本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

久米宏profile・Kume Hirosi profileHEADLINE

久米宏とおしゃれ事件

 日本テレビおしゃれ事件を起こした久米宏。久米宏はなぜ自分がおしゃれ事件の責任を取らなければならないのか、と不満を持っているだろう。なぜなら放送界には自分たちのようなみだらな性的関係は多く存在するからだろう。なぜ自分だけと。そのような不満は、久米宏の無責任性にある。それも放送界に広くある。また視聴者を騙すことも久米宏の快楽だろう。当事者が沈黙を守り続けることは、当サイトの主張を認めることになるが、それだけの問題では終わらない。 日本テレビおしゃれ事件は、公共の利害に該当することと、すでに裁判で判断されている。 ただ自主規制で報道しないようにしているだけです。(これはまるで中国や北朝鮮のようです)。

 ですから、当サイトではNHKのニュース画像も使用しています。たとえば、全てのTV・ラジオ、週刊誌など、久米宏や楠田枝里子に関すること、あるいはほかのタレントに関することも公共の利害に該当します。なぜそうなったか?彼らがそうしたのです。捜査によってそうなってしまったのです。週刊誌の記事などなるべく早く上げるつもりです。久米宏の活動などすべて公共の利害に該当します。

 ただし有名人には普通プライバシーがあります。私から見た場合のみ、存在しないのです。これは超音波盗聴などの捜査によって、そうなってしまったのです。

久米宏から抗議のメール?!

 以前、久米宏から抗議のメールを頂いたことがあります。それは当サイトが2000年に開設してすぐのことです。私の抗議文は名誉棄損罪を限定していますので、「一事不再理」で久米宏の方からは、私を訴えることができません。そこで私に抗議のメールを出したのだと思います。

 しかし、私はそれが本当の久米宏なのか分からないので、無視しました。内容は「直ちに私(久米宏)に関するものを削除しなさい」という命令口調でした。確かにメールのアドレスは「kumehirosi]になっていました。しかし本人かどうか分からないので、私は「何を言っているのか」ということで、相手にしませんでした。私の古いパソコンのHDDに残っているかもしれませんが、必要なのでしょうか。私の被害が余りにも大きすぎて、いちいち検討する気力もありません。

久米宏のプロフィール

 1944年7月14日生まれ。タレント。元TBSアナウンサー。「ザ・ベストテン」は黒柳徹子と司会。1985年10月「ニュースステーション」のメインキャスター。

 Wikipedeaによると、79年6月TBS退社。’80年4月「おしゃれ」となっているが、それ以前に「おしゃれ」に出ている。’85年10月「ニュースステーション」となっている。

 久米宏の「ニュースステーション」や「ラジオなんですけど」も私はほとんど全く見てもいないし、聴いてもいません。見ると、それがストレスになるのです。

 それでも当サイトは2000年に開設しましたので、少しは影響を与えたのではないかと思えます。というのは、「ニュースステーション」を見ていた視聴者が、久米宏の異変に気づき、私に教えてくれました。その後の久米宏の出演番組を見ても、そう言えます。

 2005年4月「A」。余りの低視聴率で長くは続かなかった。初回視聴率9.3%。毎日曜日夜8時放送。

 2008年10月「久米宏のテレビってやつは」。初回視聴率は5%で惨敗。

 2009年「クメピポ!絶対あいたい1001人」7月打ち切り。視聴率は6パーセント前後。TBSが壊滅してゆくのがささやかれた。

 「ニュースステーション」では、メインの久米宏がやってはいけないことをやったらしい。それは松たか子さんに「タバコを吸われるんですね」と振った。松は「もうこんな番組は出ない」と言ったらしい。松たか子の情報として、わざわざ出す必要があったのだろうか?イメージを傷つけられたと感じたのだろう。

 横山やすしさんが「久米宏のTVスクランブル」(1982年10月〜’85年3月8:00〜:54)に出て、抵抗したらしい。酒を飲んで出演したり、黙秘権を使ったりした。黙秘権は私も見ました。見ていて、横山やすしさんの性格から、「おしゃれ事件」や「超音波盗聴」を知っているわけですから、当然庶民としての血が騒ぎます(笑)。ですから、横山やすしさんとしては面白くなく、精いっぱいの抵抗をしたのだと思います。

 テレビは情報操作によって、いかにお金を儲けるかである。その情報操作に使われるのが、話題つくりに事欠かない週刊誌記事である。それらのいくつかを読んでおくだけで、このようにして視聴者・国民をだまして、お金儲けをするのかと、唖然とさせられるのである。批判的な記事もあるが、似たり寄ったりである。

