本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

名誉棄損罪と公共の利害・限定・私は罪にならない・InnocentHEADLINE

おしゃれ事件は公共の利害に該当するケースとして、私には罪がない



「おしゃれ事件」はなぜ報道されないのか?

 放送などへの批判、意見などがある場合は、どうしたらいいだろうか。このことについて、NHKに電話で再確認しました。その場合は、手紙などで書いて送っていただければ良いということだそうです。匿名であってもかまわないということでした。事実、主要5大新聞・週刊誌などの記事も2ちゃんねると同じように匿名報道です。一部記事を除いて…。

 つまり、私の場合もなんら問題はないはずだ。内容が性的関係となっているのは、事実テレビで放送しているのは、それ以外ないわけで、問題がない。

 この認識において、私が思うことは、なぜ問題が起きたときに、日本テレビは報道しなかったかということだ。もちろん、それには日本テレビも責任を問われるだろう。少なくとも楠田はニュースも報道している。それを考えれば、大変重大な事件だと思う。

 日本テレビ「午後は〇〇おもいっきりテレビ」において、久能靖(くのうやすし)アナウンサーは、事件の解説に「愛犬が飼い主を咬んでもニュースにはなりませんが、飼い主が飼い犬に咬みつけばニュースになると、よく言います」と言われている。そのことを考えれば、「おしゃれ事件」は、正に飼い主が飼い犬に咬みついたに違わないニュースとなります。

 一般の企業や会社が問題を起こせば、カメラとマイクを向け説明責任がある謝罪しろと暴言まで吐くが、自分たち民放テレビ局の犯罪は隠蔽する。これが現実です。

 最近になって、日本テレビはセクハラをしたアナウンサー、盗撮をしたアナウンサーの事実関係を報道していません。これらの情報を隠蔽している訳ですから、’80年代では犯罪の隠蔽は当たり前かもしれません。

 「おしゃれ事件」は公的生活としての性的関係です。これは楠田枝里子が、自らの結婚を呼びかけ、話題づくり・売名行為を基本姿勢としてテレビの本番を悪用し、そこを久米宏が関係を強要・強姦に及んだものです。では、楠田枝里子は被害者かというとそうではありません。関係合意の側面もあり、それらを考えると楠田枝里子の枕営業・売春ともなります。つまりこれらを放送するために、視聴者に知ってもらうためにしていることです。

 ここにあるのはいかに視聴者を利用し、自らが有名になりお金を儲けるかという、そのためだけです。その為久米宏も楠田枝里子も平気で嘘を言います。

 逸見政孝や田丸美寿々、フジテレビの報道は、「おしゃれ事件」の抗議の文書を受け取っているのに、なぜ報道しないのか。そこに書かれていることは、すでに確認されていることだ。またタレントなども知っていることだ。証人は沢山いる。報道が報道であることを、明確に否定したことにもなる。

 首都圏の視聴者なら知っていることに、民放テレビ局のニュースは、「どの局のニュースを見ても、同じニュースを同じように報道する」ということだ。同じ時間帯なら、同じ映像を同じような解説が、何局でも見れる。これは事実上の、言論統制としか考えられない。テレビを見ていると、自由にものが言えるような国と錯覚させられる。 第四権力のテレビというメディアが、警察と一体化し、視聴者をコントロールするように、家畜化・奴隷化するものだ。これは新たな封建主義的社会秩序の維持であり、権力主義的管理・監視・統制社会だ。放送を通じての広義のマインドコントロールは、超音波盗聴機を使わなくても、大衆を対象として、テレビなどで普通に行われているものだ。

 逸見や田丸は、「おしゃれ事件」を報道しようとはしなかった。私を利用して、私を久米宏に当てたのだ。彼らは報道することではなく、私に抗議文を再投させた。しかし、これでは「おしゃれ事件」の問題解決にはならない。

 楠田の放送の悪用。その放送を悪用して性的関係を強要する久米宏。そして、またその放送を悪用して抗議文を送らせる逸見と田丸。 ここにきて放送は視聴者への呼びかけと、「分かってしまう(知ってほしい)」というキーワードになる。

 この「分かってしまう」という表現は「知ってほしい」であり、、久米・楠田、逸見と田丸も、私が批判した放送の悪用を、次々と輪をかけてしたのだ。確かにテレビの放送を通じて、視聴者に伝えているのだから当たり前だが…久米・楠田が自己正当化をすれば、逸見や田丸も同じことをし、後には警察が同じことをやる…。そしてこれらはおしゃれ事件の責任を放棄し、隠蔽するためのものである。

