本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

100歳の夢・母の死・My Mother's deathHEADLINE

母は医者に殺されました。百寿の夢の99歳。目前でした。

 超音波盗聴の被害にあった母が東京西徳洲会病院で腎臓の薬を抜かれ、過剰なジゴキシンを投与され、徐脈(20,30)になり、ジコキシン中毒になり、何度か吐き、脈が0にもなりました。最後に私に「うっ、うっ」と反応し、自分が何をされたかを訴えました。 脳梗塞で障害が出た99歳の老人は厄介者であるかのように殺されました。私と担当医師との口論ではありませんが、行き違いがありました。また医師は誤診をしています。転院もさせませんでした。何の説明もしていません。警察に言っても動きません。 世の中はみんなこんなものです。不正が堂々と通ります。生き甲斐がなくなりました。

 5月22日に母の告別式をしました。喪主をしました。詳細は後に書きます。カルテを開示しましたが、捏造されていて矛盾だらけで、事実と合いません。これはどう見ても快楽殺人です。見取りをした研修医は医師資格があるといいますが、 最終確認はできていません。医師免許証の銘も分かりませんし、模様も変です。厚生省の医師資格確認サイトでは出ません。出ない理由として2年に1回の申告時期があります。この医師は28年度です。でません。しかし、その時期が来ていない29年度30年度の医師が皆出ます。 出て当たり前です。資格確認サイトですから。空白が出ないようになっています。結婚などで性が変わっても1カ月以内となっているようです。それが出ません。また医学生の頃に研修医を詐称しています。死亡するのが確認できたときに、解剖に備えて腎の薬1錠を飲ましています。 殺人が病院で堂々とできます。持参薬の変造も確認しています。昭島署は、「医師資格」は私に言われるまで調べていなかったと言います。なぜこれほど医師法と医療法に違反しているのか?

病院では「誤嚥性の肺炎」。解剖すると「うっ血性心不全」で死亡

 母親が入院したときには、脱水症状。もう一つが、私は聞いていませんでしたが「肺炎疑い」。持参薬を飲ませていないことによる頻脈が起こる直前に、医師が「誤嚥性の肺炎」とする。それでベッドの足元で、母本人や私を指さし「今にも死ぬ。今夜にも電話が行きますよ」と騒いで、死亡宣言の猿芝居。

 その死亡宣言の前後はspo2が99%と99%。肺炎の事実はない。翌日の白血球は正常値。しかし、この時に既にジコキシン注射を私に説明なくしている。ジコキシンの過剰投与により脈が20,30.3日後には何回か0に。ジコキシンの中毒から1週間後に死亡。人為的に極度のうっ血状態に持っていき死亡させている。私はとっくに転院を求めているが、拒否されている。

 たったの2週間で、左の肺には350.右の肺には400(コップ1杯は200)の水が溜まっていた。死亡する直前に肺の水を抜くためのラシックスを1錠体内に入れる。これらは入院当初から本来飲ませなければならないもの。それを飲まさないようにして死亡させた。死亡する直前に体内に入れたのは、解剖をすり抜けるため。つまり自然死をしたように見せるため。解剖医から見ると、入院前半で飲んでいない薬を、死亡する数日前に北原病院の持参薬を溶かしても飲ますようにしている。これらの薬剤の扱いからも、殺人を立証できる。

これらは「試してみよう」として、強心剤のジコキシンを私に内密に注射したもの。解剖の医師は解剖。カルテは警察がカルテを大学病院の医師にみてもらう。しかし、カルテは捏造されていて事実と違う。警察は物証も確認していない。捜査をしないようにしている。徳洲会は、こういう状況になっていることを、十二分に研究してしているようだ。だから、カルテも解剖もすり抜けてしまう。それで病院は説明を拒否している。「おしゃれ事件」の方の警察から「やるな」という圧力がかかっていることも考えられる。実際、警察はまずいでしょう。

