本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

超音波盗聴されなかった事件・Do'nt sonotapHEADLINE

超音波盗聴をするしないはどう決めているのか。

具体的な事件で見てみよう(超音波盗聴をされなかった例)

 たとえば、他の事件で超音波盗聴機が使われているか、見てみよう。あるいは、超音波盗聴機が使われていれば、事実関係を捜査側が知ることができたであろうという事件を簡単にみましょう。しかし、それが現実に活かされる訳ではありません。

 私の場合のように知ることができても、現実に活かすことをしません。それはすなわち、超音波盗聴機が使用する捜査側もそれが基本的人権を犯す違法行為であることを認識していることでもあります。もう一つは、その使用が現実社会において、多く使用されている可能性があるからです。またそれを広く知られることによる、一般市民の反発があるでしょう。それで機械そのものの存在を、広く公にできかねているというのが現実であろうと思います。

 それでは、そのことを踏まえて、どの事件も対象者が生きているということで順次見てみましょう。

 ロス疑惑、ルーシー・ブラックマンさん殺害事件、アメリカではO・J・シンプソン事件、日本でのオウム事件、最後に比較的最近に起きた、吉田有希ちゃん殺害事件についてみましょう。

週刊文春のロス疑惑キャンペーン・三浦和義

三浦和義 ロス疑惑は、アメリカロサンゼルスで起きた三浦和義・妻一美さん襲撃事件。1981年11月18日午前11時5分頃、ロス市内の駐車場で、三浦は足を撃たれ、一美さんは頭部を撃たれた。一美さんは意識不明の重体になり、翌年11月に、意識が戻ることなく、東海大付属病院で死亡した。

 三浦は保険会社3社から1億5500万円の保険金を受け取った。それら一連の動きに対し、疑惑が持たれ、1984年、週刊文春が「疑惑の銃弾」として、キャンペーンをくんだ。その後、1985年9月11日、三浦は妻一美さん殴打事件で逮捕された。殺人容疑では、2003年3月5日最高裁で無罪となる。

 その後2008年2月22日、米国領サイパン空港において、妻一美さんの殺人容疑で逮捕される。8年10月10日午後9時45分頃、ロサンゼルス留置所の独房で、Tシャツで首を吊って自殺しているのが発見される。

 ロス疑惑について、私は自らの身に起きている超音波盗聴のこともあり、ほとんど関心を払わなかった。週刊文春で「疑惑の銃弾」としてキャンペーンを行っても、私は疑惑は疑惑として、それ以上週刊誌を読んだりもしなかった。

 テレビなどで報道しても、興味は向かなかった。それは超音波盗聴を知った人間には、茶番でしかなかった。

 2003年3月6日の新聞の夕刊を見て驚いた。最高裁が東京高裁逆転無罪判決を支持し、三浦被告の無罪が確定したからである。そこには、「『氏名不詳者』に銃撃を指示した証拠はない」と書かれていた。

 つまり、どこの誰だか分からない人間と共謀し、銃撃させたという、この当たり前のことに衝撃を受けた。

 それは三浦和義は、超音波盗聴を受けていなかったということを意味する。超音波盗聴を受けていれば、共謀の事実も共犯者も誰だか知れたはずである。

 この事件の捜査では、超音波盗聴機は使われていないということである。

ルーシー・ブラックマン失踪事件

ルーシー・ブラックマン ルーシー・ブラックマン(Lucie Blackman)失踪殺人事件を見てみよう。

 2001年(平成13年)2月9日に、当時21歳のイギリス人女性、ルーシーブラックマンさんのバラバラ遺体が、神奈川の海岸の洞窟で発見される。元客室乗務員のルーシーさんは、六本木のクラブでホステスとして働いていた。2000年7月に失踪。

 10月に、容疑者として、別件の準強制ワイセツ容疑で、朝鮮系日本人で資産家の不動産会社社長・織原城二(金聖鐘)が逮捕された。連続準強姦事件に関与したとされ、多くの犯行で一部始終をビデオに録画するという行動をしていた。しかし、ルーシーさんのビデオは存在しなかった。

 検察は、織原と被害者の関係を実証できなかった。状況証拠として、織原がルーシーさん失踪後の2日後に、電動ノコギリ、スコップ、セメントなどを購入していた。セメントの成分は、遺体を固めていたセメントと一致したという。

 2007年4月24日、東京地裁では無期懲役の判決。ルーシーさん事件では無罪となった。織原は見舞金として、ルーシーさん遺族に1億円を贈与している。

 現在、検察側、弁護側双方が東京高裁に控訴している。

私はルーシー・ブラックマン失踪殺人事件を考えると、大変奇妙な感覚にとらわれる。バラバラ遺体を固めたセメントといい、電動ノコギリなどの状況証拠。それらがありながら、織原はルーシーさんを殺していないで通るだろうか?