 この放送の悪用を警察は問題とした。ところがこの放送の悪用を私がしたことになっていたのだ。どうやってそんなことができるのだろう。ましてや後に、警察が放送を悪用している。これらの責任も私にあるというのだろうか。これはテレビの放送の責任は私にあり、警察の未来の行動も私に責任があるということになる。このバカげた言いがかりが、民放や警察の行動指針だとは、驚き以外の何物でもない。

 これは責任転嫁であり、捏造・でっち上げである。なぜならおしゃれ事件の事実関係がより知られれば、当事者は責任を取らなければならなくなる。そのために私を犯人に仕立て上げ、情報が嘘であるようにでっち上げているのである。加えて後に超音波盗聴機を使用することによって、その機械の存在を知らない多くの人は、私があたかも障害者であるかのような印象をうけるであろう。彼らは障害者だからおかしなことを言っているという論理を使い、おしゃれ事件が嘘であるように印象操作しているのである。彼らはそれを狙っているのである。それはテレビ側の優生思想である。それらに触発された人物が神奈川県津久井の障害者施設殺傷事件を起こしたのである。

 しかし、超音波盗聴での捜査によって、それらすべての責任がテレビ側にあるということを、捜査側が証明したのである。

 そしてテレビをほとんど見なかった私にとって、テレビは普通の放送ではなくなった。

 逸見や田丸のニュースと「おしゃれ」は、私が見ているという表現をとり始めた。それによって、私はノイローゼになった。 見るテレビではなく、見られているテレビは苦痛以外の何ものでもなかった。抗議文の再投は苦痛であり、私には何の利益もなかった。ただ、公共の利害に該当するということだけで…。

報道されるとどうなるか?

 日本テレビおしゃれ事件そのものが大変重大な事件のため、国会に証人喚問されるだろう。久米宏、楠田枝里子他、日本テレビ、資生堂、捜査当局など。なぜメディアが隠蔽しているかがわかるだろう。当サイトの事実関係を否定すれば偽証になり、逮捕されます。
 
 証人喚問とは、国会の衆参両院が持つ 
 〇国政調査権として憲法で定められた制度で、議員証言法に基づいて実施される。任意で行われる参考人招致とは異なり、対象となった人は 
 〇正当な理由がない限り出席や証言は拒めない。また、 
 〇嘘の証言をした場合は、偽証罪に問われる可能性があります。

 ロッキード事件、ダグラスグラマン事件など。証言の「記憶にありません」には、庶民もあんぐり!?

生放送の事故とは別のおしゃれ事件

 ’16年6月27日午後2時55分頃、「聞いてみや〜ち」生放送中に、東海ラジオで宮地容疑者がスタジオで共演する神野三枝(50)さんの左膝を数回蹴った上、マイクで唇などを殴り、全治10日間のけがを負わせた。

 神野さんが28日に被害届を提出し、30日に愛知県警に逮捕された。宮地容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。番組は30日をもって打ち切りとした。

 この事件は、被害届もあり、暴力行為という個人間の犯罪である。「おしゃれ事件」のように放送を悪用して、「分かってしまう・知ってほしい」という、視聴者を巻き込んで行われたものではない。もちろん「おしゃれ」において久米宏が楠田を脅すシーンの翌日には、二人は大人しく、久米がダメダメとやり、楠田はムカッとしている。視聴者から相当の抗議なり疑問が寄せられたものと思える。

ノイローゼと民放のでっち上げ

 私はフジテレビ、逸見と田丸の投書を送れによって、「ニュース6:30」と日本テレビ「おしゃれ」を見なければならなかった。見たくもないものを見た。「おしゃれ」でスーパー(字幕)でもでれば、抗議文を送るのを止めようと思っていた。しかし、全くでなかった。なにも。しかし、これでテレビを見ていることが、私には大変な苦痛になった。

 いったい何のためにテレビを見ているのか、分からない。

 なぜなら、テレビの放送は見るものであって、テレビに見られるものではないということだ。それがこの2つの番組を見ると、普通のテレビではないのだ。これが私がノイローゼになる原因になった。他の番組がどうなっているのか知らなかった。少なくとも、私は逸見や田丸の指示で抗議文を送っていたのだ。彼らが何に使うかも知らずに…。

