Sidenavi

やさしい日本語

楠田枝里子profile
久米宏profile
逸見政孝
名誉棄損限定とは
超音波盗聴されな
隠蔽
テレビ殺人事件
警察問題の
でっち上げと自白
司法関係の
令状主義

EdwardSnowden
特定秘密保護法
テレビ事件簿
憲法を読む
話題本

不眠症
北朝鮮拉致問題
超音波盗聴資料
2ちゃんねるデマ
気づいたこと記録

MSPAINT
リンク集
サイトマップ
かきくけ掲示板
ブログ

HOME・日本テレビおしゃれ事件への抗議に違法捜査(超音波盗聴・人体実験・マインドコントロール)

えらんでられませんよぉ。それなら俺とセックスしろ!

日本テレビの売れない女子アナ楠田枝里子が、日本テレビで話題づくり・売名行為として「選んでいられませんよ」と、視聴者に呼びかけた。それに久米宏が性的関係を強要。楠田の拒絶に合意。関係合意は枕営業にもなり、事件化。視聴者を緊急に守るために、それらに私が投書で抗議。それに逸見・田丸らがもっと投書を送れと実況LIVEリンク。やがて民放と警察の捜査で犯人にでっち上げられ、超音波盗聴を使って、人体実験(experiment on human beings)に拷問(torture)・虐待(abuse)、マインドコントロール(mind control)に情報操作(manipulation of information)に隠ぺい(cover-up)。超音波盗聴で「爆笑してます」とラジオで言う通り、全てが悪ふざけのように張り合って行われた。これほどまでに視聴者をバカにしている。またこれらの表現は久米宏自身が問題であると認識することによって問題となったものです。

楠田の「分かってしまう(知ってほしい)」という表現は、おしゃれ事件によって既に批判されている。そういう表現をするなと久米宏に楠田枝里子は脅されている。個人的なことでも楠田のそれは、客観性がなく放送以前の問題である。テレビの放送を悪用して直接的に視聴者に呼びかけることは、常軌を逸している。後に、それらは逸見・田丸らによって同じようにやられた。警察も超音波盗聴機を使い、テレビやラジオ側にやらせた。これらはすべて、私を犯人にでっち上げるための、捏造表現でもある。名誉棄損罪限定によって、公共の利害に該当すると判断され、問題であるということである。だがテレビやラジオ側は全てを無視した。メディアや警察行政はなぜ司法の判断に従わないのか。

おしゃれ事件の発端となった、楠田枝里子の呼びかけ表現は、放送以前の問題だ。番組の趣旨とも進行とも何ら関係がない。これらが次々と踏襲された。逸見・田丸もそう。超音波表現もそう。番組と全く関係ない。但し超音波盗聴表現は、逸見ら民放のでっち上げ表現と一致する。日本テレビおしゃれ事件は放送事故である。その問題の責任をなぜ視聴者が取らなければならないのか。女子アナやタレントが自分を売るためにすることに警察は言論介入し加担するのか。楠田枝里子は視聴者を巻き込んですることを、終始止めようとしなかった。

 欧米流の個人主義を誤って解釈した利己主義がまん延でもしているのだろうか。個人主義とは全体主義の対義語で、権力や権威に対して個人の尊厳や自由を守る考え方だ。「自分さえよければいい」という利己主義とは違う。(’17年5月5日、ドナルド・キーンの東京下町日記より)

プロフィール:日本テレビおしゃれ事件で名誉毀損罪限定。のち超音波盗聴され、人権侵害、弾圧される

みつめ和紀。男性。1949年生まれ。1980年、日本テレビおしゃれ事件を見るわけでもなく知る。抗議文を送り、名誉毀損罪限定。罪にならない。その後超音波盗聴され、メディアや警察のテロ行為と戦っている。世のため人のため世界のために、がんばろう!!

