本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

超音波盗聴の資料・Sonotap recordHEADLINE

超音波盗聴の資料

これは、まだネットなどなかった時代(’88年12月)に、私の書いたものです。参考資料にどうぞ。

 ここで私が言うのは、いわゆるマイク式の盗聴器ではありません。超音波盗聴機です。この盗聴機を皆さんがどの程度ご存じなのかは知りませんが……。

 超音波盗聴機は、文字通り、超音波を利用した、盗聴を目的とした機械です。単純に考えれば、原潜などの音響探知のソナーを地上で行っていると考えればいいのでしょう。原潜などでは貝の鳴く声なども聞こえ、相手の原潜などに海中で出会うと、原潜の中では筆談などをするようです。精神的にも大変な負担だそうです。

 現代社会では超音波は多様に使用されているようです。お風呂、歯ブラシ、リモコンテレビ、監視警報装置、etc、医療にも多く利用されているようです。

 では、超音波盗聴機はどのように行われるかといいますと、盗聴の対象となる人物もしくは組織に向けられ、キャッチした盗聴音は、電話回線などを通じて本部に送られ、いろいろと使用されるようです。それが有益であるという保障はなく、悪用されることもあるようです。盗聴しなければならないケースは絶無と言っていいでしょう。他にも手段はいくらでもあるのです。

 これは電話回線の盗聴と比べると比較にならないくらい恐いものです。電話回線などの盗聴ならば、その回線を使用せずに、それ以外の電話を使用する。電話はどこにでもあるのです。それも電話の使用に係わることだけに限られます。超音波盗聴に比べれば微々たるものです。と言って、それらの行為が許されると言うことではありません。超音波盗聴は盗聴対象者、対象組織とは全く関係のない善良な市民が、数多く盗聴されるという過程があります。

 まず、日常社会生活のなかで、誰が盗聴されているかなどということは知ることはできません。知っていても避けることなどできません。盗聴対象者自身が認識していても、他人には分かりませんし、対象者が家の中やマンションでじっとしていることなどないはずです。ですから、対象者や対象組織とは何ら関係がなくとも、家族あるいは知人、あるいは近隣の市民の皆さん盗聴されるわけです。それは避けることなどできません。

 たとえば、公の場、対象者がスーパーに行けばスーパー、公道(普通の道)でも、歩いている、車に乗っている(停車している場合)、それでもやられます。公道などの場合は道に向けられるのですから、つまり、道に当てている。それでそこを通る市民の皆さんが次々とやられるのです。床屋、美容室などはいい例です。髪を整えている間にいろいろ会話がありますから、盗聴にはもっともやりやすい所なのでしょう。 反対に超音波盗聴が出来ないところは、どこかと言いますと、新幹線など速く走るもの、高速で走る車、山の中。電気と電話線のあるところは可能です。

 このようにお話しすれば、超音波盗聴機の性格がどのようなものなのか、ご理解いただけると思います。広くは多数の市民が盗聴されると考えるべきでしょう。以上のような具合で超音波盗聴機は大活躍していると思います。そして、それを許しているとすれば、多くの市民がそんな盗聴機などあるはずがない、そんなことができるはずがないという不信でしょうし、無知でしょう。人によっては人間は神ではないのだから、そんなことはできないという無理解でしょう。

 盗聴対象者の個人的悲惨さについてはどうでしょう。想像を絶する拷問でしょう。あるいは、私刑、リンチでしょう。対象者が盗聴を知らされて、精神的にも限界がきたらどうでしょう。あるいは、恥辱に耐えられずに自殺でもしたらどうなるでしょう。盗聴を知らない人からみれば自殺でも、あきらかに殺人でしょう。それでも新聞にもニュースにもならず、何事もなかったかのようです。プライバシーを侵害し、思想の自由などを脅かすでしょう。およそ、ありとあらゆる悪徳が超音波盗聴行為にはあります。

 超音波を身体に浴びるとどうなるでしょう。医療目的ではありません。人体実験などやられているのでしょうか。長期間行っているとは思えないのですが。関節をやられる。鼻をやられる。それにおかしな頭痛。また、癌などにはならないのでしょうか。

 単純に考えれば、盗聴されながら安眠することはできませんから、いとも簡単に精神的な不安定、そこから繋がっていく心の病、身体の異常に繋がっていくでしょう。

 市販されている超音波についての書籍では、「エビも恋をささやく」とか、「人間の身体からも超音波雑音が」ということですが、実際、超音波盗聴機はもっと凄い物です。こういう風な書籍ではこういう部分に関しては、このくらいしか書けないということなのでしょう。確かに、人間の耳では聞くことの出来ない音が、超音波では聞くことが出来ます。それは音と言っていいものなのか、困惑します。ただ、ここで言えることは、人間もエビと同じようにしかできていないということでしょう。

 それは盗聴すると言うことを、する側から考えれば、誰しも反論できないでしょう。たとえば、盗聴対象者がいわゆる組織とか仲間とか、そういうものがなくて単独で行為を行っていたならば、その行為を知るために盗聴する。その場合、家庭において家族にも関係行為を話さなかったらどうでしょう。いくら長期間やろうが、日常生活のありきたりのことしか、盗みぎきできません。超音波雑音を盗聴できなければ、盗聴目的のそのことについて、一言も盗めないのです。意味ないでしょう。そんな盗聴機は何にも役に立たないがらくたです。医学的になぜ超音波雑音が盗聴できるのかは、いろいろ調べたのですが、分かりません。

 では、超音波盗聴機はなぜ悪用されるかと言えば、盗聴という手段でしょう。そういう手段を用いるというのは、対象者が何も犯罪を犯しているということではないのです。犯罪を犯しているならば盗聴など不用です。対象者は概ね犯罪者ではないのです。その必要がないからです。その必要とは一体何でしょう。盗聴するのですから対象者には知らせません。対象者にはそれはそれだけの意志があるのですが、そんな物は何の意味もありません。一方の人間の勝手なでっち上げや、つまり、盗聴すればいいと言う人間の身勝手な論理のために、盗聴はやられるのです。でなければ盗聴機の存在理由がないのです。

 盗聴は反論することを許してはいません。つまり、公平を欠いています。平等の精神とか人権の考え方とか、そういうものです。盗聴はただただ、一方的なものだからです。だから、そこにでっち上げや身勝手な犯罪めいた論理が存在してくるのです。盗聴すればいいと言う人間は自らは決して盗聴されるとは思っていないものです。これは真実を知ろうということではなく、剥き出しの人間が他の人間を攻撃し犯すことを目的としているからでしょう。

 では、考えて下さい。あなたが超音波盗聴機を使用するといたします。ある場所に盗聴機を持ち込みました。だれもそれが盗聴機だとは知りませんから、あなたが部屋に持ち込んだのを見ていた2,3人の主婦の方も知らん顔です。いつものように本部と連絡後、電話回線に繋ぎました。さあ、スイッチを入れて下さい。どうですか?聞こえるでしょう。乾燥した音が面白いように聞こえてきます。対象者の家の方向に向けて下さい。分かりません。誰が誰なのか理解できません。そのうちに対象者の超音波雑音が入りました。他の人のも入ります。善良な市民の生活が次々と盗聴音となって入ります。ありとあらゆることが・・。

 しかし、一度盗聴してしまえば、誤って盗聴してしまった場合、どうやって償いをするのでしょう。誰が謝罪すべきなのでしょう。(’88年12月記す)

HOME超音波盗聴>超音波盗聴の資料

カウンター