 テレビやラジオ印刷媒体など、ほとんど一体化しているのは、誰でもご存知のことと思います。たとえば「おしゃれ事件」のことを、週刊誌に取り上げようとします。嘘でも記事になります。しかし、事実であり、それを掲載することによって、日本テレビや民放あるいは警察などが責任を問われることになるとなると、まず取り上げることが難しくなります。まず記事にすれば、それを書いた人間は、それ以後仕事ができなくなるでしょう。テレビや新聞警察から、すべてそれ以外の情報ももらえなくなれば、廃業しなければなりません。記者も会社も。

 こんな勇気のあるジャーナリストは日本にはいませんし、組織もありません。それを踏まえたうえで以後の記事をご覧ください。

復活久米宏・40歳:週刊女性 昭和60年8月13日号

契約金2億円久米宏 契約金2億円、10月に再び 4月から休養中だった”ジャーナリスト”が、テレビ朝日の新番組「ニュースステーション」(仮題)のメーンキャスターでカムバック決定。休養中は夫婦で海外旅行をして見分をさらに広めてきたという高視聴率男の新境地―

 高視聴率男、久米宏のテレビ復帰が決定した。4月いっぱいで生番組をすべて降板「心身の休養、充電」に専念して3か月の決心だ。
 当時久米は仕事と健康についての不安と不調をうったえ、高視聴率をあげていた日本テレビ『TVスクランブル』、TBSテレビ『ザ・ベストテン』、TBSラジオ『土曜ワイド』を、かなり強引に降板した。
 各テレビ局には最後まで久米の降板を惜しむ声がまん延していた。
 降板直後から久米の復活には、さまざまな番組が立候補していたようだ。
 そんな中で久米が決めたのはテレビ朝日の10月新番組。月曜日から木曜日は22時から23時18分、金曜日は23時から24時までの、報道生番組だ。
 この時間帯は20〜30代のサラリーマンの視聴者が圧倒的に多く、主婦層に人気のある久米としては新しい挑戦になりそう。
 内容は政治、経済、スポーツなど幅広く、テレビの持つ機能を最大限に生かしたものになるという。
 これらのテーマに「同じものは2度とやらない」といっていた久米が心を動かしたという。
 テレビ局側もメーンキャスターとして「テレビの機能を知り尽くしている」久米に狙いをつけ、半年も前から交渉を続けていたといわれる。
 さらに久米の片腕として、政治、経済、スポーツなどの現場で取材するレポーターを募集したところ、全国からの応募者が5762人にものぼり、8月中旬には新鋭レポーターが誕生することになる。
 この新鋭たちにテレビ局側は、これまでの夜10時台の平均視聴率の15%を期待する。
 休養中の久米は、人間ドックで肝臓や糖尿病を厳重にチェック。また、麗子夫人(40歳)と仲よく東南アジアを旅行するなど、十分に休養を満喫。自宅近くの目黒区自由が丘で買い物や散歩など、普通の生活を楽しむことで「すり減っていく自分」にブレーキをかけることができ、自信をとりもどしたという。
 気になる契約金は、月曜日から金曜日までの拘束料を含めて2億円といわれる。
 スタジオはテレビ朝日が9月に六本木に完成させる『アークセンター』で、地下4階、地上2階、総工費200億円とか。
 久米はテレビ朝日新スタジオの顔として復帰する。

久米宏が番組を「風邪」で休んで持ち出されるいつものビョーキ‐週刊文春記事

連続二年80%の利益減に見舞われたテレビ朝日でひとり気をはいているのが「ニュースステーション」と司会者久米宏。社運を賭けたこの番組も久米個人の人気に負っているだけに、たえず”あの病気”の噴出に気をつかわねばならないのだが、何ぶん本体のテレビ朝日にも根深い病根があるので毎日がヒヤヒヤ。

