本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

プロフィール・About meHEADLINE

日本テレビおしゃれ事件で名誉毀損罪限定。のち超音波盗聴され人権侵害、弾圧される

 みつめ和紀。男性。1949年生まれ。1980年、日本テレビおしゃれ事件を見るわけでもなく知る。抗議文を送り、名誉毀損罪限定。罪にならない。その後超音波盗聴され、メディアや警察のテロ行為と戦っている。世のため人のために、がんばろう!!

久米宏・楠田枝里子のプロフィール

 楠田枝里子や久米宏にもプロフィールがある。久米宏は「ニュースステーション」、楠田枝里子は「なるほど・ザ・ワールド」などの司会をしていた。それらは健全なタレント活動のように思える。しかし、自らの社会的責任を放棄し、視聴者に責任を転嫁している。タレント活動を通じて視聴者を騙していれば、彼らの生活は堕落している。
 
 次のような事件が起きた。私は、久米や楠田と同じような堕落さを、犯人に感じたが、この犯人が罪の償いをするだけでもまともだと思う。なぜならそれが社会のルールだからだ。

 北海道小樽:飲酒運転ひき逃げ3人死亡、1人重体

  ’14年7月13日午後4時半ごろ、北海道小樽市の市道で海水浴帰りの女性4人がひき逃げされた。逮捕された男は、札幌西区飲食店従業員・海津雅英容疑者(31)。3人が死亡1人が重体。

 瓦裕子さん(30)、原野沙耶佳さん(29)、石崎里枝(29)。4人は岩見沢市にある高校の同級生でした。

 海津容疑者は、その日午前4時半ごろから夕方4時ごろまで、約12時間飲酒の疑いがある。その後、タバコを買いに行くため、酒気帯びのまま運転し、女性4人をはねたとみられる。梅津容疑者は「ビーチで酒を飲んでいた。運転中に携帯をいじっていて、前をよく見ていなかった」と供述した。

 さらに現場を逃走した後に、コンビニでタバコを購入し、約15分後110番通報したとみられる。「気が動転し、怖くなって逃げた。知人に電話で相談してから通報した。

 事故現場の道幅は5mで、夏場は歩行者や車で混雑するということだ。

 人によって、全く関係ない事件だと考えるだろう。堕落によって起きた事件でも、梅津は懺悔し社会的制裁を受けた。一方久米・楠田は罪を問われていない。彼等はメディア利権構造・権力構造を利用し、大儲けしている。私には信じられないことだ。

 日本の社会は不条理だ。私は正義の実現は困難なことだと思える。逮捕された海津雅英容疑者の我に返った顔(come to himself)を、視聴者はどう見ただろう。久米・楠田は更生は無理だが、梅津容疑者には更生してほしいと思う。

私・みつめ和紀について(about me)

このように生きてる 
 男性。1949年(S24年)東京都八王子市に生まれ育つ 。身長170p。体重55キロ。4歳で実父が病没。性格は、小さい頃から細かなことによく気がついた。小学生の頃、私は、勉強ができる子供たちも気がつかないことに気がつき、先生に何度もほめられた。ですから、他の視聴者が気がつかない「おしゃれ事件」を、私が気がついていても不思議ではない。幼少の頃からのことです。しかし、日本では多くの人が発言することをしない。

 このサイトは2000年から開設しています。警察やメディアが、私のことを、頭がおかしいようなことを言われているようだ。しかし、彼等は私に負けている。裁判によって、私が罪にならないことが証明されている。そしてそれらのことを報道しないようにしている。なぜなら警察とメディアは私に敗北しているからである。一般人に警察やメディアが負けたことをひた隠しにしている。そして水面下で事件が発覚しないように工作している。

 これでこの事件が公になると、驚天動地の「どんでん返し」が待っているので、警察やメディアは必死に隠蔽しているのが実情だ。

 私は貧しく権力とは全く縁がないため、そのために超音波盗聴などの弾圧の対象となった。

 言論の自由・表現の自由は民主主義社会のエンジンです。日本の社会は統制・監視社会であり、官僚・権力主義である。私は欧米民主主義社会を熱望する。日本の戦後社会を支えてきたのは、一般の国民である。

