Sidenavi


楠田枝里子profile
久米宏profile
逸見政孝
名誉棄損限定とは
超音波盗聴されな
隠蔽
テレビ殺人事件
警察問題の
でっち上げと自白
司法関係の
令状主義
謝罪する日本人

EdwardSnowden
特定秘密保護法
テレビ事件簿
憲法を読む
NHK受信料問題

不眠症
いじめ・自殺
北朝鮮拉致問題
超音波盗聴資料
2ちゃんねるデマ
気づいたこと記録

MSPAINT
リンク集
サイトマップ
かきくけ掲示板

十字架は知っている
本命録

HOME・日本テレビおしゃれ事件への抗議に違法捜査(超音波盗聴・人体実験・マインドコントロール)

えらんでられませんよぉ。それなら俺とセックスしろ!

超音波盗聴の被害にあった母が昭島・西徳洲会病院で腎臓の薬を抜かれ、ジゴキシンを投与され、寝たきりで口も開けなくなり、最後に私に「うっ、うっ」と反応し、自分が何をされたかを訴えました。脳梗塞で障害が出た99歳の老人は厄介者であるかのように殺されました。警察に言っても動きません。生きがいがなくなりました。テレビは悪い手本として少しは見るかもしれません。詳細は後にします。。当サイトは少し休みます。


 私はすべての日常生活を監視されています。もちろんEメールも電話も手紙も。どなたか、私のこのサイトの存在と警察やメディアの犯罪を、国連、CNN,ABC,その他の人権機関に通報してください。
 私は38年ほど、久米・楠田及び民放などを告訴しようにも、妨害されています。弁護士さえ見つけられません。裁判をすれば、私が勝てるのに、弁護士はお金になるのに受けません。なぜ受けないのか、皆さん不思議がります。日本の警察やメディアは現実さえ捏造します。よろしくお願いします。(’18年3月6日)

 I am under observation my daily life.Even,E-mail,phone and letters.Anyone,please report this website to the UN,CNN,ABC and human rights organizations.Any counselers don't hold a brief for me,even make money.everyone wonder about it.The mass media and the police in japan are as one.They ofen invent reality.I've been framed.

日本テレビの女子アナ楠田枝里子が、「30近くになりますから、選んでいられませんよぉ」と、テレビの放送を使い、結婚の呼びかけをした。それに久米宏がみだらな性的関係を例に強要。楠田の拒絶と再度のテレビを使った呼びかけに、激しく脅す久米宏。そして関係。関係合意の後、再び楠田は呼びかけ、久米宏も満足する。これらの表現は強姦(強制性交等)と枕営業にもなり、事件化。視聴者を緊急に守るために、それらに私が投書で抗議。それに逸見・田丸らがもっと投書を送れと実況LIVEリンク。やがて民放と警察の捜査で犯人にでっち上げられ、超音波盗聴機(ultrasonic tapping machine)を使って、人体実験(experiment on human beings)に拷問(torture)・虐待(abuse)、マインドコントロール(mind control)に情報操作(manipulation of information)に隠ぺい(cover-up)。超音波盗聴で「爆笑してます」とラジオで言う通り、全てが悪ふざけのように行われた。これほどまでに視聴者をバカにしている。

おしゃれ事件の発端となった、楠田の結婚への呼びかけは、番組の趣旨とも進行とも何ら関係がない。そうするなと久米宏に脅されている。楠田のそれらは、個人的なことで、客観性がなく放送以前の問題である。テレビの放送を私物化して直接的に視聴者に呼びかけることは、常軌を逸している。しかし、それらのテレビ表現のやり方は、逸見・田丸らによって、警察の捜査によって、次々と踏襲された。警察も超音波盗聴機を使い、私のプライバシーを使い、テレビやラジオ側にやらせた。

それらはすべて、私を犯人にでっち上げるための捏造でもある。名誉棄損罪限定によって、おしゃれ事件は、公共の利害に該当すると判断された。日本テレビおしゃれ事件は放送事故である。その問題の責任をなぜ視聴者が取らなければならないのか。超音波盗聴機は捜査の初期から出ている。おしゃれ事件そのものによって、逸見や田丸がLIVEで投書を送れとやり、超音波盗聴もLIVEにした。これはタレントが自分を売るためにすることに、警察は言論介入し加担したものである。全てはおしゃれ事件によっている。