 久米宏いつもの病気「月曜日、夜十時を回りました。今晩は、ニュースステーションです。先週はカゼのために後半三日間休んでしまいました。やっぱり久米さんがいなくちゃ番組が締まらない、というお電話もたくさんいただきましたが、久米さんがいないほうが番組がすっきりしていい、というお電話もたくさんいただきました‐‐‐(中略)今度のカゼはひどいですね。とにかく私は40度5分という、今までの記録を更新する高熱でフラフラしておりました」
 カゼ薬が頼もしく見える季節です。
 頻繁に流れるCMでハツラツとした女の子がニッコリ微笑むと、つい、いつも飲んでいるカゼ薬のことなんて忘れてしまって、浮気心でフラフラッと薬局まで出向いてしまうのがカゼひきクンの冬なのです。
 新記録の高熱がまだ平凡な水準に落ち着いていないためか、目は充血していたものの、久米宏(42)の復帰第一声は相変わらず爽やかだった。
 クシャミが3回でるだけのカゼのひきはじめなら、薬を3錠服用すれば治るらしい。が、この人の場合、カゼをひく1カ月ほど前からクシャミの出そうな変な噂もあった。
 久米の女性問題を報じた11月1日の夕刊紙は、
<女性キャスター自殺未遂も5年で忘れた/第2の愛人!?発覚/お相手はニュースステーション元アシスタント>
 と見出しを打ち、久米が番組を休む2日前の12月1日に発売された週刊誌は、
<日ごろのご立派な意見とこのやり方の差/「第2の愛人」騒ぎにあわてた久米宏”介入”の手口>
 と題してテレビ朝日幹部の事後処理の仕方について報道した。
 久米宏にもテレビ朝日幹部にも、似たような一件が以前になかったらこんな話は出なかったに違いない。しかし、両者の”傷”を思い出してしまうから疑う余地ができてしまう。あの久米宏とあのテレ朝というデータがインプットされているからだ。
 結婚の約束を守ってもらえなかったSさん(当時29歳・清水洲子)が自殺をはかったのは五年前の八月十六日。ちょっと出来過ぎの感じもするのだが、相手のSさんは久米が司会をしていたラジオ番組のキャスタードライバーとして身近にいた人だった。

 第二の愛人説が流されて

 この時、久米は三週間休養し、復帰会見では、「それはプライベートなこと。聞きたいのはわかるが勘弁してほしい」と報道陣をかわした。
 テレ朝の記憶はグッと新しい。去年十月に起きたアフタヌーンショーの”やらせリンチ事件”の責任をNディレクター一人に負わせようとした事後処理のしかた。ちなみに、この時は田代社長のザンゲで切り抜けた。
 もし看板キャスターが「風邪」のまま長期休養に入ってしまったらテレ朝は大変なことになる。容態はどうなのか、自由が丘の久米邸のインターホンを押してみた。
 「大変申し訳ございませんが、久米のマネージメントをしている会社のオフィス・トゥ・ワンていうのをご存知でしょうか。そちらのTを通してお願いしたいんですが。失礼します。よろしくお願い致します。ありがとうございました。プッツン!」
 看病に忙しかったのか、麗子夫人からは容態すら聞けない。
 ニュースステーションの早河洋プロデューサーの家をお尋ねしたのは夜九時半。かなりオカンムリだった。
 「あなた方が勝手に誤解しているのでしょう、カゼだっていうのにさあ。日曜日なのにあっちこっち電話したりして非常識でしょう。それは私の所にも入ってきていますよ。書きたいように書いたらいいじゃないですか。(記事に関しては)事実無根だってずっと言っていますしね、何もないんだから。ルールがあるでしょうに。広報通してとか、いろいろあるでしょう。いきなり自宅を襲うなんて非常識だと思いませんか。ジャーナリストのハシクレだったら誇りぐらいは持ちなさいよ。ガッチャン」
 なぜ、そんなにお怒りになるのだろう。第一、カゼと愛人との因果関係なんてまだ一言も口にしていないのに。
 「久米さんのことで……」と切り出している途中で怒り出してしまった。そして、ここでもこちらの話は最後まで聞いていただけず、インターホンを切られてしまった。
 端なくもわかったことは、プロデューサーは、ずっと事実無根だと言い続けてきて、こちらが取材を始めたことがすぐに伝わって、異常に怒っている、ということ。で、最近伝えられている第二の愛人の存在説の信憑性を点検することにした。
 「久米さんのその噂は一ヵ月ぐらい前から局内でも流れています。噂の相手は天気予報やレポーターやら、いろいろやっている子です。でも、局内では好調な番組に水をかけるために狙われたに過ぎない、と考えている人の方が多いですけどね」(テレ朝社員)
 自殺をはかった女性が久米からのラブレターを公開しても、プライベートを理由に口をつぐんだ久米に申し込んだ取材は、「担当者は出張中」(オフィス・トゥ・ワン)ということで実現しなかった。
 「その他にも付き合っていた女性を四人知っている」という女性誌の記者が、久米の口説き方を公開してくれた。
 「女性たちの話によると、まず初めに文学の話から入る。欧州文学や古典について造詣が深くて大学の助教授みたいな感じだというんです。次にオシャレの話に行く。それは女性の美や、美術の深遠まで進むんですが、いくら聞いていても飽きない。そのうちに、『この人とは何でも話せる。何でも相談したい』という気持ちになってしまうらしいんです。この瞬間から付き合いが始まる。”マメ宏”といわれる彼ですが、本当にマメに電話をするらしい。で、電話で食事に誘う。これが、非常に雰囲気の良い店で、乃木坂や外苑前のフランス料理店などが多い。そのあとチョマチョマと攻めていくのが彼のやり方のようです」
 別に、女性と食事をしたからといってとやかくいわれる時代ではないだろう。ただ、前回の愛人騒動が発覚した音楽番組司会者と、世の中の動きに対してコメントを加えるキャスターとでは立場が違う。まして、ニュースステーションはテレ朝が社運をかけた番組である。問題の夕刊紙が出たあと、あるテレ朝首脳はこう語ったという。
 「ニュースステーションの方向は、おおむね良いと思う。ただ、久米一人で売っているような現在の考え方は直さなきゃいかん。仮に、久米が女の問題や、いろんなことでいなくなった時に視聴率が下がるような番組じゃ困る。ニュースは鮮度と質の向上で売っていかなきゃならん。俺が先頭に立って、そういう番組に直してやる」(経済記者)