 そして、不可解なこのストーリーを考えると、後に私はネットで知ったのだが、事実かどうか分からないが、織原が朝鮮系日本人だったということだ。つまり、これで人種差別という言いがかりを恐れたとしか思えないものだった。

 しかし、織原は生きているし、超音波盗聴機もある。盗聴機を向ければ、体音の分析によって、織原がルーシーさんを殺害したのかどうかの事実関係がわかるだろう。にもかかわらず、向けていない。

 日本人はいまだに朝鮮人などへの偏見があると言われる。だが、私の例を見る限りないといえるだろう。織原に超音波盗聴機を向けずに、日本人である私に向けている。それも人権を侵害し、弾圧するために。何の罪もない日本人に。

 人種差別的に他民族を侮蔑する以上に、私は何の罪もないゆえ、まるで十字架上のイエスのように侮蔑された。

ジョン・ベネ(JonBenét Ramsey)事件 '13年3月14日「ミヤネ屋」より

 あまりにも有名なジョン・ベネ事件。犯人とみられる人物から2頁半の脅迫状。
 「よく聞け!お前の娘を預かった。彼女はケガはないが、もう一度彼女に会いたければ、手紙の指示に従え。11万8,000ドル(約1,340万円)を口座から引き出すんだ。警察やFBIに通報したら、お前の娘の首をはねる」(FORELGN FACTION Who Really Kidnapped JonBenct?).A,James Kolar著より。その後犯人からは何の連絡もなかった。
ジョンベネは自宅の地下室で遺体となり発見された。頭部に強い打撲の跡とコードで首を絞められ暴行された形跡があった。第一発見者は父親。物的証拠はなかった。しかし、以下の状況によって、事件は混迷した。

 〇すぐさま両親が弁護士やPR広報の人を雇ったりした。父親が遺体を発見後、遺体を運んだため、物的証拠が汚れてしまった。そのことによって、どうにでも説明がつくようになった。

 警察が最初に疑ったのは家族。

 〇犯行当時の行動が異常であり、身代金の金額が違和感を感じた。金額が父親のボーナスと同じ額だった。また、犯人とみられる手紙の筆跡が、母パトリシアの特徴と似ていた。また、性的暴行を日常的に受けていた可能性があることだった。

 犯人が外部からも疑われた。

 〇まず地下室の窓が開いていたこと。加えて窓の下の壁にこすった跡があった。地下室に家族のものでない足跡があったこと。スタンガンを使用した痕跡があった。

 その後の推移は以下である。

 1997年ラムジー夫妻が新聞に広告を出し、殺害犯の手がかりに、10万ドルの賞金を懸けた。
 1998年証拠が不十分のため、大陪審に持ち込まれ、翌年ラムジー夫妻が起訴されないことが決定。
 2006年6月、母親・パトリシアが子宮がんで死亡。
 その後、犯人と思われる人物がタイで拘束されるが、DNA鑑定したところ、ジョンベネに付着していたDNAとは違うもの。

 「また」。外部から侵入者が出入り口とみられる窓にクモの巣があった。加えて、ジョンベネの傷は実はスタンガンによるものではなかった。


 疑問点があります。ジョンベネに付着していたDNAがあるということ。それらは家族のものとは違うようだ。それを犯人とみられる人物と照合している。とすると外部犯だが。窓にクモの巣があったというが、遺体発見直近なのか?クモは意外と早く巣を張る。ただ、家族が疑われるなら、超音波盗聴機でウルトラソニックボイスを分析すれば、確定できるだろう。

O・Jシンプソン事件

O・Jシンプソン O・Jシンプソン事件

 オレンソール・ジェームス・シンプソン(Orenthal James Simpson)、アメリカのフットボール選手、元俳優。

 1994年6月12日、シンプソンの元妻ニコール・ブラウン・シンプソンと友人のロナルド・ライル・ゴールドマンの死体が発見された。

 様々な証拠からO・Jの犯行とされ、警察に出頭命令が出されたが、O・Jは無視。ハイウェーを逃走。この逃走劇は全米に報道された。

 1995年10月3日、陪審員の全員一致で無罪となる。

 しかし、1997年の民事では敗訴。その後強盗容疑で逮捕される。

 O・Jシンプソン事件はアメリカで起きた事件だ。警察の出頭命令を無視し、ハイウェーを逃走するO・Jをテレビで誰も見ただろう。それゆえO・Jは犯罪を犯しているとみなされただろう。しかし、陪審員の黒人が占めた裁判で無罪となった。

 O・Jは生きている。アメリカにも超音波盗聴機はあるだろう。O・Jに向ければ、彼が元妻やその友人を殺害したかどうか、知りうることができるだろう。しかし、それをしていない。