プロフィール:日本テレビおしゃれ事件で名誉毀損罪限定。のち超音波盗聴され、人権侵害、弾圧される

みつめ和紀。男性。1949年生まれ。1980年、日本テレビおしゃれ事件を見るわけでもなく知る。抗議文を送り、名誉毀損罪限定。罪にならない。その後超音波盗聴され、メディアや警察のテロ行為と戦っている。世のため人のため世界のために、がんばろう!!

初めに:テレビの放送を悪用して、性的関係を持つとは、誰も考えないだろう

三猿

メディアや警察の人権侵害(violations of human rights)・言論弾圧・人体実験・マインドコントロールなどのテロ行為に抵抗し、ネット上で情報公開。信じられないことは起こる。日本テレビおしゃれ事件は、放送を悪用することから始まった。私たちは、この日本の虚妄の情報化(メディア)社会のなかで、自らの真実、事実に根ざして、どのように生きていけばいいのだろう。「見猿聞か猿言わ猿」のように生きられるのだろうか。

日本テレビおしゃれ事件:楠田枝里子の結婚への呼びかけ、久米の脅し、そして性的関係合意と枕営業。劇場型犯罪

kumehirosikusuda eriko

日本テレビ「おしゃれ」事件は、久米宏と楠田枝里子が故意に放送を悪用しての、公的生活(アナ・タレント活動)としての性的(肉体)関係(sexual[physical]relations)。本番を悪用し、放送目的でやったもの。テレビの裏側で普通に性的関係になることができなかった。放送そのものが久米・楠田の性的関係の決定的証拠。ここではそれを知った、全く関係のない第三者の私が犯人に仕立て上げられる。 現おしゃれイズム。

抗議文・警察に訴えられるまで:過去の事件を今のニュース放送にリンクし、抗議文を再投させ、警察を呼ぶ

itumi masatakatamaru misuzu

警察権力を後ろ盾にしなければ、「日本テレビおしゃれ」事件など起きなかった。訴えられたら100%有罪のなかで、公共の利害に該当するケースとして、抗議文は書かれた。楠田枝里子のテレビからの結婚への呼びかけ(話題作り・売名行為)に対し、どう抗議文は書かれたのか?逸見政孝や田丸美寿々は、なぜ抗議文を再投させたのか。スケープゴートに仕立て上げた策謀。逸見や田丸の放送はLIVEであり、後の超音波盗聴に引き継がれる。警察はきた。しかし、捜査課長は逃げた。

名誉棄損罪限定:日本テレビおしゃれ事件への抗議文は、公共の利害に該当するケースとして罪がない

抗議文を再投させた逸見と田丸は、抗議文を私が主動して送ったようにでっち上げた。それらを私が指摘すると、警察はそれを私の問題にした。私を犯人にでっち上げるために、日本テレビの報道も私を騙した。そのなかで、私の抗議文は、公共の利害に該当するケースとして、名誉毀損罪(defamation)を限定した。しかし…

超音波盗聴:おしゃれ事件も警察の動きもテレビ放送で分かる。ならば超音波盗聴表現も分かるだろう

元官房・内閣安全保障室長・佐々淳行氏が、ペルー日本大使館人質事件において、’97年初めて公に言及した超音波盗聴機(ultrasonic tapping machine)。超音波盗聴機は捜査の初期の段階で出ている。逸見・田丸のLIVEでの投書を送れ、捜査でのLIVEでの超音波盗聴表現。機械で盗聴し、その音をテレビ・ラジオ側に送り、私のプライバシーを言い返してくる。それらの表現を、私が分かるからと、爆笑するテレビ・ラジオ局。警察がやっているからと、違法捜査(illegal investigation)を告発するどころか、悪乗りするタレントや民放アナウンサー、NHK。LIVEで盗聴音を聞いていれば、盗聴犯です。情報操作(manipulation of information)に言論弾圧、人体実験にマインドコントロール。スケープゴート(scapegoat)にされた私に益々大きな問題が次々と…。

超音波:超音波とは、人間の耳には聴こえない音。超音波は、私たちの生活を豊かにするだけだろうか?

