかった。偽メールでは政治家で死んだ人がいますよね。少なくとも言論機関に関わっているのだから、言論で勝負したらと、私は言いたいのだ。サイトを消すわけないです。ちなみに文句は「私(久米宏)に関する情報を直ちに削除しなさい」という命令的なメールでした。

日本テレビおしゃれ事件は、視聴者に呼びかけ、話題づくり・売名行為として放送されたものです。

 関係合意を考えると枕営業・売春にもなります。それらを視聴者に知ってもらうためにしています。また久米宏・楠田枝里子らは、自らの下半身の不祥事に、警察の違法捜査を使って対応しています。他の有名人が自己責任で行うことを、彼らは税金を使ってやっています。自分たちの責任を転嫁するために私をスケープゴートとし、超音波盗聴機を使い、強迫・暴行。人権侵害。マインドコントロール。警察は警察で職権乱用行為をしているので、必死に隠蔽。こんなことをしている人たちが世界中のどこにいますか!

 日本テレビおしゃれ事件は私の抗議文によって、公共の利害に該当することと判断されました。それで違法捜査を使って人権侵害し、弾圧しています。そういう経緯がありますので、当サイトの真似はおやめ下さい。法律に問われます。当サイトは名誉毀損罪適用範囲限定(公共の利害に関する場合の特例)をしております。

 したがって、久米宏(Hirosi Kume)や楠田枝里子(Eriko Kusuta)は、「一事不再理」によって、私をもう訴えることはできません。そのために、日本テレビおしゃれ事件が、あたかもなかったかのような言論をし、フェイク情報を連発しています。

 このサイトが立ち上がったのをいちばん喜んでいたのが、楠田枝里子です。最悪の女です。なぜだか分かりますか?私の抗議文では、楠田枝里子は「性的関係を強要され、脅され、それを拒絶し、その後関係を持っています」と書いています。久米宏を楠田枝里子が訴えなければ、事後関係合意だろうと判断しました。事実売っているのですから。

 ところが楠田枝里子は、私の抗議文を利用し、久米宏との関係を認めた上で、自身は被害者であるという立場に立ち、抗議文などの事実関係に関わっているのです。それで人気が出たと、ウェブページなどに書いています。両者の自作自演なのです。しかし、楠田は被害者の立場に立ち、報道をさせないようにしたものでもあるでしょう。

 楠田枝里子は、当サイトが開設されたことを喜んでいるのです。名誉棄損をしているというなら、名誉棄損されたという感情がないのに、なぜ警察に訴えているのか?実際歓迎しているではないですか!!警察が私をたずねてきたことは、第三者からも聞いていますよ。

百寿の夢の目前99歳で殺害された母。警察本部の指示で捜査はしないと昭島署。

東京西徳洲会病院では「誤嚥性の肺炎」。解剖すると「うっ血性心不全」で死亡。

 私と母の100歳の夢。その目前で私の母は99歳で、病院で殺されました。病院の死亡診断書は「誤嚥性の肺炎」。ところが解剖すると「うっ血性心不全」。左の肺に350、右の肺には400mlの胸水。1人の人間が死んで2通りの死に方はあるのか?

 ’19年5月4日担当医が「誤嚥性の肺炎です」と母親のベッドの足元で騒いだ。母を指さし、「今にも死ぬ」。私を指さし「今夜にも電話が行きますよ」(暴行罪)。ところが、カルテを開けると、11:30分SPO2(酸素量)99%。13:30分SPO298%。5日1:31分SPO299%。そもそも肺炎になってない。5日の白血球数は正常。4日からジコキシンを私に内密で注射し始めた。カルテではジコキシンを「試してみよう」と記載している。また、「肺炎疑い」は、入院6日後には治っていて、スタッフが退院の話をしている。カルテで確認。

 脳梗塞で障害が出た老いた母は、厄介者のように虐待され、殺人ゲームのように殺された。私に内密でジコキシンを過剰に打たれた。母は(20,30)の徐脈になり、3日後には0になりました。その翌日は私が顔や体を叩いても反応がありませんでした。母はジコキシン中毒の1週間後に死亡しました。ジコキシン中毒後に転院を求めましたが、拒否されました(逮捕監禁罪)。