 真実を求めるためにでも、アメリカにおいても、超音波盗聴機は使用していないのである。

オウム真理教事件

浅原彰晃 一連のオウム事件を見てみよう。

 1989年10月に、オウムを批判する坂本弁護士のインタビューをTBSが収録。それに対しオウムはそのビデオを事前に見せるように要求。それを見たオウム側は、11月4日に坂本弁護士一家を拉致・殺害した。しかし、TBSはビデオを見せ、殺害のきっかけを作ったにも関わらず、警察にも弁護士会にも連絡せず、秘匿。

 1994年6月27日、松本サリン事件。

 1995年3月20日午前8時ごろ、地下鉄サリン事件起きる。営団地下鉄3路線5本の電車内で、サリンの袋を傘の先などで突いて、サリンを発生させた。乗客11名死亡。3796人がサリン中毒などで負傷。

 1995年3月22日強制捜査。

 1995年5月16日麻原彰晃が山梨上九一色村の教団施設内で、天井裏に隠れているのを逮捕される。

 2006年9月15日、10年5ヶ月の審理の後、麻原彰晃(松本智津夫)51歳に死刑確定する。

 2018年7月6日、上川陽子法相はオウム真理教の元代表・松本智津夫死刑囚(63)ら計7人の刑を同日執行したと発表した。他に早川紀代秀(68)、井上嘉浩(48)、新実智光(54)、土屋正実(53)、中川智正(55)、遠藤誠一(58)の6死刑囚。

 一連のオウム事件は、誰も忘れはしないだろう。

 坂本弁護士一家が失踪したとき、オウムにビデオを見せたTBSの関係者は、オウムの犯行であることを知っていたはずだ。坂本弁護士一家の部屋には、オウムのバッチが落ちていたと言われる。それをオウムは警察のでっち上げだと抗議したらしい。

 このようにしてオウムは暴走し始めた。私に向けた超音波盗聴機も、オウムには向けなかったということだ。なぜなら、超音波盗聴機を向ければ、オウムの犯行であることが判明し、暴走を止めることができた。

 後の、松本サリン事件や地下鉄サリン事件を考えると、殺人という重大犯罪においても、超音波盗聴機は使用されていないのである。

 結末として、死刑執行を急いだのかもしれない。欧州・EUなどからは、抗議されている。EUは

吉田有希ちゃん惨殺事件

吉田有希 平成17年12月1日には栃木県今市市の吉田有希ちゃんが、三叉路で友人と別れ一人になった直後に、何者かに連れ去られ、翌日遺体で見つかった事件がある。
 最初「有希ちゃんが帰らない」という母親の届け出で、周辺が捜索された。しかし、翌日現場からおよそ65キロ離れた茨城県常陸大宮市の林道わきの斜面で遺体が見つかった。

 遺体には鋭利な刃物で刺されたとみられる傷が十数か所あった。栃木・茨城の警察本部は合同捜査本部を設置したが、物的証拠は極めて少なく、有力な目撃情報もなく、捜査は長期化した。

 そして、平成26年6月3日、今市警察署はこう会見した。「慎重かつ粘り強い捜査を継続し、本日自信を持って被疑者を逮捕するに至った。殺人の疑いで、栃木鹿沼、無職勝又拓哉(32)を逮捕した。逮捕までに8年6か月の長期を要し、ご遺族にご心労をおかけし、多くの県民の皆様にも、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます」。

 勝又容疑者は、かつて有希ちゃんの家から2キロほどの場所に居住していた。遺体の見つかった茨城県にも土地勘があった。

 難航していた捜査が動いたのは、勝又容疑者が別の事件で逮捕後、有希ちゃんの事件について関与をほのめかした。捜索によって、押収されたパソコンに幼い女の子の画像が複数保存されていた。また事件に関わるビデオ画像を見つけた。

 NHKのニュースでは以上のように報道されたが、勝又容疑者と一時同居していた男性がこう言われていたのが気になる。「善悪の良し悪しが、まったくわからない形で育ってしまって、ナイフとかも集めていたり」と言われた。また、この男性は他のメディアでは、捜査が始まった初期の段階で、拓哉が犯人ではないかと警察に通報したという。

 この情報を知った時、私は愕然とした。何の目的で執拗に有希ちゃんを刺したのか不思議に思っていたが、ナイフを集めていたというならなるほどと思う。通報によって超音波盗聴機を勝又に向けていたら、体音の分析によってスピード逮捕となっていたはずだからである。つまりここでも警察は捜査・捜索にも、真実を求めるためにも、超音波盗聴機は使用されていないのである。最近になってもないのである。

 ㊟しかし、裁判になり勝俣容疑者のDNAが遺体から出てきていないようです。それとは別に捜査員のDNAが出ていると伝えられている。このことについて、DNA鑑定捜査をするとは思わなかったと発言。信じられない話である。これを検察側が「犯人以外のものが混入した」と主張しているのに対し、弁護側は「犯人の型が含まれている可能性がある」と主張しています。よく消防団員が放火をする事実がある。まさかそういうことではないと思うが、ないとは言えない。