 私の趣味は読書。夏目漱石。芥川龍之介。志賀直哉。堀辰夫。青春時代は主に三島由紀夫に熱中した。

 ひとつの流れは文学書。芥川龍之介『羅生門・鼻・芋粥(いもがゆ)』、ドフトエフスキー『罪と罰』、カミュ『異邦人』、サルトル『嘔吐(おうと)』、『実存主義(じつぞんしゅぎ)』。もう一つは哲学書。ニーチェ、キルケゴール、サルトルなど実存主義。新共同約聖書。最近では仏教書。

 本(文学)は救済(きゅうさい)です。

写真は警察が盗撮して見せていますので、それが当サイトの事実証明になるので省きます。
 みつめ和紀はどんな顔かといいますと、将棋の羽生善治に似ています。雰囲気も似ていると思います。しかし、羽生先生は和服であり理想です。私は普段粗衣を着ている。

 私はテレビやラジオはほとんど見ません。小さいときに見ていたテレビは「月光仮面」、アメリカのテレビドラマ「パパは何でも知っている」など。しかし、「月光仮面」を見ていても、私は熱中していませんでした。「パパは」は好きでした。放送中に「パパは」と同じように、父親(継父)がいろいろと自分の考え方を披露するのが、勉強になりました。

 逸見政孝や田丸美寿々が、「おしゃれ事件」について、ニュース番組を通じて私に「投書を送れ」をしました。表現の差別化をして確認しています。それから私はそのニュース番組を見なければならなかったので苦痛でした。現在テレビでニュースなどを見ても、全く興味がわかない。しかし、アメリカのニュースなどは大変面白く感じている。

テレビはほとんど見ません      てんとう虫のティリルとんぼのリッテルかたつむりのモアだよテレビはほとんど見ません

聖書の本棚 お気に入りの本 全集の本
本棚の聖書を置いてある部分。年をとると大きい活字の聖書がいい。  新しい聖書が出たので、また買った。 比較的最近の本が並んでいる。クリントンさん、「ジョージハリスン自伝」が気に入っている。 全集ものは他にもあるが、「失われたときを求めて」と「小林秀雄全集」。本を買うために、タバコをやめた。

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれ事件と遭遇

1980年(S55年)10月より、日本テレビ「おしゃれ」事件を、見るわけでもなく知る。久米宏と楠田枝里子は放送を悪用し、視聴者に呼びかける。

 久米宏と楠田枝里子の性的関係の証拠は、放送そのものです。放送するためにやったもの。話題づくり。売名行為。性的関係は公的生活、2人の合意を考えると枕営業。

 久米宏・楠田枝里子・日本テレビ・資生堂と警察は、おしゃれ事件及び警察の違法捜査・職権乱用行為を隠蔽(いんぺい)するために、私に超音波盗聴機を向け、強迫・暴行・人権侵害・言論弾圧をした。人体実験。マインドコントロール。

’80年9月〜12月 日本テレビおしゃれ事件を知る。
’81年1月〜3月 抗議文送る。終わってしまった抗議文の再投を、逸見政孝・田丸美寿々らがニュース番組を通じて要請。
’81年3月    捜査課長とTEL。刑事たちとのやりとり。この時点で超音波盗聴機は出ている。
’81年4月16日 名誉毀損罪限定。公共の利害に関する場合の特例。罪にならない。

’81年8月1日 この日から超音波盗聴され、ウルトラボイスをテレビ側に送られるという被害にあう。ただし、正確には捜査の初期の段階で超音波盗聴されている。その最初の事実関係は、夜の府中駅北口での私と刑事とのやり取りである。
(超音波盗聴機の使用は、現在まで現行犯逮捕時に限られている。それ以外の場合は、裁判所の捜索令状が必要。私の場合は違法捜査。超音波盗聴機の情報そのものが秘匿(secret)されるべきものなら、超音波盗聴機使用での捜査・捜索は違法行為。人権侵害行為。)