初めに:テレビの放送を悪用して、性的関係を持つとは、誰も考えないだろう

三猿

メディアや警察の人権侵害(violations of human rights)・言論弾圧・人体実験・マインドコントロールなどのテロ行為に抵抗し、ネット上で情報公開。信じられないことは起こる。日本テレビおしゃれ事件は、放送を悪用することから始まった。私たちは、この日本の虚妄の情報化(メディア)社会のなかで、自らの真実、事実に根ざして、どのように生きていけばいいのだろう。「見猿聞か猿言わ猿」のように生きられるのだろうか。

日本テレビおしゃれ事件:久米宏、楠田枝里子のタレント活動としての性的関係。話題づくりとしての劇場型犯罪

日本テレビ「おしゃれ」事件は、久米宏と楠田枝里子が故意に放送を悪用しての、公的生活(アナ・タレント活動)としての性的(肉体)関係(sexual[physical]relations)。本番を悪用し、放送目的でやったもの。テレビの裏側で普通に性的関係になることができなかった。放送そのものが久米・楠田の性的関係の決定的証拠。ここではそれを知った、全く関係のない第三者が犯人に仕立てられる。 現おしゃれイズム。

抗議文・警察に訴えられるまで:過去の事件を今のニュース放送にリンクし、抗議文を再投させ、警察を呼ぶ

警察権力を後ろ盾にしなければ、「日本テレビおしゃれ」事件など起きなかった。訴えられたら100%有罪のなかで、公共の利害に該当するケースとして、抗議文は書かれた。楠田枝里子のテレビからの呼びかけ(話題作り・売名行為)に対し、どう抗議文は書かれたのか?逸見政孝や田丸美寿々は、なぜ抗議文を再投させたのか。スケープゴートに仕立て上げた策謀。過去の事件が今の放送にリンクされた。警察はきた。

名誉棄損罪限定:日本テレビおしゃれ事件への抗議文は、公共の利害に該当するケースとして罪がない

抗議文を再投させた逸見と田丸は、抗議文を私が主動して送ったようにでっち上げた。それらを私が指摘すると、警察はそれを私の問題にした。私を犯人にでっち上げるために、日本テレビの報道も私を騙した。そのなかで、私の抗議文は、公共の利害に該当するケースとして、名誉毀損罪(defamation)を限定した。しかし…

超音波盗聴:おしゃれ事件も警察の動きもテレビ放送で分かる。ならば超音波盗聴表現も分かるだろう

元官房・内閣安全保障室長・佐々淳行氏が、ペルー日本大使館人質事件において、’97年初めて公に言及した超音波盗聴機(ultrasonic tapping machine)。過去の放送事件を今の放送にリンクした放送側は、この機械で盗聴し、その音をテレビ・ラジオ側に送り、私のプライバシーを言い返してくる。それらの表現を、私が分かるからと、爆笑するテレビ・ラジオ局。警察がやっているからと、違法捜査(illegal investigation)を告発するどころか、悪乗りするタレントや民放アナウンサー、NHK。情報操作に言論弾圧、人体実験にマインドコントロール。スケープゴート(scapegoat)にされた私に益々大きな問題が次々と…。

超音波:超音波とは、人間の耳には聴こえない音。超音波は、私たちの生活を豊かにするだけだろうか?

では超音波盗聴機の超音波とは何か?象や鯨、イルカやコウモリなど、超音波を使って豊かに暮らしています。私たちの生活では魚群探知器、超音波診断装置などに利用されています。当サイトでは、超音波の聴音技術を扱っています。超音波を発射し、反射してきた音に含まれている情報を分析し、対象物を知ろうとするものです。超音波盗聴機は、ペルー日本大使館人質事件において、元官房・内閣安全保障室長佐々淳行氏によってNHKテレビで公に発言されました。