入院費は払っていません。カルテも半分は未払い。もう彼らはアウトです。

 左のものは、弁護士から頂いた医師免許証の部分です。警察などは、コピーがおかしいみたいなことを言われているようだ。しかし、コピーがおかしければ、本文や大臣の署名印鑑に問題がない。ということは、部分がおかしいということであり、コピーがおかしいのではないということだ。

これは写真で撮ったもの。上部が少しボケているが、これは私の撮り方によるもの。御覧のように、大臣の名前や印影は問題がない。これでも発行日付や医籍の字がおかしいのが確認できる。発行日付など字が右左にぶれている。日本国でこのようなものは発行していないはず。警察などは、これを本物とするなら、国をバカにしてると思う。?

また、厚生省が医師資格があるといっても、厚生省はいくらでも嘘をついてきた。そもそも警察が証拠などの捏造をするので、医師資格があるといっても、これは信用できない。コピーがおかしいという方がおかしいと思う。
   
 国立印刷局製造と印刷してあるらしい  これが国の出す医師免許証なのか?
  今どき、こんなコピー機があるのだろうか?40年前でも、こうではなかった!  
       
  上左側が「母の見取りをした医師の免許証」。
 上右側が「本物の医師免許証」の画像。私がいちばん最初に感じた免許証の違和感。分かってもらえるでしょうか。私は、書道などは自己流で、ほんの少し字を見ただけです。それでも、国が出す免許証は、ちゃんと書かれていなければならない。
 上右は、堂々とした本物だと、誰もがお分かりになると思います。上左は、変ですよね。全体がおかしな筆遣いです。 特に「号」の四画目は止めてないですよね。またよく見ると誤字ですよね。「もって」「に」「三」「月」は特におかしい。書道の基本ですよね。「医」の七画目は押さえてなくてはねていますよ。「籍」などは、どういっていいのでしょう。
 私が、厚生省が「医籍はあります」と言っても、信じなかったのは、やはりこういうところです。
 書道は、とても免許証をかけるような人ではないと思います。拡大してみると、大変ひどい字です。信じられません。私の考えは、間違っているでしょうか?
 これ、コピーのせいでしょうか?違うと思います。 
  上の左は、医師免許証の右側のもの。枠の線が太くなったり、たわんでいます。上の右側は免許証の左側のものです。いちばん外の線が中央に入っています。上からの右側の線は消えてなくなっています。

 コピーでこんなふうになるのでしょうか。私はあり得ないことと思います。
 

母親は東京西徳洲会病院では「誤嚥性の肺炎」解剖すると「うっ血性の心不全」

コロナ感染後に多臓器不全になるおそれ NHKニュース7 2020年6月3日

 血管の内側の細胞「血管内皮細胞」が新型コロナウィルスに感染すると、免疫細胞が感染した部分などを攻撃、血小板が固まって、血栓ができ、血管をつまらせます。血管が免疫の暴走によって、多臓器不全が起きるとみられています。

 心筋梗塞や脳梗塞などで死亡したケースが欧米を中心に数多く報告され、日本でも腎臓や肝臓などが機能しなくなり、死に至ったとみられるケースが報告されています。

 (国立国際医療センター忽那賢志医師)全身性の炎症、凝固異常が病態であることが分かってきている。それに伴って肝臓、腎臓にも炎症が起こったり、血栓がつまったりして臓器障害が起きる。

     
 内皮細胞コロナに感染  免疫細胞が攻撃  血小板が固まり血栓ができる

(注)4日に担当医師が「誤嚥性の肺炎で今にも死ぬ」「今夜にも電話が行きますよ」と、母親と私を暴行!!NHKで、コロナに完成した場合の一部を解説しました。誤嚥性の肺炎は、コロナではありませんが、菌が肺に入るということでは似ています。母親のケースで説明しますと、以下のようです。