 持参薬の腎の薬を抜かれ、昼と夕の薬は、入院日数の半分しか飲ませてもらえませんでした。それで死ぬことはなかったのですが、「うっ血性の心不全」で亡くなりました。肺に水が溜まっているのに腎の薬(ラシックス)を飲ませなかった。ところが死亡する直前にラシックス1錠を体に入れている。つまり、これで「うっ血性心不全」の薬も飲ませていますよ、というメッセージを解剖医に送っている。これで解剖をすり抜ける。カルテも捏造されていてすり抜ける。病院は説明も拒否。弁護士に受任してもらったが、病院は弁護士を抱き込んで隠蔽する。このような殺人が堂々と行われた。母だけがこうされたのではないと思う。アメリカではジコキシンの連続殺人もある。

 看取りをした医師の免許証のコピーは、不自然なものです。それを確実に確認はできていません。警察は動きません。医師免許証での医師資格も確認していません。

 「物証があります」と私が言うと、警察は「いいですいいです」と、確認もしない。カルテが事実と違うことも確認しない。「おしゃれ事件」の方の警察からか?警視庁本部からの指示で捜査をしない。確認。「おしゃれ事件」で警察が「嘘」を言っているので、それらが事件を起こしたのではないかという虞を部分的に確認。それで圧力?!病院の関係者が通報してもおかしくない。従っている人たちがいる。

 母親の問題についても、「公共性」「公益性」「真実性」が厳然と存在します。警察やメディアは殺人医者を隠匿するのでしょうかね。信じられませんが、すでに2年以上の、その他の患者のカルテがなくなっている可能性がありますが、これは犯罪だと思いますよ。状況を悪用するなど、「日本テレビおしゃれ事件」と構造的には酷似しています。

 ひどい国に生まれたものだ。さあ、今夜も泣いて寝よう…

伊藤詩織氏名誉棄損で提訴!私の場合のように弁護士にまで妨害行為が入ってはいないらしい

伊藤詩織氏、杉田水脈衆院議員を提訴 中傷ツイートに繰り返し「いいね」2020年8月20日

 2020年8月20日 ツイッターで自分を中傷するツイートに繰り返し「いいね」を押されたことで名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏(31)が20日、自民党の杉田水脈衆議院議員(53)に220万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

 SNS上での中傷が社会問題になるなかで、ツイッターでの「いいね」に法的責任を問えるかが焦点になる。訴状によると、国会議員であり、当時11万人のフォロワー(読者)を持ち、 言論に影響力を持つ杉田氏が伊藤氏を中傷するコメントに繰り返し「いいね」を押したことは「限度を超えた名誉侵害にあたる」と主張している。

 また、伊藤氏は20日、名誉を傷つけるツイートを投稿したとして元東大特任准教授の大澤昇平氏に対しても110万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

(伊藤氏を中傷・非難したりする人は、なぜそうするのか私には分かりません。ひとつには、強姦したという男性が元TBS記者。つまり、構図は私と似ています。「いいね」なども限度を超えて、多くすれば社会的評価を下げることができる。名誉を傷つける目的以外何もないですから、名誉棄損が認められると思います)

アメリカの雑誌「TIME」は2020年9月23日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」に伊藤詩織氏を選出しました。

心の傷・PTSD

 ぼくの心の傷を癒してくれたのは、あなたです。ホームページを訪ねてくれて、本当にうれしく思います。初め、あなたの励ましの言葉を頂いても、心は凍りついていました。でも、最近ときどき、ふと思うときがあります。ぼくを理解してくれる人がいるということを…。まだ、頬に笑みは浮かびませんが、あなたの眼差しに支えられています。(2000年6月6日(火))
 

NEWS新着情報

2000年3月1日
当ウエブサイトページは開設されました。
2019年5月25日
サイトのリニューアルを実施。
2020年10月27日
更新しました。    
 おかしいぞ日本のマスコミ”></td>
          <td height=  テレビ局崩壊  テレビ新聞陥落  テレビが日本を台無しにする
 2004.8.4  2007.6.2 20091.31  2014.2.28
 苦悩するテレビに明日はあるか  2018.2.10    共謀罪NO
       共謀罪は嫌だ  
 
さらばテレビ
 堕ちたテレビ
 さよならテレビ  若者離れでもはやシニアの娯楽!?
「女子アナ終了」のお知らせ
何年たっても「若手」!
芸人の「ひな壇地獄」
さよならテレビ
栄華と先細りの30年
(週刊女性:’19年3月26日号)                  
2011.8月19/26 週刊ポスト

メール DQK07576@nifty.com

Nippon Television Oshare Sex Scandal accuser・Mitume Kazuki

カウンター