人権:超音波盗聴によってなぜ人権侵害がおこったのか?視聴者・国民の奴隷化と家畜化。実存とは…

表向き超音波盗聴機は現行犯逮捕時以外、他の事件の捜査で使用されたことがない。警察は秩序を乱す人間を制圧する目的を持つ。その秩序を乱したのは民放であり警察だ。ここに重大な欠陥が存在する。私への超音波盗聴は言論弾圧・人権弾圧・情報操作・人体実験・マインドコントロールを目的としてやられた。「おしゃれ」事件を隠蔽し闇に葬り、私をスケープゴートに仕立て上げるためのテロ。情報を発信する私を気違い・基地外とネットに書き込む警察や民放。これらの考え方は統一され、国民を奴隷化・家畜化(TV slave)するもの。これが警察や第四権力といわれるメディアの意志である。私たちはメディア社会をどのように生き抜き、行動しなければならないのだろうか。その自己喪失と回復への全て。

名誉棄損

名誉棄損の具体例を知ることによって、名誉棄損罪とはどのような法律なのか、見えてくる。

みつめメモ

当サイトと関係のある、様々なことのメモ。 これからのサイトの発展方向も見える。

読書録

自在な読書。気になる本。話題の本。何度も読みたい本。祈るように読みたい本。




日本テレビおしゃれ事件という放送事故の責任を、なぜ視聴者が取らなければならないのか


警察の府中駅北口と大國魂神社での行動は、私の狭い範囲での詳細な行動予定を事前に知らなければできない。いわゆる待ち伏せをしている。とすると超音波盗聴機は、捜査の初期の段階で出てきている。これはメディアと警察が一体となっていることが証明できる。また日本テレビ=読売新聞(御用新聞)=官邸と結ばれていることは誰でも知っている。なぜ他の事件で使われていないとすると、「おしゃれ事件」そのものによるということになるだろう。


なぜ警察は私に超音波盗聴という、こんなひどいことをしたのだろう。よく考えると、久米楠田がテレビの放送に自分たちのプライベートの性的関係を持ち出したことによる。それらを主婦層の視聴者を守るために抗議した私に、これが久米楠田が問題だというなら、私のプライバシーを彼らがしたと同じように放送に持ち出した。これが警察の捜査のやり方の特徴を踏んでいる。


「おしゃれ事件」をネットでやると=パソコン遠隔操作事件・片山被告に懲役8年(’15年2月4日)

  •  東京地裁大野勝則裁判長は、「被告は国家権力に対する個人的な恨みから、無実の人を誤認逮捕させることで、捜査機関を出し抜こうと考えた。無関係な第三者の人生への影響を顧みない、自己中心的な犯行、全く酌むべき点はない」「保釈中にも真犯人を名乗る自作自演のメールを送るなど、サイバー犯罪の中でも悪質だ」と指摘した。

    ㊟日本テレビおしゃれ事件の久米宏・楠田枝里子の性的関係と、片山被告の犯罪行為が重なる。「無関係な第三者の人生への影響を顧みない」といえば、誰が犯人にされるか分からない。テレビを悪用し、無関係な視聴者に犯罪を指摘されれば、警察を使って弾圧・隠ぺいすればいい。そしてテレビを使い遠隔操作し、抗議文の投書を送らせ、自作自演。警察が出てきても、なおも超音波盗聴でテレビを悪用し遠隔操作・捜査。人体実験にマインドコントロール。

     片山被告と変わらない、世の中の法の下での不平等と腐敗権力の恐ろしさ!!同じようなことをしても、一般人は逮捕するが、権力側の人間は大儲け!!

