本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

いじめ・自殺・bullying suicideHEADLINE

痛ましいいじめ自殺、学校だけでなく職場でも

 学校などで起こるいじめによる自殺。テレビで知るいじめの普遍性。いじめによって自殺にまで追い込まれる子供たち。この心理が私には痛いほど分かる。私へのいじめを通り越した拷問や人格否定。私が自殺してもある意味当たり前かもしれない。超音波盗聴などされてよく生きていれると私さえ思う。自殺に追い込むプログラム。

 また責任を当事者が取らないのも共通している。なぜ隠ぺいを図り、責任を明確にしないのか。構図はおしゃれ事件と似ている。

いじめの件数がいっきに増えました

 平成28年度のいじめの件数が32万件超、前年より10万件近く増えました。自殺に至る深刻な事態は後を絶ちません。

 神戸市の女子中学生(14歳)が去年自ら命を絶ちました。女子生徒のツイッターには「毎日友達ごっこしてて疲れるし,辛い学校生活です」と綴られていました。女子生徒の母親は担任から1人の同級生との間にトラブルがあるとは言われましたが、深刻ないじめとは伝えられませんでした。

 女子生徒が自殺した後に、学校が行ったアンケートには、女子生徒の容姿に対する酷い言葉や足を引っかけられるなどのいじめを、複数の同級生から受けていた実態が示されていました。

 文部省はいじめにつながるおそれがある、喧嘩・ふざけあいも積極的に報告を求めました。それで全国の学校で確認されたいじめは、以下の通りです。

いじめの件数の増加
 昨年度32万3,808件。
前年度より9万8,000件以上増
小学校23万7921件
中学校7万1,309件
高校1万2,874件
特別支援1,704件
 都道府県別にみると千人当たりのいじめの件数は全国平均23,9件

「突然死の方が良い」「転校したことにも」長崎高2自殺「学校が提案」と両親

 長崎市の私立高2年だった男子生徒=当時(16)=が2017年4月に自殺した問題で、両親が26日に同市内で記者会見し、遺体発見の数日後に学校側が「突然死したことにした方が良いかもしれない」「転校したことにもできる」などと不適切な提案をしていたことを明らかにした。

 学校側は、第三者委員会がまとめた「自殺は同級生のいじめが主要因」とする報告書を不服とし、受け入れない考えを示している。報告書は3月1日までに、学校側が問題を総括した書面を遺族に渡すよう提言しており、両親は「墓前に無駄死にではなかったと報告したい」と訴えた。

 学校外の自殺でも死亡見舞金が支払われる災害共済給付制度を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)への給付申請期限は4月に迫るが、申請権限がある学校側は応じていない。遺族の損害賠償請求権の放棄を条件とした申請を持ちかけるなどし、両親は「学校は自殺をなかったことにしようと考えているのではないか」と述べた。

  高校は取材に対して「生徒の自殺があったことは確かだが、弁護士を通してやりとりをしており、細かい点についてコメントしない」としている。

(注)まだ日本はこんなです。被害にあった人間がおろそかにされる社会をいまだに続けている。日本はカビだらけ。

いじめによる自殺。学校・教師・教育委員会はなぜ責任を明らかにしないのか。

ようやく結論”いじめと自殺に因果関係”茨城県取手市いじめ自殺。’19年3月20日NHKニュース7

 いじめと自殺との因果関係に至るまで3年以上の月日が必要でした。茨城県取手市で女子中学生が「いじめられたくない」と書き残して自殺した問題。今日(3月20日)県の調査委員会が公表した報告書では、当初の市の教育委員会の対応について両親からの訴えを真しに受け止めず、法律に基づく調査委員会の設置を怠り違法であると厳しく批判しました。

 4年前に亡くなった中嶋菜保子(当時15)さん、中学3年生でした。ピアノが得意で数々のコンクールで入賞、夢はピアニストでした。

 父・孝宜さん:娘がなくなってから3年以上がたちましたが、このような事案の認定に3年以上もかかっている、当然のことを認めるのにあまりにも長すぎる。

 亡くなってから5日後に見つかった日記には「いじめられたくない」と、学校でいじめられていたことをうかがわせる内容が記されていました。

 娘はなぜ自殺したのか。真実を知りたいと両親は訴え続けました。しかし、市の教育委員会は、生徒へのアンケートや聞き取り調査の結果、「いじめの事実は確認できなかった」と結論付けました。