 死守すべきテレ朝最後の砦

 去年の十月にスタートしたニュースステーションは今年に入って二ケタ台の視聴率に落ち着いてきた。ところが久米が夏休みを取った二週間は視聴率がガタンと落ち込んだ。久米は外せない、という危機意識がスタッフや上層部の間に生まれたようだ。何しろ、この番組はテレ朝が誇る”輝ける高視聴率番組”、裏を返せば、”これっきゃない”のである。先の首脳氏の言葉は、そんなショー的要素の強い番組に”オンブにダッコ”ではいけない、という危機意識の現れなのだ。テレ朝がかかえる”死に至る病”は大幅な減益を示す数字にあるという。
 「テレ朝は今、最悪の状況なんです。九月までの中間決算によると、経常利益一億円(82.6%減)は通期でも対前年比八十%減になるでしょう。となると二年連続の八十%減になる。三月時点で四十八万八千三百九十六円あった一株当たりの利益は九月では千八百二十七円、上半期の純益はわずか四千三百万。企業としては大変なことです。(テレ朝労組関係者)
 四月、田代社長は、<公正であれ。大胆であれ。輝いてあれ>という社是(こころ)を作ったそうである。
 五月下旬、テレビ朝日の六本木六丁目の本社機構は、森ビルが中心となって計画したアークヒルズに移転した。その際、約一万坪の土地のうち、約三千坪は坪当たり約四百万で森ビルに売られたという。
 「公正であれ、っていったって無理ですよ」と社員は吐き捨てるように言う。
 「田代社長が強引に進めてきたアークヒルズ構想について、詳しい説明はまったくなされなかった。旧社屋の土地は坪二千万はするはずなのに、なぜそんなに安く売ったのか。しかも、森ビルに売った土地は正面玄関前の一等地でテレ朝に残ったのは崖っぷちの所。会社側はアークヒルズとの等価交換というけど、テレ朝は森ビルに年間十億円の家賃を払っている。旧社屋の六丁目の再開発がなるまで最低七年かかるとすると、黙ってても七十億が消える。ベラボーな契約ですよ。このままじゃ、テレ朝は”森テレビ”になっちゃうよ」
 そのテレビ朝日頼みの砦・久米宏だけに、テレビ朝日も必死なのである。

久米宏「73歳の終活」FLASH 17/9.12

久米宏73歳終活 久米宏「73歳の終活」私、生前墓を建てました-子供を持たなかった夫婦の”決断”