仙台市いじめ問題

  •  ’17年4月26日、仙台市の中学2年生の男子生徒が休み時間に学校を出て、自宅近くのマンションから飛び降りて死亡しました。

     3日後に記者会見を開いた市の教育委員会は、去年学校などが行ったアンケートに、男子生徒が「悪口を言われる」などと答えていましたが、その後解決したと判断。校長は「すぐ教員が双方に話を聞き指導している。その後は解消している。仲良くしている」(4月29日)としていました。しかしその二日後に市の教育委員会は「いじめがあったと捉え方できる。そこはいじめを否定しない」。

     さらにその日の夜の保護者会では、男子生徒が今年2月に学校内で他の生徒の足に引っかかって転び、手を骨折したことが明らかに、また教育委員会の取材で、男子生徒が去年担任に対し「同級生からズボンを下ろされ、冷やかされた」と訴えていたことも分かりました。

     文部科学省のガイドラインでは、”多くの生徒の前で、ズボンと下着脱がされ裸に”されたという事例は、生徒の心身に重大な被害生じるいじめの重大事態”とされています。今後、いじめと自殺に関係あったか、調査しています。(’17年5月3日NHKニュース9) 

     男子生徒は”机に死ね”と書かれたり”頬を叩かれたり”「他の中学校に行け」とか「臭い」と悪口を言われ、”菌扱い”されていました。また消しゴムのかすを髪の毛に乗せられていたりしました。いじめに対して男子生徒が言い返すこともなく、トイレの前で1人で座っていました。自殺した当日は「朝は顔色が悪くてフラフラしていた」そうです。

     男子生徒の遺族は「入学当初から何度もいじめの事実を息子から聞いていたが、担任の教諭は一方的に息子の責任にし、学校はいじめを放置してきた」と訴えています。

    仙台いじめ体罰(’17年5月23日東京新聞から引用)

     保護者から通報があるまで、体罰を学校に報告しなかったことについて、男性教諭は、男子生徒が寝ていたので、起こそうとして頭部にげんこつをしたそうです。それは「寝ている生徒を起こそうとしたもので、管理職に報告するほどのことではない」と説明。

     授業中騒いだ男子生徒の口に粘着テープを貼った50代女性教諭は「体罰に当たるという認識はあったが、授業の妨げになる行為を注意するためだった」と話したという。

    ㊟授業中に寝ていたとか騒いだという記事を、そのまま読むべきではありません。授業中に寝ていれば非難の対象になるかもしれません。しかしそれもいじめで夜も寝ることができなかったのかもしれません。いじめを避けるためかもしれません。騒いだというのも抗議していたのかもしれません。なぜ教師や教育委員会はいじめはなかったと責任を転嫁し、自殺した人間が悪いようなことを言うのでしょう。全国的に!そうすれば責任を取らなくてすみます。「おしゃれ事件」の場合と同じです。

点滴異物混入横浜市大口病院大量殺人か?

  •  横浜市の終末期医療・大口病院で、何者かが点滴に消毒液を混入した疑いがあるとみられ、2人が死亡しました。八巻信雄さん(88)、西川惣藏さん(88)の体内から界面活性剤が検出されています。2人が死亡した病院の4階では、7月~9月20日で2人以外で入院患者46人が死亡しています。8月下旬には1日に5人が亡くなった日もありました。

     大口病院では「終末期の患者を多く受け入れているため、他に比べて死亡の患者が多い」と説明しています。病院には複数のトラブル「カルテ紛失事件」「飲み物に混入」「看護師のエプロンが切り裂かれたりした」という情報が市に寄せられていましたが、詳しい調査はしていませんでした。(9月29日NHK現在)

    ㊟事件の性格から、犯人を逮捕することは不可能と思えます。病院には防犯カメラはなく、点滴に指紋があったとしても、犯人とは言えません。誰が混入させたかは、超音波盗聴機の使用がなければ不可能と思えます。また自白の強要は強く反対します。

千葉県松戸市女児遺棄 容疑者は保護者会会長!見守り役逮捕 衝撃

  •  千葉県我孫子市で、ベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9歳)の遺体が見つかった事件で14日、死体遺棄容疑で自称不動産賃貸業、渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)を県警が逮捕した。