では超音波盗聴機の超音波(ultrasonic waves)とは何か?象(an elephant)や鯨(a whale)、イルカ(a dolphin)やコウモリ(a bat)など、超音波を使って豊かに暮らしています。私たちの生活では魚群探知機(a fish finder)、超音波診断装置などに利用されています。当サイトでは、超音波の聴音技術を扱っています。超音波を発射し、反射してきた音に含まれている情報を分析し、対象物を知ろうとするものです。超音波盗聴機は、ペルー日本大使館人質事件において、元官房・内閣安全保障室長佐々淳行氏によって、NHKテレビ「ニュース7」で公言されました。

人権:超音波盗聴によってなぜ人権侵害がおこったのか?視聴者・国民の奴隷化と家畜化。実存とは…

表向き超音波盗聴機は現行犯逮捕時以外、他の事件の捜査で使用されたことがない。私への超音波盗聴は言論弾圧・人権弾圧・情報操作・人体実験・マインドコントロールを目的としてやられた。「おしゃれ」事件を隠蔽し闇に葬り、私をスケープゴートに仕立て上げるためのテロ。情報を発信する私を気違い・基地外とネットに書き込む警察や民放。これらの考え方は統一され、国民を奴隷化・家畜化(TV slave)するもの。これが警察(the police)や第四権力といわれるメディアの意志である。メディアと警察が一体(The mass media and the police are as one.)となっている日本社会において、私たちはメディア社会をどのように生き抜き、行動しなければならないのだろうか。

名誉棄損

名誉棄損の具体例を知ることによって、名誉棄損罪とはどのような法律なのか、見えてくる。

みつめメモ

当サイトと関係のある、様々なことのメモ。 これからのサイトの発展方向も見える。

読書録

自在な読書。気になる本。話題の本。何度も読みたい本。祈るように読みたい本。




日本テレビおしゃれ事件、超音波盗聴放送など放送法第4条に抵触


 (国内放送等の放送番組の編集等)
 第4条放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。
 1、公安及び善良な風俗を害しないこと。
 2、政治的に公平であること。
 3、報道は事実をまげないですること。
 4、意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

日本テレビおしゃれ事件という放送事故の責任を、なぜ視聴者が取らなければならないのか


警察の府中駅北口と大國魂神社での行動は、私の狭い範囲での詳細な行動予定を事前に知らなければできない。いわゆる待ち伏せをしている。とすると超音波盗聴機は、捜査の初期の段階で出てきている。これはメディアと警察が一体となっていることが証明できる。また日本テレビ=読売新聞(御用新聞)=官邸と結ばれていることは誰でも知っている。なぜ他の事件で使われていないとすると、「おしゃれ事件」そのものによるということになるだろう。


なぜ警察は私に超音波盗聴という、こんなひどいことをしたのだろう。よく考えると、久米楠田がテレビの放送に自分たちのプライベートの性的関係を持ち出したことによる。それらを主婦層の視聴者を守るために抗議した私に、これが久米楠田が問題だというなら、私のプライバシーを彼らがしたと同じように放送に持ち出した。これが警察の捜査のやり方の特徴を踏んでいる。


 日本テレビおしゃれ事件は、視聴者に呼びかけ、話題づくり・売名行為として放送されたものです。関係合意を考えると枕営業・売春にもなります。それらを視聴者に知ってもらうためにしています。また久米宏・楠田枝里子らは、自らの下半身の不祥事に、警察の違法捜査を使って対応しています。他の有名人が自己責任で行うことを、彼らは税金を使ってやっています。自分たちの責任を転嫁するために私をスケープゴートとし、超音波盗聴機を使い、強迫・暴行。人権侵害。マインドコントロール。警察は警察で職権乱用行為をしているので、必死に隠蔽。こんなことをしている人たちが世界中のどこにいますか!