 さらに調査を求めたところ、市の教育委員会は自殺の背景を調査する第三者委員会を設置、しかしここでもいじめによる”重大事態に該当しない”と議決されました。

 不信感をつのらせた両親は文部科学省に対して教員委員会を指導するよう要請します。市の教育委員会は、”配慮に欠けた判断だった”として、議決を撤回、謝罪しました。

〇いじめがあったことの認識をしっかり持つことも不十分だった。
父:教育委員会や学校の姿勢には甚だ不信感しか抱かない。怒りだけ。

 結局、両親の要望で市の第三者委員会は解散。特例として県の調査委員会を設置するという、極めて異例の形で調査が行われました。

 そして今日、県の調査委員会がまとめた報告書が公表されました。報告書は周囲の生徒から複数回にわたって〇アルバムに悪口を書かれたり 〇体育の授業中に仲間外れにされていて、これらの行為はいじめに当たると認定しました。その上で、いじめがなければ自殺はなかったであろうと推認され、因果関係があったと認めると結論づけました。

 さらに取手市の教育委員会の対応についても、両親からの訴えを真しに受け止めず、法令に対する無理解から調査委員会の設置を怠り、違法であるとして厳しく批判しました。

 今回の調査結果について、父親は、「なんと表現していいか分からないですけれども、やっとたどり着いたという感じです。今後またずっと娘のことを背負って、今後も生きていかなければならないです」。

 3年以上かけて、ようやく認められた、いじめと自殺の因果関係、再発防止にどう生かしていくかが問われます。

熊本・高3自殺、いじめ原因 ’19年3月26日 朝日新聞

 熊本県北部の県立高校3年の女子生徒(当時17)が、昨年5月、いじめをうかがわせる遺書を残して、自殺した問題で、いじめの有無などを調べていた県教育委員会の第三者機関が26日、最終報告書を県教育長に答申した。5件のいじめがあったことを認定し、「自死に影響を与えた」と因果関係も認めた。

 知華さんは、昨年5月17日、午前中の授業後に体調不良を訴え早退。数時間後、自宅で意識を失っているところを祖母が見つけ、病院に運ばれたが18日に亡くなった。

 報告書は、知華さんが映り込んだ動画がSNSのインスタグラムに投稿されたことをきっかけに、亡くなる前日の授業中に複数の生徒から「死ね」「よく学校に来れたね。まじウザ」「視界から消えればいいのに」などの発言を受けたとした。発言の前後に受けた4件の行為も「(知華さんの)心理的視野狭窄を起こす要因となった」と指摘し、いじめは自殺に影響を与えたと判断した。

事故前「死ねと言われた」と相談群馬、電車で死亡の高2女子 2019/03/09

 前橋市で2月、群馬県立高2年の女子生徒(17)が電車にはねられ死亡する事故があり、生徒が亡くなる約1週間前に「同級生から『死ね』と言われた」と母親に相談していたことが 9日、両親への取材で分かった。

 生徒は勢多農林高2年の伊藤有紀さんで、県警は自殺とみている。両親によると、有紀さんが「もうつかれた 私はその言葉で傷ついて泣いてきたのに こんな世界もうバイバイ」などと書いた、学校でのいじめをうかがわせるメモを残した。 有紀さんの父親は「家では場を明るくしてくれる元気な子だった。高校に入り、人が変わったように暗くなった」と述べ、高校側に徹底した調査を求めた。

仙台市いじめ問題

 ’17年4月26日、仙台市の中学2年生の男子生徒が休み時間に学校を出て、自宅近くのマンションから飛び降りて死亡しました。

 3日後に記者会見を開いた市の教育委員会は、去年学校などが行ったアンケートに、男子生徒が「悪口を言われる」などと答えていましたが、その後解決したと判断。校長は「すぐ教員が双方に話を聞き指導している。その後は解消している。仲良くしている」(4月29日)としていました。しかしその二日後に市の教育委員会は「いじめがあったと捉え方できる。そこはいじめを否定しない」。

 さらにその日の夜の保護者会では、男子生徒が今年2月に学校内で他の生徒の足に引っかかって転び、手を骨折したことが明らかに、また教育委員会の取材で、男子生徒が去年担任に対し「同級生からズボンを下ろされ、冷やかされた」と訴えていたことも分かりました。

 文部科学省のガイドラインでは、”多くの生徒の前で、ズボンと下着脱がされ裸に”されたという事例は、生徒の心身に重大な被害生じるいじめの重大事態”とされています。今後、いじめと自殺に関係あったか、調査しています。(’17年5月3日NHKニュース9) 

 男子生徒は”机に死ね”と書かれたり”頬を叩かれたり”「他の中学校に行け」とか「臭い」と悪口を言われ、”菌扱い”されていました。また消しゴムのかすを髪の毛に乗せられていたりしました。いじめに対して男子生徒が言い返すこともなく、トイレの前で1人で座っていました。自殺した当日は「朝は顔色が悪くてフラフラしていた」そうです。

 男子生徒の遺族は「入学当初から何度もいじめの事実を息子から聞いていたが、担任の教諭は一方的に息子の責任にし、学校はいじめを放置してきた」と訴えています。

仙台いじめ体罰(’17年5月23日東京新聞から引用)