 「夫婦2人だけだから、そろそろお墓も考えなきゃ。自宅の近くに墓を建てたいとおもっているんですよ」
 フリーアナウンサーの久米宏(73)は’09年、自身のラジオ番組のゲストである葬儀社の役員に、放送前の打ち合わせでそう漏らした。
 「久米さんはそのときに、住んでいた一軒家からマンションに移ったことも話していた。この人も終活についていろいろ考えているんだと思いました」
 と語ったのは、その葬儀社の役員だ。
 それから8年後の今年、久米はひっそりと都心の名刹に墓を建立したという。江戸時代の大名や、政治家など著名人も数多く眠むる由緒正しき寺院だ。久米の自宅から車で10分ほどの距離にある寺の広い墓地の一角に、原石の形を生かした低めの墓石が佇んでいた。
 墓石の表には「久米家之墓」とあり、家紋も刻まれている。背後には、新しいものから風雨にさらされ傷み始めたものまで、10本以上の卒塔婆が立てかけられていた。卒塔婆には、作られた時期、春・秋の彼岸の記述、戒名などが綴られているが、ほとんどのものに施主として「久米宏」という文字がしっかりと書き込まれている。
 そして墓石裏には「昭和11年建立」という文字と、久米の父の名前があった。「以前ほかの場所にあった墓石をここに移されたのでしょう」(寺の関係者)
 久米家の墓石は父親が多磨霊園に建立した際のものとみられる。幼少期の久米は、母親に連れられて多磨霊園に墓参りに行っていたそうだ。
 久米の墓を見た現職の僧侶は話す。
 「お墓を見る限り、墓石と土台は見た目が揃っておらず、土台だけ新しく作ったと分かります。自分が生きている間だけでも、ちゃんとご先祖様を供養したい、そして自分と奥様の入る墓をきちんと作りたいという久米の思いがよく表れたお墓だと思います」
 こうして久米に託された一族の墓は、墓石を移動し、生まれ変わったのである。久米は4人きょうだいの末っ子だが、上3人は姉で長男にあたる。すでに両親は亡くなっている。
 久米夫妻に子供はいない。’88年には夫人の麗子さん(72)が子宮内膜症と子宮筋腫にかかり子宮摘出手術を受けたことを、のちに夫妻の共書「ミステリアスな結婚」(世界文化社)で明かしている。この墓は、この後久米が妻と入るための、いわば生前墓である。
 「久米さんが墓を購入したのは今年の3月ごろだと聞いています。久米夫妻には子供がいないので、永代供養料込みで購入したそうですよ」(芸能関係者)
 今回の墓の建立でかかった永代供養料込みの代金は、墓の土台の代金や墓石の移動台を含めると2千万円近く。寺の檀家としての付き合いも始まる。

 最近は仕事よりも、奥さんのそばにいたい

 久米が妻の麗子さんと結婚したのは’69年のこと。翌年には父親が他界し、久米夫妻と久米の母・てるさんとの3人暮らしが長く続いた。’99年にはてるさんが他界。以来夫婦2人の生活だ。’04年には、それまで住んでいた一軒家を売却し、現在のマンションに移りすんだ。久米の代表的番組「ニュースステーション」(テレビ朝日系)の放送が終了した年のことだった。
 現在の久米は、’06年8月からラジオ番組『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ、毎週土曜日)のパーソナリティを務めている。
 「ラジオ1本のギャラは70万〜80万円でしょう。久米ブランドは健在で、名前の冠がついた番組は通常のギャラの5割増しくらいになる」(芸能担当記者)
 気になるのは久米の近況だ。ラジオ局の関係者が証言した。
 「たまに久米さんに会うとコーヒーをがぶ飲みしているし、元気ですよ。『ニュースステーション』のころとほとんど変わりはないです」
 一方、別の芸能関係者は心配げだ。
 「さすがにあの年だから、ラジオを聴いていると滑舌がちょっと悪くなって、聴き取りずらいこともあります。それでもいまだに東京オリンピックに反対し続けるなど、昔以上に久米節が炸裂している。反面、最近は仕事よりも、病気がちな奥さんのそばにいたいと思っているようです」
 73歳の久米の終活。はたしてどんな思いで墓を建てたのだろうか。8月下旬、自宅のインターホン越しに訊ねると、本人がこう答えた。
 「(墓を建てたことは)あくまで個人的なことなんでね。このことは、まだ誰にも話していないんですよ」
 昨年、心の支えであった先輩の永六輔さん(享年83)と大橋巨泉さん(享年82)を立て続けに亡くし、「はしごをはずされた」と悲しんだ。永さんのお別れの会ではこう語った。「死ぬのは怖くないという気持ちをいただいた」。

(注)記事に事実関係と違うものがあるように思います。これも情報操作の一環としての記事であることを認識しておいてください。

久米宏検索トップページは?久米宏を…

「久米宏」と検索にかけると、トップに出るページは「久米宏を徹底的に特集してみた」です。しかし、よく読んでみると情報がほとんどない。普通に噂されているようなことを、適当に言葉を濁して書いている。たとえばこんなのがある。