     渋谷恭正はリンさんが通う小学校の保護者会長で、ほぼ毎朝、登校時の子供を見守っていた。しかし、リンさんが行方不明になった24日朝は、見守り活動に参加していなかった。その日の夜には、渋谷容疑者の軽自動車は駐車場にはなく、住民らがリンさんを捜索した際も渋谷容疑者の姿はなかった。

     また、遺体発見現場付近の防犯カメラやランドセルなどが見つかった利根川付近を何度も行き来する様子が防犯カメラに映っていた。DNAも一致している。地域で積み重ねられてきた通学路の安全対策を揺るがす事態に、関係者は大きな衝撃を受けている。

    「まさかと思った。友人の母親たちもみんなショックを受けている。どう子供を守っていけばいいのでしょう」
    「善意を前提として成り立っている見守り活動を担う人が逮捕されたことはショックだ」

    ㊟リンちゃんをどう守っていけばいいのか?おしゃれ事件の場合と似る構図。公の活動の中での私的な犯罪。同じ性的な欲望を満たすことではあるが、人の陥穽を狙った犯罪。久米楠田の場合も「まさかテレビの放送を使ってやってはいないだろう」と。渋谷の場合も事件後見回り活動をし、募金の呼びかけもしている。おしゃれ事件と酷似している。私も考える。どうやって視聴者を守っていけばいいのだろう、と。

「愛媛県今治市の学校法人「加計学園」獣医学部の新設問題’17年5月25日NHKニュース7

  •  国家戦略特区に指定された愛媛県今治市で計画されている学校法人「加計学園」が運営する大学の獣医学部の新設を巡って、民主党が指摘している”総理の意向だ”などとされた記された文書の存在についてです。

     前文部科学省事務次官・前川喜平氏は、文書は文部科学省で作成されたと主張しました。
     「実際に在職中に共有していた文書でございますから、これは確実に存在していた。こういう発言を私がすることによって、非常に文部科学省のなかにも混乱が生じるであろうと思っています。その点については、私は大変申し訳ないと思いますが、しかし、あったものをなかったことにはできないと」。

     「もともと十分な根拠なく、規制緩和が行われてですね、本来赤信号のところを青信号だということを考えろと言われて、赤を青にさせられて、さらにその経緯について示すような文書についてはですね、これがなかったことにするというのは、黒を白にしろと言われているようなものですから」。

     また、特区制度の下で、今治市と「加計学園」が選考された経緯については、
     「結局押し切られてしまったということにつきましては、私自身が負わなければならない責任は大きいと思っています。極めて薄弱な根拠の下で規制緩和が行われたと、またそのことによって、公正・公平であるべき行政の在り方がゆがめられたと」。そして国会でも、一連の経緯について証言する意向を示しました。

     前川氏は、文部科学省の天下り問題の責任を取り、’17年1月事務次官を辞任しています。

     同時に前川氏は指摘(読売新聞)された出会い系バー通いについて、「女性に一定の小遣いを上げたりしてお話を聞いたことはある。女性の貧困についての、実地の視察調査という意味合いがあった」と弁明。これに対し菅官房長官は、「貧困問題のために出会い系バーに出入りし、且つ女性に小遣いを渡したということでありますが、さすがに強い違和感を覚えましたし、…)(「週刊新潮」からの引用を含む)。

    ㊟官房長官の菅氏は文書を「誰が書いたか分からない怪文書」と決めつけているが、前川喜平氏が信用できない人物であるかのように、意図して名誉を貶め棄損した。怪文書の存在と言いながら、個人攻撃と思えるプライバシーを侵害している。なりふり構わずにこのような発言をしたということは、前川氏が言うように文書は本物でしょう。

    「加計学園」に関する文書に、義家(ヤンキー先生)文科副大臣が処分示唆


     公益通報者保護法は、犯罪行為や刑罰につながる法令違反行為の事実について通報を行った場合を保護の対象と規定している。この仕組みが「そもそもおかしい」と浅岡美恵弁護士は指摘する。明確な犯罪行為でなくても「公益」に関わる通報であれば、保護する制度に改正すべきだという意見だ。(東京新聞’17年6月16日)