 私は右手に障害があり、抗議文が書けなくなり、コピーをした。それでも逸見らは「抗議文を送れ」、日本テレビの「おしゃれ」を見ると、久米宏も楠田も何の謝罪もなく、ただ私を意識した放送を続けていた。それで私は続けられなくなり、久米宏に「連続強姦魔ですか?」と訊いたのだ。それで、これ以上抗議文を送るのが無理だと思い、止めた。

 抗議文を書くのを止めて、少し時間に余裕が出てきた。警察が出てきたことも知った。このときに私は、大変重要なことを見た。いままでTBSや日本テレビのニュースなどを見ていなかった。それで父親がチャンネルを合わせるのに、一緒に見た。

 すると私を意識した「見られるテレビ」をやってはいなかった。普通だったのだ。ところがその翌日、奇妙な感じがしたので同じようにしてニュースを見た。するとそれらのテレビがいっせいに「見られるテレビ」になった。TBSも日本テレビも。これらの指示をしたのは、逸見や田丸のフジだろう。逸見らがやっていたように、他のニュースでもやり始めた。このでっち上げを、私は葉書で指摘した。すると警察が、このらのことで私を問題にし始めた。

 実はこの時にすでに超音波盗聴機は出ていたのだ。しかし私のプライバシーを言い返すことはなかった。

フジテレビの逸見政孝や田丸美寿々らが「投書をおくれ」とやっていた

 警察は私の自宅に向けて、地元の刑事に車(濃紺に細い白線の入った日産・チェリー)の中から、窓辺に立っている 私の写真を撮った。これで私の顔は捜査員やテレビ側が知ることとなった。この「見られるテレビ」によって、どの番組でも分かるようだった。それを警察は考えたのか、あるいは芳村真理らが楠田とつるんでいるという事か、「夜のヒットスタジオ」で番組の冒頭、意図的に刑事らが、スチール製の椅子を何脚も広げたのだろう。ガシャンガシャンガシャンと激しい音がした。芳村真理と井上順の顔は硬直していた。生放送を使って私を、脅迫してきたわけだ。

 つまり、これは私が抗議文の中で、芳村真理のことを書いているからだ。

 しかし、なぜ警察が捜査の状況を、放送を使って教えてくるのか、私には分からなかった。加えて私に伝える意図があるなら、「夜のヒットスタジオ」より「おしゃれ」の方がより確実性が高い。この時も風呂に入るために、たまたまテレビのある茶の間を通っただけだ。それだけだ。

 また「夜のヒットスタジオ」となると、Aという情報が出ていながらBという情報はなぜ出ていないのか?警察の意図した証拠資料の捏造、あるいはテレビ側の捏造が行われていたのか?

 いずれにしても、芳村真理や井上順のこわばった顔をみると、警察の脅迫的な捜査があり、事情を聴かれる方でも怖くて嘘を言うこともあるだろう。これら警察の捜査手法は、様々な冤罪を生んできた。米軍でさえ日本の警察を信用していない。

でっち上げられ、私は犯人になっていた

 私はテレビから離れていた。また普段の生活に戻っていた。私は府中駅北口前で、晴れた空を仰ぎながら、自販機でジュースを買い飲んでいた。すると左手のビル影の方から、中年の人物が現れ、私の顔を見るとニヤッと笑った。おやっと思っているうちに、その人物は私のすぐ側に3台並んでいる公衆電話のひとつで、電話をかけた。

 「課長、犯人が府中駅にいます」。これを聞いて、私は驚いた。私は犯人になっていたのだ。そう、公共の利害に該当することを告発すると、犯人になるのだ。楠田が結婚を意識して呼びかけ、話題づくり・売名行為のために、テレビの本番を利用して、視聴者に呼びかけている。その呼びかけに気がついた人間は、犯人になり、逮捕される。不条理の世界というわけか。

 普通、捜査段階では、犯罪を起こしたと見られる人物を、被疑者といいます。それを犯人と呼ばれたらどんな気がしますか。まるでテレビドラマの悪者みたいに言われたら…どうですか。私が久米、楠田、日テレ、資生堂を許さないという怒りの原点をご理解していただけるでしょうか。

 その刑事は駅の改札口に入る前に、いちばん右にある券売機で右手で操作して切符を買い、駅に消えて行った。残された私は、不思議でならなかった。なぜその刑事は、わざわざ私のすぐ側の公衆電話で、報告をしたのだろう。もっと離れたところには、ボックスの公衆電話がある。ことの成り行きから考えると、刑事は私に聞こえるように、わざとやったのだ。「ヒットスタジオ」の延長線ということだ。

 この時点で、警察やテレビ側が考えたことは、こういうことだろう。

 スタジオやテレビ局でしていることが、全てバレバレに、私に伝わっている。全て私は知っている。「おしゃれ事件」も捜査もなにもかも。テレビ局につながりのある人物なのか?