 また、驚くべきことに、’18年3月現在、第三者のDNAが目の付近についていたと発表。しかし、おかしいことに、なぜここで第三者が出てくるのか?第三者のDNAが存在するなら、普通勝又拓哉さんを逮捕できないのではないか。また、事件に関わるビデオ画像とは何か?幼い女の子の画像とは何か?そんなものないのではないか?印象操作に当たるものだと思う。一時同居していた男性の話は明らかに勝又被告を犯人と決めつけて報道している。

 また報道での「事件への関与をほのめかした」というのが、「自白を強要された」とも言われている。こうなると警察と報道が一体化していることが冤罪を生む土壌になっていると考えられる。

 またここにきて(’18年3月30日)勝又被告は「有希ちゃんに会ってもいない」と発言。確かにそうなのではないかと思える。遺棄死体が発見され鑑定をした時点で、捜査幹部のDNAが出ているはずである。ところが逮捕しない。そこで捜査側は勝又被告を犯人に捏造したのではないか。(つまり、私にしたと同じように)。ナイフを集めているとかで。ところがナイフにしても事件に関わる画像なるものが全く公に報道されない。加えて、捜査幹部のDNAが混入した経緯についても全く報道していない。つまり例によって犯罪を創っているのである。現実の捏造である。私の場合もしている。

元プロ野球スター・清原和博覚せい剤所持容疑で逮捕

 ’14年3月糖尿病のため清原は入院した。しかし、このとき週刊文春が、入院について違法薬物疑惑を報じた(’14年3月13日号)。が清原は否定して訴訟する意向を示した。その後’16年2月3日、自宅マンションにおいて覚せい剤取締法で逮捕された。疑惑が出てから一貫して否定していたなかでのことだった。

 警視庁組織犯罪対策5課は、週刊文春による疑惑報道を受け、1年にわたる内偵捜査を続けた末、容疑が固まったとして踏み込み、現行犯逮捕した。その時清原容疑者は注射器を手に持っていたと言われる。かってのチームメイトは知っていたとも、あるいは同僚も尾行を受けていたともいう。警視庁から任意で事情を聞かれたOBもいるようだ。(’16年2月18日)

 以上見てきたように、犯罪の事実、真実を求めるための捜査にも、捜索にも、犯罪抑止のためにも、超音波盗聴機は使用されていない。アメリカにおいても…。では、私への超音波盗聴機の悪用は、それ以外の理由によるものである。

君は証拠を残した!決して逃げきれないかもしれない。

 島根県浜田市にある島根県立大学に通っていた平岡都(19)は、’09年10月26日の夜、市内のアルバイト先を出たあと行方が分からなくなり、その後、殺害され切断された遺体の一部が広島県の山の中で見つかりました。警察は110人態勢で捜査を続けていますが、犯人につながる有力な情報は得られていません。

 遺体の状況から連れ去られた近い時間に死亡したとみられている。頭部には殴打された跡がある。女性の頭部は広島県北広島町の臥龍山山頂付近で発見された。車で登れ転回する場所もあるようだ。両手足のない胴体部分、左足首、爪などが発見された。両乳房や内臓はえぐられていたという。

 これらを総合して、交友関係や残虐性のビデオを借りた人間などを捜査しているようだ。

 しかし、私は全く逆の犯人像をえがいている。

 上記の記事後、容疑者死亡で殺人、死体損壊、死体遺棄罪で、会社員・矢野富栄(よしはる)当時33歳を松江地検に送致した。矢野容疑者は山口下関出身で福岡県内の国立大学を途中退学している。女子学生の遺体が見つかった2日後に交通事故で死亡している。事件5カ月ほど前から仕事で益田に派遣され一人暮らしだった。女子学生とは面識はなかった。

 矢野容疑者が捜査線上に浮かんだのは今年になってから、性犯罪の逮捕歴などある人物に捜査対象を広げた結果だった。東京、九州で3つの強制わいせつ事件に関与したとして、実刑判決を受けていた。いずれも面識ない女性を刃物などで脅していた。

 容疑者特定の決め手は、関係先から押収のデジタルカメラなど、データ消去も特殊技術で復元したところ、被害者や包丁の画像が見つかっていた。行方不明になった当日に殺害されたもよう。

 ライブハウスの経営者は、「プロになりたいから、バンドの練習していたら腕が悪くなったから、バンド活動ができていない」と言っていた。

(㊟この記事は警察の犯人像より、私の分析の方がより近かったので、この記事をそのまま残しておくことにします。捜査を広げたのは、この記事を私が書いた時期とも近い)。

HOME人権>超音波盗聴されなかった事件

カウンター