あまりにも早く超音波盗聴機を使用しているため、テレビ局などに天下りしている警察関係者などによつて、早期に盗聴機を置く場所などを検討しなければできない。指紋によって身元が特定できた時点で、既に盗聴機の使用は確定していたものと思える。これは他の捜査でも使用している可能性がある。

では訴えられたら?名誉棄損罪ってどういうもの

[刑法第34条 名誉に対する罪]
 第230条 公然と事実を摘示(てきし)し、人の名誉を毀損(きそん)したものは、その事実の有無(うむ)にかかわらず、3年以下の懲役(ちょうえき)若しくは禁錮(きんこ)又は50万円以下の罰金に処する。

(公共の利害に関する場合の特例)
 第230条の2 前条第1項の行為が公共の利害に関する事実に係わり、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否(しんぴ)を判断し、真実であることの証明があったときには、これを罰しない。

2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。

おしゃれ事件は公共の利害に関する。私の抗議文は公益目的で、真実の証明があるので罰せられない。

団籐重光この人には罪がないと、団籐重光裁判長が判決にみつめさんの抗議文を引用したんだ

みつめ和紀の抗議文の事後処理の中で書かれていたものの要旨

憲法第21条[集会・結社(けっしゃ)・表現の自由、検閲(けんえつ)の禁止、通信の秘密]
△私人の私生活上の行状であっても、そのたずさわる社会的活動の性質及びこれを通じて社会に及ぼす影響力の程度などのいかんによっては、その社会的活動に対する批判ないし評価の一資料として、刑法230条ノ2第一項にいう「公共の利害に関する事実」に該当する場合(おしゃれ事件への抗議文)がある。

刑法第230条[名誉毀損(めいよきそん)]
第230条ノ2[事実の証明]
△@本条一項にいう「公共ノ利害ニ関スル事実」にあたるか否かは、摘示された事実自体の内容・性質に照らして客観的に判断されるべきであり、これを摘示する際の表現方法や事実調査の程度などは、同条にいわゆる公益目的の有無の認定に関して考慮されるべきことがらであって、摘示された事実が「公共ノ利害ニ関スル事実」にあたるか否かの判断を左右するものではない。
A私人の私生活上の行状であっても、そのたずさわる社会的活動の性質およびこれを通じて社会に及ぼす影響力のいかんによっては、その社会的活動に対する批判ないし評価の一資料として、本条一項にいう公共の利害に関する事実にあたる場合(おしゃれ事件への抗議文)がある。    最判昭56・4・16刑集35−3−84

普通の人がスタジオに押しかけたり、インタビューができるだろうか これでは視聴者利益がない。報道されて初めて利益が生じるのだ
モアじゃ:おしゃれ事件は日本全国で見れたんじゃ。もしそれに病床の人や子供たちが気づいて書いたらどうだろう。普通の人がスタジオに押しかけたり、インタビューができるだろうか。そうして書かれたものが、その人物を評価する一資料になるということなんじゃ。それらは、テレビというものがどういうものなのか。社会と人間の在り方まで問うているのじゃ。大らかな考え方じゃろ。  視聴者のためにしたことをテレビ局がその利益を奪ったことじゃ:しかし、問題はみつめさんに罪はないと言ったところで、何の意味があるんじゃろ。みつめさんにも視聴者にも、利益はない。これでは何のために抗議文を書いたか、わからない。おしゃれ事件が報道されてはじめて、視聴者利益が生まれるんじゃ。

月刊ペン事件を差し戻す

 私は1981年(S56年)に久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれ事件に巻き込まれました。おしゃれ事件への抗議文(投書)によって、昭和56年4月16日、名誉毀損罪適用範囲が限定されました。これは名誉毀損罪の「事実の公共性」について、最高裁が初めて判断基準を示したものです。

 私の抗議文の事案(じあん)は、検察庁から地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所へと移送されました。そこで、おしゃれ事件の私の抗議文のようなことがあるので、同じ名誉毀損罪の月刊ペン事件にも、公共性があるとして、最高裁は東京地裁に審理のやり直しを命じました。

