本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

謝罪する・しない日本人・Apologies
日本人
HEADLINE

 謝罪しない久米楠田。日本テレビ、民放、警察。一方謝罪する日本人の謝罪の仕方は…。

謝罪する日本人

 まれに謝罪する日本人がテレビなどで放送される。大抵はメディアが、不祥事を起こした企業や個人を攻撃するためにしているように思われます。自分たちは決して謝罪しないのに…。

謝罪する日本人、侍トヨタ社長自ら陳謝’15年6月19日

 トヨタ自動車常務役員・ジュリー・ハンプ容疑者(55)逮捕で、豊田章男社長自ら陳謝した。ハンプ容疑者が、日本では麻薬として規制されているオキシコドンを郵送で受け取ったもの。オキシコドンは鎮痛剤の成分として、主に癌の痛みなどをやわらげるために医療現場などで使われています。依存性があり、大量摂取で意識失い、死に至ることも。

 例外的に日本に持ち込む場合は、使う本人が携帯し、税関で申告する必要があります。

野球賭博問題・巨人高木京介投手が「真実を言うと決心し」謝罪’16年3月9日

 「関係者の皆さんを裏切ってしまい、本当に申し訳ありませんでした。奥さんと両親に相談しました。そうしたら、もう真実をいうことを決心しました」。

 高木投手はプロ5年目の1軍で中継ぎ投手として活躍し、これまで139試合に登板し、6勝負けなしの成績を残しています。野球賭博問題に関わったとされるのは巨人の4人。松本竜也元投手、福田聡志元投手、笠原将生元投手です。?反省し謝罪した高木京介元投手は、具体的に事実関係をのべ、認め反省しています。更生されることを期待します。それに比べ久米楠田は、やはり巨悪は眠るなんですね。

神戸製鋼複数の役員がデータ改ざんを認識・謝罪

 アルミや銅などの多くの製品で、強度などの検査データの改ざんが相次ぎ発覚した神戸製鋼。これまでに不正に関わっていた従業員は工場の担当者など、この1年間だけで数十人に上ることが明らかになっています。
 
 「管理職も関わっていた。もしくは知っていた」(梅原尚人副社長)。(’17年11月3日NHKニュース7、問題の発覚は10月8日)。

 「改めて、深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありません」(川崎博也社長)。

(注)「会社の法令順守の姿勢が深く問われることになりそうです」とNHKの放送で言われています。しかし、神戸製鋼は、こうして謝罪しています。それに引き換え、NHKはじめ民放・警察などおしゃれ事件・超音波盗聴について謝罪しましたか、してないでしょ。事実関係を取って謝罪するという普通のことが、メディアができないのに、何を言っているのか?

日産ゴーン会長逮捕'18年11月19日 朝日新聞・NHKニュース



役員報酬を過少記載

 日産自動車の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が、自らの報酬を約50億円少なく有価証券報告書に記載した疑いがあるとして、東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、ゴーン会長と同社代表取締役グレッグ・ケリー容疑者(62)を逮捕し、発表した。特捜部は認否を明らかにしていない。

(上場企業役員報酬ランキング)
’10年度 9億8,200万円(1位)
’11年度  9億8,700万円(2位)
’12年度  9億8,800万円(1位)
’13年度  9億9,500万円(6位)
’14年度 10億3,500万円(6位)

司法取引

 業務上の正当な理由がないのに、世界4カ国で、会社側に高級住宅を提供させていた。購入費用や改築費用は日産から数十億円支払われていた。その他に数千万円の家族旅行代金・飲食代など日産子会社に負担させていた。

 特捜部は、日産の執行役員との間で「司法取引」に合意していた。この合意は2例目で、合意したのは日産の法務部門の幹部を務めていた外国人執行役員だということです。ゴーン会長への住宅無償提供などに関わっていた疑いがあるということです。

 今回の問題で問われているのは、日産のチェック体制です。日産自動車は、内部監査機能担う監査役は4人。うち3人は大手銀行など外部から招いています。不正行為は、本来内部監査で見抜くべきものであり、なぜこのチェック機能が働かずに見過ごされてきたのか、ということです。

(注)日産は19日に会見を開いた。しかし、私がここ「謝罪」で取り上げたのは、これらのことが内部告発によるものであるということが重要だと思う。ここのところで検査不正とかデータ偽装などが出ているが、すべて内部告発である。それはある意味、まともな人が少しでもいたということに救いがあると思います。ひるがえってみると、「おしゃれ事件・超音波盗聴」などでは、ありません。性的関係や枕営業は、ある意味放送界では他の人たちも何らかのかかわりがあるということだと思います。特に内部告発をした場合、テレビに出れなくなり、仕事ができなくなるでしょう。そういうふうな様々な要因があり、していないのでしょう。個人の勇気や正義に期待するだけでは無理かもしれません。そういう人はこの業界にはいないでしょうから。叩かれますしね。

HOME>謝罪する日本人

カウンター