 そして私がテレビから離れ少し落ち着いてきたとき、私を激怒させたことが起きた。例によって、普通の「見るテレビ」から「見られるテレビ」にして、テレビ側は意図的に一斉に、私に呼びかけてきた。主に確認したのが、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日。これは久米・楠田・民放が、投書を再投させて、私を騙していたことを認識していたということです。

 父が「じゃ、日テレのニュースでも見るか」などと言いながら、チャンネルを合わせた。昭和56年3月10日(火)、6時30分からの「ジャストニュース」です。ここでアナウンサーの小池裕美子が、ニュースを放送しながら、カメラに向かって一瞬、睨んだのです。これに私はカッとなりました。(小池裕美子は現大正大学表現学部表現文化学科特命教授)。

 私は、やれやれこれで終わりだと少しホッとしていたのです。そこをやるのですから、私が怒ったのも理解してもらえるでしょう。これは様々なことを意味しています。怒った理由はいくつかあります。

  •  小池裕美子は、日本テレビの楠田枝里子の同僚です。「おしゃれ事件」のことも、当然知っているわけで、それで彼女は何をしたのでしょう。見て見ぬ振りをしていたのでしょう。そういう人から、私は抗議文に対して、どうこう言われる謂れはないです。
  •  それと同じく日本テレビのニュースで、それ以外のアナウンサーらが、なぜ「見られるニュース」を放送して、私に警察や何かについて気づかせようとしたのでしょう。私から見れば、大きなお世話です。フジの逸見や田丸の方から、いっせいに放送を使ってやるように言われたのでしょう。あるいは超音波盗聴機で得られたUltravoiceを聞いて、放送を行ったのだろう。迷惑です。あなた方のやるべきことは、「おしゃれ事件」の報道です。

 小池裕美子は、「カメラに向かって睨む」という表現を、どうして知ったのでしょう。つまり、テレビは不特定多数の視聴者に放送しているのです。視聴者を睨むのですか。違うでしょう。この表現をすると、私が理解するということを、フジの逸見らを通じて知っていたのでしょう。フジと日テレは繋がっていたのです。あるいは、もろに盗聴。

 私は爆発しました。 

日本テレビの報道がみつめをだますんだよね。こんなことでまともに謝罪などしないよね

日本テレビの報道は私を騙した

 小池裕美子のニュースが終わった頃、私は公衆電話にとんでいき、日本テレビに電話しました。抗議をしたのです。いったい何の権利があって、おかしな放送を延々とできるのか。小池を電話に出すように迫りました。普通だったら、アナが出ます。ところが小池は逃げたようで、電話は局内をたらい回しにされました。そして交換手は、報道に電話をつなぎました。

 報道部の男性は、私の説明に、最後に「それだったら、オフィース・ワンに電話をしてください」と言いました。私はその番号を控え、ダイヤルしました。

 そこでの会話はこうです。
 「手紙の日付は?」と相手が聞いてきました。つまり、抗議文の文書の日付です。私は適当に答えました。なぜなら、自分が消印を押しているわけでもなく、この頃の私は、郵便についての知識が不足していました。

 そして私はこう訊きました。「罪をきせられてしまうのですか」と私。「そういうことになりますね」と相手は自信たっぷりに言いました。ガチャ。(捜査課長との電話。私の自宅にも来ている)

 ここで私は少し混乱しました。「おしゃれ」の制作会社のオフィス・トゥ・ワン(OFFICE TWO-ONE)とオフィース・ワン。加えて、大学の英語の授業でオフィースに「法廷」という意味もあるというのを、思い出したからです。辞書を引くと、場所では役所、官庁。職では官職、公職。無理やり警察というニュアンスを与えても、捜査1課は殺人などを扱う部署。数日後に再度、オフィース・ワンの電話番号を日テレの交換手に訊くと、今度は即座に「そんなところはない」と答えた。私が警察と直接会っては日テレはまずいのだろう。