 それは名誉毀損罪は、表現の自由と密接に関係するため、刑法では免責(めんせき)条件を定めて調整を図っています。公表された事実の公共性、目的の公益性がある場合、真実性が証明されれば罰せられない、とされています。

 月刊ペン事件では、東京地裁、東京高裁とも「問題の記事は、公共の利害に関する事実にあたらない」との理由で有罪としていました。

その後差し戻し審では「その後差し戻し審での月刊ペン事件は」

 ではその後の月刊ペン事件は58年6月10日に、地裁での差し戻し審で、男女関係に関する部分が侮辱的・嘲笑的であり、全体として調査不十分として発表されたもの、として有罪になっています。

名誉棄損罪における「摘示」行為とは何か

 名誉棄損罪でいう「摘示」行為とはどのような行為なのだろうか。「摘示(てきし)」とはかいつまんで示すこと、と広辞苑にある。しかし、何が問題であるかを書かなければ、何の事だか分からず、用をなさない。犯罪の事実を伝えるのに、名誉棄損が問われるのか。久米・楠田の場合、簡単に見ても強要罪・強姦罪、これらをテレビで見せてやっている。またこれらを問題ないと考えると、関係合意は枕営業、つまり売春になるだろう。  

 「公然と事実を摘示」したのは、私ではなくて本人たちであり、日本テレビ・資生堂である。なぜならテレビという電波媒体で事件は起きており、セックスは普通はプライバシーであるが、この事件では公に行われるところに特性がある。沖縄にいても北海道にいても、同じように知りうることができるので、この時点・放送が摘示行為をしたものと思える。つまり、本人たちが摘示行為をしたものである。

 また私の場合のように書簡という形でも「公然と摘示」行為になるのか。手紙は普通プライバシーであり、公のものではない。事実を伝えるということはできるが、それらをどう考えるかは受け取った人間の裁量に任せられている。たとえば、テレビを見ることによって事実であるかどうかを知ることができる。これらは国民の知る権利ではある。

 またおしゃれ事件は、話題づくりや売名行為を目的としている。そのため抗議文の再投の要請などを、なぜ本人たちが知っているのか。つまり本来久米楠田が知るべき情報でないものが逸見・田丸などによって伝えられている。そのことを考えれば、終局には本人たちの売名行為、それに尽きるということにしかならない。

 つまり、久米楠田あるいはテレビ側が使う論理は、あまりにも異常であり、現実を無視している。普通にテレビを見ているだけでも、ほぼ視聴者全員・国民が超音波盗聴の対象になるということだ。

 また、ネット上での「不適切動画」などは、動画に映っている本人及び撮影している人、参加している人も責任を問われる。では、不適切なテレビ放送の責任は、なぜ視聴者が責任を問われなければならないのだろう。犯人に捏造されるのだ。これは権力側の人間が、常に有利に勝つような社会システムであり、社会的な差別だ。法の下の平等に反する。

では、超音波盗聴でどうなったか

 ’81年8月1日より超音波盗聴されウルトラソニックボイスをテレビ側に送られどうなったか?といいますと、強度のストレスにより、何度か倒れた。そして安眠することができず不眠症になりました。もちろん私を自殺に追い込み、殺害するためにそうしているわけですから、それに近い結果が日常生活に出ても当たり前かもしれません。

 そこでまずは、どう生き抜くかが私の課題でした。ストレスの原因であるものを直接的になくせばいちばんいいのですが、私の家族の誰も、倒れた私の代理人にはなれませんでした。よく拉致被害者家族会の横田さん夫妻がテレビで見られますが、大変な心労とご努力をされていると思います。親ならば誰でもといいますが、なかなかできることではありません。ですから、国民の声を聞かなければならない政治家(社民党でしょう?)が、「北朝鮮は拉致をしていない」と言われたらどうでしょう。被害者家族には大変なストレスになります。

 プライバシーが侵害され、超音波盗聴が広く始まったある日、午後浅いときに父母と私は同じように少し変に気持ち悪くなりました。最初なにか食べ物によるものかとおもいました。しかし父は戦争も経験しており、以前家族がそろって下痢をしたときに、父だけはなりませんでした。同じように父もちょっと気持ちが悪いというのは変でした。3人で不思議だねと話しました。