 日本テレビおしゃれ事件は私の抗議文によって、公共の利害に該当することと判断されました。それで違法捜査を使って人権侵害し、弾圧しています。そういう経緯がありますので、当サイトの真似はおやめ下さい。法律に問われます。当サイトは名誉毀損罪適用範囲限定(公共の利害に関する場合の特例)をしております。

 したがって、久米宏や楠田枝里子は、「一事不再理」によって、私をもう訴えることはできません。そのために、日本テレビおしゃれ事件が、あたかもなかったかのような言論をし、フェイク情報を連発しています。

このサイトが立ち上がったのをいちばん喜んでいたのが、楠田枝里子です。最悪の女です。

財務省福田淳一次官のセクハラ問題

  2016年~  福田氏とテレ朝社員が複数回、取材目的で2人で食事。セクハラ発言に社員は録音を開始。
18年4月4日 福田氏が女性社員を呼び出す。途中から録音。
その後 女性社員が上司にセクハラ被害を相談し、報道すべきだと訴える。「難しい」と言われ、週刊新潮に連絡。取材を受け、録音を提供。
 12日  週刊新潮が福田氏のセクハラ発言を報じる。
  16日  福田氏がセクハラを否定。女性社員がテレ朝にセクハラ被害を申し出。 
 18日  福田氏が麻生太郎財務相に辞任を申し出。セクハラは再度否定。
 19日未明  テレ朝が会見で女性社員のセクハラを公表。
 
 このセクハラ問題は、当事者の福田次官がセクハラを否定していること。訴えた女性社員が匿名であること。これらのことは、ある意味、「日本テレビおしゃれ事件」と私との関係に似ている。違うのは、性的関係であること。楠田枝里子が、それら関係を理由に表現を買ったこと。いわゆる枕営業をしたこと。放送法に抵触し報道すべきこと。

 福田氏と女性社員とは1年半ほどの知り合い。セクハラ発言と言われるものは、酒を飲食しながらのバー。2人だけ。これだけを考えると、プライベートなのか取材なのか分からない。仕事上の個人的な付き合いを、暴露されることは望ましいことか疑問。言葉の使い方は個人の特性。

 福田氏は個人的な理由で会った。一方、女性社員は仕事として会った。この場合、福田氏が名誉棄損で訴えるという行為にでれば、森友問題・財務省問題に絡み、故意になり、週刊新潮・女性社員・テレ朝を訴えることになる。ではセクハラはとなると、民事なり刑事なりで訴えればよかったこと。三者の行為は、報道されているようなことが事実であっても、報道で叩くことであり、名誉棄損は成立するはずだ

 左の朝日新聞(’18年4月20日朝刊)の見出しを見て頂きたい。『「優越的立場乗じた行為 看過できぬ」テレ朝抗議』、となっている。では、私の場合はどうなるのか。「おしゃれ事件」は当事者が積極的にやった。それと同じ手法で、テレビ側は投書を送らせ、また同じ手法で超音波盗聴表現をする。これら全てにおいて、テレビ側は優越的立場を悪用したではないか。テレ朝はそれをいいことに久米宏を18年間もMCに据えたではないか。視聴者国民をテレビ側は皆してだましたではないか。今でもしている。それでいてよくこんなことが言えると思う。放送界は悪の集団としか思えない。

  • 心の傷・PTSD


     ぼくの心の傷を癒してくれたのは、あなたです。ホームページを訪ねてくれて、本当にうれしく思います。初め、あなたの励ましの言葉を頂いても、心は凍りついていました。でも、最近ときどき、ふと思うときがあります。ぼくを理解してくれる人がいるということを…。まだ、頬に笑みは浮かびませんが、あなたの眼差しに支えられています。(2000年6月6日(火))

おかしいぞ日本のマスコミ”></td>
          <td height=  テレビ局崩壊 テレビ新聞陥落 テレビが日本を台無しにする  苦悩するテレビに明日はあるか
2004.8.4  2007.6.2 2009.1.31 2014.2.28  2018.2.10
 監視社会いやだ  共謀罪NO  

メール
                  Nippon Television Oshare Sex Scandal accuser・Mitume Kazuki


リターンツウトップ