 母親は入院前にも誤嚥性の肺炎にもなっていません。医師の宣言前後も、酸素量は98%と99%です。つまり、肺炎になっていません。また、肺炎疑いと言われても、その4日後には、肺炎でのことでは、退院の事実関係がカルテにあります。母親の場合は、ジコキシンの故意の中毒によって死亡させるというものです。看取りの練習を研修医に体験させるためと思われます。このような病院がありますので、十二分にご注意ください。

 警察は捜査などしません。お金でももらうのでしょう。警視庁本部のように聞いています。

《パワハラ新音声入手!》木下医師がまたもや恫喝「障害者なんじゃないか、お前」’19年12月24日

 日本医師会による「医の倫理綱領」にはこのようなくだりがある。《医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛ける》《医師は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める》木下氏に“障害者発言”はこれに反するのではないかとも質問したが、木下氏は、《私が上記のような発言をしたのは1に回答した理由(前出の回答)からであり、医師としての倫理に反するものではないと考えています》と回答した。

京都安楽死事件、医師2人逮捕 2020年7月23日

 全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した林優里さん=当時(51)、京都市中京区=が、医師2人から薬物を投与され殺害された安楽死事件。 京都府警捜査1課などは23日、いずれも嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。  関係者によると、亡くなった女性は40代だった11年ごろにALSを発症。死亡する直前は発語や手足を動かすことができない状態だった。障害福祉サービス「重度訪問介護」を利用して1日24時間、ヘルパーから生活全般のケアを受けながら1人で暮らしていた。

 安楽死した女性は「早く終わらせてしまいたい」「話し合いで死ぬ権利を認めてもらいたい。疲れ果てました」などと周囲に漏らしていた。一方で「治る希望を持ってほしい」と他の難病患者にメッセージを送っていた。 ALSは全身の運動神経が機能しなくなっていく神経難病。息をする力も衰えるが、人工呼吸器とともに10年以上暮らす人もいる。約7割の患者は人工呼吸器を付けずに亡くなるとされる。終末期医療や安楽死が議論されるたび、ALSが取りざたされる。

 投与された薬物は、安楽死容認国で使用の睡眠薬を使用。鎮静効果のあるバルビツール酸系の睡眠薬。この睡眠薬は大量に摂取すると死に至ることから、日本では市販されていない。胃ろうから薬物を投与したものと考えられる。

嘱託殺人事件で急浮上、医師免許は「不正取得」できるのか

 当初、「安楽死」の是非を問う事件とみられていたのが、ここにきて「医師免許制度」 への疑念にも波及してきた。逮捕された山本直樹容疑者(43)に、医師免許を不正取得していた疑いが浮上しているのだ。 「山本容疑者は、海外の大学の医学部を卒業したとして、2010年に医師国家試験を受験、合格している。しかし、今回の事件の捜査の中で、警察が卒業したとされる海外の大学に照会したところ、 卒業の事実が確認できなかった。

 大久保愉一容疑者(42)は厚労省で医系技官として働いた経歴があり、山本容疑者が受験する直前の2008〜2009年には、医師国家試験に関わる部署で試験専門家を務めていた。 不正取得と何らかの関与があったのかが注目されている」 過去に医学部への“裏口入学”が取り沙汰されたことはあっても、「医師免許の不正取得」となれば前代未聞である。

 日本で医師の資格を得るには、国内の医学部で6年間学んで卒業し、国家試験を受けるのが“王道”である。厚労省によれば毎年1万人が受験し、合格率は約90%だ。  一方、海外の医学部を卒業した場合、厚生労働大臣の受験資格認定が必要となる。 「受験者のうち、海外の医学部を卒業したり、外国で医師免許を得ている人は200人ほどで、合格者は100人程度」(厚労省医政局医事課)だという。 近年は、「ハンガリーなどの医大に進んでから日本の国家試験を受けるケースが増えている」(医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏)といい、徐々に広がっている“別ルート”である。


HOME>100歳の夢・母の死

カウンター