 それでも要は考え方だということは理解していました。しかし、違法行為に伴うストレスの怒りは、そう簡単には答えをもたらしません。不眠について様々な本を読みましが、無駄でした。

ストレス(超音波盗聴)による不眠症について見てみましょう。

 しかし、重大なことは参政権、居住権などについて、安心して日常生活を送ることができなくなったことです。テレビをはじめとするメディアや警察は全く信用できません。自分の家なのに、ここで暮らせません。どうしたらいいでしょう。大変です。自殺に追い込まれるか、『異邦人』のように殺人者になるか全く分かりません。彼らに対する怒りを忘れたことは一瞬もありません。怒りで自殺してしまうという恐怖と戦う毎日です。いつか、いつかと思いながら生きています。

旧サイト「もう森へ」より

 まだまだホームページの作り方をよく知りません。上手い人のを見て、ぼくも作らなければと思いつつ、忙しさにかまけ、人生そのものにも負けてしまいそうです。ここのところで、はたと思いつきました。ぼくが死んだらどうなるのか?

 これは完全に抹殺プログラムでしょう。そこでぼくが知っていることを書いてみようと思いました。ぼくの日記を元にしていますが、そのものは怨憎に満ちており、公にはできません。そこで要旨ならばいいでしょうとなりました。

 ここに出てくるタレントの人たちの名誉を傷つけるつもりは、全くありません。また、そのように感じる方がおりましたら、テレビで放送されたこと、釈明をお願いします。またメールでも指摘してください。法律については専門家ではありませんことをお断りします。また法的助言はメールでもお願いします。

 超音波盗聴機については、ぼくはされた人間ですので、機械そのものは見たことがありません。アメリカでも電子盗聴(エシュロン)については、新聞でも取り上げられるようにはなりました。しかし、超音波盗聴機については未だに秘すべきものなのか、一般には知られていません。これは盗聴機そのものの性能について、どのように説明すべきなのか、ということでもあります。

 たとえば、アメリカ同時多発テロ事件の首謀者は、ビンラディンであることを確定的にブッシュ大統領は発表しました。しかし、その証拠は隠されております。世界の主な指導者は事実であることを知ることができたと思います。拘束された人間を超音波盗聴したウルトラソニックボイスかもしれません。それ以外のものなら公にできるはずです。

 デモクラシーの考え方は、基本的には人間主義だと思います。権力のある一部の人間が知り、国民は知らされていない、というのは納得がいきません。知識も平等であるべきです。超音波盗聴機という、こういう機械を人間が作ってしまった以上、それについての考え方も議論されるべきです。超音波盗聴機での捜査は違法です。そのような法律はありません。

 ぼくのような日本の悲劇のようなことは、今後決して起こらないことを願うばかりです。盗聴機についての細部の表現は、省くこともあるかもしれません。なぜならば、ぼくが超音波盗聴されたという決定的事実は、ぼくは持ち続けるべきだと思うからです。

 なぜこういうことになったのか、ぼくと共に考えていただければ幸いです。テレビの放送の悪用はやめていただきたい。盗聴も放送と関係があります。多くの人たちが幸福になりますように。 2000年3月  みつめ和紀拝

愛しいな

生きているもの 愛しいな。
盗聴されながら畑のようなところで、ペンペン草をじっと見る。
ぼくは君に話しかける。寂しくないの。ひとりじゃないの。
でも、その言葉は君がぼくに話しかけてきた言葉。
君は笑っている。ぼくを慰めようとして。

どぶ川のような流れで、鯉が尻尾をふっている。
釣り人が投げる餌にもふり向かないで。
こんな汚い川でも君は文句も言わずに、生きている。懸命に。
ぼくは汚れた世の中で、おぼれそうになる。君のように上手くは泳げないけど、
泳げないけど、尻尾をふっている。
みんなと同じように、みんなも同じようにふっている。
君のように生きたい。

HOME>プロフィール

カウンター