 これらの会話の内容から、相手が警察であることが、後に分かりました。罪というのは警察です。ところが、小池裕美子のニュースのテレビ表現を、なぜ警察が知っているのですか。小池裕美子は警察に言われて、ニュースでやったのですか。日本テレビはニュースの細かい表現を、警察に説明させるのですか。おかしいですよね。

 つまり、日本テレビの報道が私を騙して、警察に当てたのです。

 また、この捜査課長との電話のなかで、こうも言っていました。「直接会って話さないと」と。それで私は、電話の内容を具体的に書き手紙に書きました。

 直接会って話してもかまわなかったが、私は体調が悪く、自宅の近くで会える公の場所はないか探したが、なかった。しかし、それ以上に、会って話す必要もないと思っていた。「おしゃれ」事件を報道などしないのだろうし、テレビで見ただけだし、他に何もない。まして視聴者に、なぜおんぶにだっこなんだか分からなかった。おんぶにだっこ、この野郎!テレビ側が隠蔽する以上、動かないほうがいいと思った。

 私は警察が逮捕にくるのだろうと、自宅で待ちました。この日以来、家族は何も知りませんでしたが、家を留守にしないように、誰かが私を訪ねてきたら、必ずとどめ置くように家族に言いました。裁判の準備を始めましたが、警察は来ませんでした。

 そしてよくよく冷静になって考えてみると、家に来た人物と電話に出た人物と、声で同一人物であることに気がつきました。捜査課長です。そして、そもそも捜査側は民放のテレビLIVEを知らなかった。それを私が指摘した時に、民放側は「あちゃー」「それはだめだ」みたいなことをした。つまり捜査側は全く洗脳されていたのだ。だからそれに焦った日テレの報道が、私を警察に当てたのだ。

 その決定的なものが、私が小池裕美子の表現を話しているのに、捜査課長は私の言葉を遮って、抗議文の日付を聞いてきた。しかし、日付が意味ないことを話そうとしているのを、強引に持っていこうとした。話そうとしているのにこれでは肝心なこともでない。

逸見政孝と電話で話すと

 私は逸見政孝と電話で話しています。こんな内容です。

 「抗議文はどうですか」と私。
 「問題ないですよ。でも電話してきちゃ困るんです」と逸見政孝。

 これらの会話で私は不思議に思いました。直接話をしてはいけない。そのくせテレビの放送を利用して、あれこれやってくる。これはテレビの放送だなと、これがひとつのポイントになっていると思いました。つまり、

 放送を使ってやる。放送で分かってしまうということです。これがキーワードです。

 そして’81年(昭和56年)4月16日、画期的なことが起きた。ジャーナリストやメディアができなかった名誉棄損罪限定を、一般人である私がしたのである。テレビの放送を悪用したような行為は、公共の利害に該当する。そう最高裁で団藤重光裁判長が判断をした。私には罪がないとなったのである。しかし、日本テレビおしゃれ事件そのものが報道されなければ、意味がない。

みつめ和紀の抗議文の事後処理の中で書かれていたものの要旨・About Me

憲法第21条[集会・結社(けっしゃ)・表現の自由、検閲(けんえつ)の禁止、通信の秘密]
△私人の私生活上の行状であっても、そのたずさわる社会的活動の性質及びこれを通じて社会に及ぼす影響力の程度などのいかんによっては、その社会的活動に対する批判ないし評価の一資料として、刑法230条ノ2第一項にいう「公共の利害に関する事実」に該当する場合(おしゃれ事件への抗議文)がある。

刑法第230条[名誉毀損(めいよきそん)]
第230条ノ2[事実の証明]
△@本条一項にいう「公共ノ利害ニ関スル事実」にあたるか否かは、摘示された事実自体の内容・性質に照らして客観的に判断されるべきであり、これを摘示する際の表現方法や事実調査の程度などは、同条にいわゆる公益目的の有無の認定に関して考慮されるべきことがらであって、摘示された事実が「公共ノ利害ニ関スル事実」にあたるか否かの判断を左右するものではない。
A私人の私生活上の行状であっても、そのたずさわる社会的活動の性質およびこれを通じて社会に及ぼす影響力のいかんによっては、その社会的活動に対する批判ないし評価の一資料として、本条一項にいう公共の利害に関する事実にあたる場合(おしゃれ事件への抗議文)がある。    最判昭56・4・16刑集35−3−84