3歳女児虐待熱湯放置死事件

  •   埼玉県警は母親の藤本彩香容疑者(22才)と内縁の夫・大河原優樹容疑者(24才)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。羽月ちゃんの体には10か所を超える傷があり、自宅アパートの押し入れからは、ペットをつなぐリードのようなものと、それをくくりつける金具も発見されたという。 「死因はわからないが、日常的に虐待を受けていたようだ。充分な食事も与えられていなかった」 。

    ㊟どちらかは確定していないが、羽月ちゃんは浴室で顔に熱湯をかけられたらしい。その時羽月ちゃんは「ギャー」と叫んだそうだ。こういう叫び声も犯罪者には快感になるようだ。他者を暴力的に支配しているという喜び。これらのものは超音波盗聴でテレビ側などが感じていたものと同じだろう。

在キューバ外交官、謎の「症状」相次ぐ。音波攻撃か

  • 在キューバの米国とカナダの外交官やその家族に、耳が聞こえなくなるなど原因不明の症状が出ていることが分かった。FBIなどの捜査では、音波などを使った高性能な機器で攻撃された可能性があるという。米国務省は9日、対抗措置として5月に在米キューバ外交官2人を国外追放したと明らかにした。

     米国務省報道官は9日、「首都ハバナに住む数人の外交官に症状が出た」とだけ述べ、詳細は明らかにしなかった。症状が出たのは外交官5人前後とその配偶者。2016年秋ごろから、突然耳が聞こえなくなるなど原因不明の症状に悩まされ始めたという。中には頭痛や吐き気なども伴い症状が重い人もおり、一部の外交官は予定の人気を切り上げて帰国した。その後、FBIの捜査で攻撃の可能性が分かった。(朝日新聞デジタル’17年8月11日)

    ㊟対象者を絞った音波攻撃なら、指向性があり、超音波盗聴機と同じように直線的に発射されているものと思う。私や私の家族にも吐き気をもよおすという、不思議な症状がありました。

「日経が英国のフィナンシャル・タイムズを買収」についてForbesは

  •  「ここで重要なのは、一般に英語圏で言われるところの『自由な報道』が日本には存在しないことだ。日本のメディアは残酷なまでに国家主義的な官僚機構に制御されている。彼らが企業の不祥事を追求するとき、我々とは違う価値観で動く。むしろそれは、官僚の意思決定に基づき、個人や企業を見せしめにするものと認識されている。」(’15年7月25日)

 日本テレビおしゃれ事件は、視聴者に呼びかけ、話題づくり・売名行為として放送されたものです。関係合意を考えると枕営業・売春にもなります。それらを視聴者に知ってもらうためにしています。また久米宏・楠田枝里子らは、自らの下半身の不祥事に、警察の違法捜査を使って対応しています。他の有名人が自己責任で行うことを、彼らは税金を使ってやっています。自分たちの責任を転嫁するために私をスケープゴートとし、超音波盗聴機を使い、強迫・暴行。人権侵害。マインドコントロール。警察は警察で職権乱用行為をしているので、必死に隠蔽。こんなことをしている人たちが世界中のどこにいますか!