 「この頃から頭が良かったのかもしれませんね。その後東京都立大学付属高等学校を1963年に卒業すると、同年には早稲田大学政治経済学部経済学科に入学を果たすことになります」。

 上記のようにありますが、早稲田政経は受験ではアナであったと思います。良いか悪いかは別です。しかし、お金があれば入れるところだったと思います。楠田の理科大も大学としては最低レベルのアナでした。現在は違うそうです。二人とも畑違いで入っていると思います。しかし、この頃の世代の人はこういう人が沢山います。とにかく同世代の人が多く、団塊の世代です。続いて引用すると、

 「元々奥さんの知りにしかれていた久米さんは詳しい事は情報が出ていないので予想の範囲になりますが、奥さんには」「もはや踏んだりけったりといったところですね。ここまでくると同乗したくもなりますが、原点を考えたらあくまで」。

 下線は正しくは「尻に敷かれて」「同情したくも」です。このサイトはずいぶん慌てて書かれたものらしいです。ただサイトが検索でトップに出るようにしたようです。そのわりには情報はなく、誤字だらけで推察だけで書かれたものらしい。文章もちょっと変だが…放送界には、このような仕事をする人はいくらでもいるでしょう。

「久米宏NHKニュース9を語る」この酷さ!

「久米宏NHKニュースウォッチ9の問題点を語る」とあるので、そこをちょっと読んでみた。こうある。

(久米宏)ニュースがプログラムになるってことはね、考えてなかったんです。ただ、ニュースを1時間20分の番組にしたかったの。で、番組にする以上は、映像とか、音楽。ピシッとしないと番組にならないんですよ。
(ジェーン・スー)なるほど。
(久米宏)ただ、ニュースをやっていた人は、どういうフレームでニュースキャスターを切り取るとか、背景のどこにピントを合わせるとか、着ているスーツをどうするとか、僕と小宮悦子さんの服がどうだとか、照明の当たり具合とか、前にあるテーブルの反射の度合いとか。そういうことを考えたことは、報道にいる人は、いないんです。
(ジェーン・スー)そこに、その概念を持ち込んだのがニュースステーションだったんですね。
(久米宏)番組として、面白くしようと思ったわけ。
(ジェーン・スー)はい。
(久米宏)だからそれで、いまのニュース9なんかを見ると、ひどすぎます

 以上が久米宏のニュース観らしい。確かに私は「ニュースステーション」はあまりにも下らなく、見る必要のないものと考えていた。正にここで久米宏が主張していることによって。久米宏がこんなことに頭を使った人とは思えないことも一理あります。

 たとえば「おしゃれ事件」で、久米宏が楠田枝里子を脅すシーンがある。大きな口を犬が威嚇するような開き方で。となるとそのシーンも久米宏が主張するには、「楠田さんの太腿をばっちり映した後に」「僕が激しく脅すから、そこをばっちりとお願いします」となる。これがタレント活動の自作自演だなんてばかばかしいだけの気がします。

例によって例のごとく「結婚」に久米妄想全開か!・東スポ’17年6月吉日(笑)

久米宏壇蜜又吉に結婚妄想全開 お笑い芸人で芥川賞作家のピース・又吉(37)に恋愛スキャンダルが!その交際相手として浮上したのが壇蜜(36)です。しかし、そのキューピッド役が久米宏(72)だそうです。なんでも久米宏が「久米書店」に両者が出演したときから、『お似合いのカップルだから付き合っちゃえ』と煽っていたそうです。また「ラジオなんです」に又吉が出演すると、『結婚すりゃいいのに』と煽られていたそうです。(放送作家)

 壇蜜が、25日に放送されたTBS『サンデー・ジャポン』で、又吉直樹とのカップル誕生の記事について、眉間にしわを寄せた表情を見せ、「いやー、タレントとしてこういう噂はありがたいんですけど、連絡先も知らないです」と。 そして、「ありがたいですけど、"誕生か"と書かれているので、"か"でいいんじゃないですかね」と、あくまでも推測記事だとしました。

(注)推測記事でも記事になる(笑)。しかし、あながちそうではないともいえます。又吉と壇蜜のカップルは推測記事かもしれませんが、久米宏は「結婚」というワードに異様に反応・興奮するのです。元愛人のK・Sと楠田枝里子との性的関係に「結婚」が重要な意味を持っています。そんなところから出たものではないかと、これも推測します(笑)。

HOME>久米宏プロフィール

カウンター