警察捜査陣の失態

 なぜ警察、捜査陣は次々と失態を繰り返したのだろう。簡単な答えは民放側が犯罪を犯しているのに、彼らを信用したことだ。私は警察でさえ信用していない。しかし、まさか報道が平気で嘘をやるとは思っていなかった。

 警察が最初出てきたとき、報道もちゃんと喋るだろう、と思っていた。ところが、おしゃれ事件は録画とはいえLIVEだ。それを警察は全く認識していなかったようだ。こういうと警察はびっくりするかもしれないが、テレビを見ていて、警察が何をしているのかさっぱり分からなかった。捜査をちゃんとしているかも見えない。つまりこの時点で、逸見などが事情を聞かれていたが、テレビがLIVEになっていることを話していなかったのだ。つまり、民放などの関係者全てが嘘を言っていて、警察は洗脳されていたということだ。

 例えばこんなことがあった。私がテレビの前を通ると、いかりや長介が顎をしゃくった。これはテレビ側がみなLIVEであると認識していたということだ。久米・楠田も知っていた。なぜテレビ側はこれを警察に隠していたのか?なんということもない。テレビをLIVEにして、投書を送らせていたのがばれるからだと思う。なぜ逸見や田丸がLIVEにしたのか?それはおしゃれ事件そのものによる。久米・楠田と投書のことについて話した結果、そうなったのだろう。

 私がLIVEを指摘して、私が府中駅にいるのを、今度はまた勘違いして、「夜のヒットスタジオ」で椅子をガチャガチャとやった。しかし変でしょう。おしゃれ事件そのものがLIVEで、それを抗議しているのに、LIVEじゃないとは…。この時点でテレビ側が私の投書で出しているものもあれば、隠しているものもある。だから捜査課長が完璧に洗脳されていたわけだ。(…ここですでに超音波盗聴機が出てきている…)。

 私との電話で、私が日テレの小池裕美子のことを話しているのに、日付を聞いてくる。小池の後に逸見が出る。それを遮って強引に話を持っていこうとする。なぜ小池に怒っているのか、と聞けば大筋は簡単に見えたはずだ。ところがテレビ側に、つまり犯人たちに洗脳されているから、分からない。私のように「まさか報道は嘘を言わないだろう」と、私と捜査課長は同じように信じていたのだ。しかし、私は逸見や田丸が最初に私にしたことで、彼らを完全には信用してはいなかった。そこが違った。小池裕美子のLIVEニュースを見て、膨らんでいた疑惑が一気に爆発した。自作自演だ。

いったい何の為に、絶望の中で、私は倒れた

  ’81年(昭和56年)4月16日(木曜日)、名誉毀損罪が限定された日、テレビやラジオは、沸騰していた。

 この当時、超音波盗聴の始まる前は、テレビ・ラジオに出演するその多くの人が、私を応援していたのです。しかし、その後テレビ側らが超音波盗聴をし、私との対立が明確になりました。そのことをテレビ側らは超音波盗聴機で盗聴して知っています。それで私と民放テレビ・ラジオ局との対立は決定的になったのです。

 また、私と民放テレビ・ラジオ局との対立は、警察が最も望むことです。そう仕向けることで事件化することができます。彼らは、テレビの本番を悪用した「おしゃれ事件」は、有名人が沢山出ますから、私を犯罪者にでっち上げ、これらの事件をそれこそ生涯の手柄にすることができます。後の事件の伏線がここにあります。

 最高裁の団藤裁判長が「この人には罪はない」としたのだ。私は、しばらく考えがまとまらなかった。私が罪にならないといっても、それに何の意味があるのだ。それでは何も変わらないのではないか。いったい何の為に苦労して、抗議文を書いたのだ。視聴者利益がない。私にも何の利益もない。これでは抗議文を書いた意味が全くない。書かなかったのと同じだ。

 それどころか私は警察の捜査対象となっている。虚偽告訴されでっち上げられ、弾圧され。日本という国は、民主主義の国でもなく、ジャーナリズムもなく、いったいなんという不条理な国だろう。絶望の国、日本。

 絶望の中で、私は倒れた。

HOME>名誉棄損罪限定

カウンター