 日本テレビおしゃれ事件は私の抗議文によって、公共の利害に該当することと判断されました。それで違法捜査を使って人権侵害し、弾圧しています。そういう経緯がありますので、当サイトの真似はおやめ下さい。法律に問われます。当サイトは名誉毀損罪適用範囲限定(公共の利害に関する場合の特例)をしております。

このサイトが立ち上がったのをいちばん喜んでいたのが、楠田枝里子です。最悪の女です。

大宅壮一「ラジオテレビという最も進歩したマスコミ機関によって”一億総白痴化”運動が展開されていると言ってもよい。」


 昭和を代表する反骨のジャーナリスト大宅壮一(1900-1970)が所蔵していた雑誌(77万冊)をもとにつくられた「大宅壮一文庫」が、ネットなどの普及により利用者が激減し、存続の危機になっています。入館料は300円で、全ての蔵書を手に取って閲覧・コピーできます。

 大宅壮一「主義や思想など頭の上に乗せるものは何でも嫌いだ。つまらん本ほどいいんだ。ごみ溜めの中にあるようなものがいいんだな」。大宅壮一の時代を切る言論を支えたのが、政治から娯楽まで、さまざまなジャンルの雑誌だったのです。

 大宅壮一文庫理事長・大宅映子さんは、お父さんから受け継いだものは、「一つの情報一個をうのみにするじゃないぞ。縦横斜めから見ていろんな情報も集めて、それを自分で咀嚼(そしゃく)して自分の意思にしろ。綺麗ごとの世界じゃないところにうま味とか本物とがある」、ということだそうです。(’16年6月17日NHK)

従軍慰安婦問題では、1億国民が「精神的被害者」だから、検討される対朝日100万人訴訟(週刊新潮’14年9月11日号)


 私に対する情報操作・マインドコントロールは直接的だが、間接的には皆さん(他の視聴者)もやられている。ならば、当サイトにより対メディア1億人訴訟はあるのか!?

 超音波盗聴は犯罪の事実・真実を求めるものではない。一般に警察の活動は体制の維持・秩序回復であるが、「おしゃれ事件」においては逆のことをしている。犯罪者集団に加勢している。としたら当然何らかの見返りを受けているはずである。久米・楠田・民放においては金儲けである。そのために「おしゃれ事件」が、あたかもなかったかのような情報操作をしている。国民はみな巨大な詐欺の被害者である。

 久米宏・楠田枝里子が私が書いた投書において名誉棄損の被害をうけているというならば、なぜ両者は自由に使えるメディアで会見を使い、私を非難しないのか?投書を書いた人間は出てこいというなら、いつでも出ていくつもりでいた。それがなんだ、警察を使って隠蔽作業かよ、これがメディアに携わる人間のやり方かよ?メディアに携わる人間なら視聴率が上がるように努力するものだ。なぜやらない。裏社会ででっち上げなどしないで、なぜやらない。そう、久米宏の愛人問題がある。説明がつかない。他の例では個人に責任を取らせたのに、なぜ「おしゃれ事件」は個人に責任を取らせない?そう、日本テレビなどの管理責任があるから!

 業界に問題があるにもかかわらず個人に責任を負わせた事例に、古くは歌手・IAとボーカルグループがあります。性犯罪と考えられていますが、IAの母親は息子に責任を転嫁しているとして抗議していました。この2件については、両者とも歌手活動の絶頂期にあり、他者からの何らかの策謀もあったものとも考えられます。

  • 心の傷・PTSD


     ぼくの心の傷を癒してくれたのは、あなたです。ホームページを訪ねてくれて、本当にうれしく思います。初め、あなたの励ましの言葉を頂いても、心は凍りついていました。でも、最近ときどき、ふと思うときがあります。ぼくを理解してくれる人がいるということを…。まだ、頬に笑みは浮かびませんが、あなたの眼差しに支えられています。(2000年6月6日(火))

  • 主な外国からのアクセス先言語:英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語・ポルトガル語・イタリア語・韓国語・インドネシア語・トルコ語・スウェーデン語・ロシア語・アラビア語・アゼルバイジャン語・タイ語・フィンランド語・ジャワ語 ・ベトナム語・デンマーク語

2004.8.4 2007.6.2 2009.1.31 2014.2.28
   

メール
                  日本テレビおしゃれ事件告発者・みつめ和紀・MitumeKazuki


リターンツウトップ