 保護者から通報があるまで、体罰を学校に報告しなかったことについて、男性教諭は、男子生徒が寝ていたので、起こそうとして頭部にげんこつをしたそうです。それは「寝ている生徒を起こそうとしたもので、管理職に報告するほどのことではない」と説明。

 授業中騒いだ男子生徒の口に粘着テープを貼った50代女性教諭は「体罰に当たるという認識はあったが、授業の妨げになる行為を注意するためだった」と話したという。

(注)授業中に寝ていたとか騒いだという記事を、そのまま読むべきではありません。授業中に寝ていれば非難の対象になるかもしれません。しかしそれもいじめで夜も寝ることができなかったのかもしれません。いじめを避けるためかもしれません。騒いだというのも抗議していたのかもしれません。なぜ教師や教育委員会はいじめはなかったと責任を転嫁し、自殺した人間が悪いようなことを言うのでしょう。全国的に!そうすれば責任を取らなくてすみます。「おしゃれ事件」の場合と同じです。

青森中二女子生徒いじめ自殺遺書’16年8月25日

 JR北常盤駅で浪岡中学校の葛西りま(13)さんが列車にはねられ自殺しました。スマートフォンには「遺書」というタイトルでメモが保存されていました。そこには友人関係の悩みや人生への絶望が記されていました。

「もう無理です。学校生活も散々だし、それでストレスたまって起立性なったのに、仮病とかいう人が沢山いて、説明しても、あまり信じてくれなかった」。女子生徒は去年から同級生に「お前うるさいんだよ」と暴言を浴びせられたり、LINEで他の学校に通う生徒とのありもしない交友関係の噂を流されたりしていて、別の学校に通う友人に相談していたことが分かりました。

 「いじめてきたやつら、自分でわかると思います。もう二度といじめたりしないで下さい」「流石にもう耐えられません」「来世でも(中略)幸せな生活を送れる人になれるまで、さようなら」

 写真は自殺する10日前のものです。黒石市の夏祭りで撮影され、その後、祭りの実行委員会が行ったコンテストで最高の黒石市長賞に決まりました。ところが写っているのが、亡くなった葛西さんだと分かり、主催者側は「コンテストの趣旨にそぐわない」などの理由で賞を取り消しました。

 このことについて父親は「こういう子が被写体ではふさわしくないという話を聞きまして、「こういう子が」というのは、どういうことなんですか。やはり、面倒にまきこまれたくないんだなと感じ取れました」。

 その後10月19日に、黒石市は「賞の取り消し」を撤回しました。

 追記:葛西りまさんの悪口は、インターネット上でも繰り広げられ次々と拡散、スマートフォンの画面を通じて苦しみを与え続けた。父の剛さんは、「ネットは使い方を間違うと残酷な結果を導く」と。りまさんは中一だった昨年6月以降、学校で同級生や同じ部活の生徒から「きもい」「ブス」などと言われるようになった。無料通信アプリLINE上でも毎日のように、複数の生徒から「頼むから死んでくれ」などの言葉を送られた。

女子グループ内で無視や悪口、仲間外れ…「囲い込み」で追い詰められ 兵庫小5自殺で報告書 '19年4月15日

 兵庫県多可町の町立小学校5年の女子児童(当時10歳)が2017年5月に自殺した問題で、いじめの経緯などを再調査していた第三者委員会は15日、他の児童と遊ばせないなどのいじめが「自殺の最も大きな要因」と改めて結論づけ、報告書を公表した。再調査を求めた遺族は「自死に至った経緯を十分理解できた」と評価した。

 再調査委の報告書によると、女児が4年生だった16年7月ごろにクラスに女子グループができ、その内部で無視や悪口、仲間外れなどが断続的に続き、女児も同10月ごろに太ももを強く蹴られた。さらにグループでは女児の行動を見張り、校庭などで他児童と遊んでいると、「あの子らと遊ばんといて」と言って引き離したりした。

 翌17年の春休みに書いたと見られるメモには「死にたい、でもこわいの苦しいから」などと表現。同年4月にはグループ内でランドセルを取るよう命じられ、断ると足を蹴られた。報告書は「グループへの『囲い込み』『拘束』で、無理難題を解決できないと観念させられた」とし、女児が精神的に追い込まれた状況を指摘した。

原発避難の中一いじめ・被害生徒の手記内容、東京新聞’16年11月16日

 「(加害児童生徒の)3人から…お金をもってこいと言われた。」
 「〇〇〇(加害児童生徒名)からはメールでも言われた。」
 「人目がきにならないとこでもってこいと言われた。」
 「お金もってこいと言われたときすごいいらいらとくやしさがあったけどていこうするとまたいじめがはじまるとおもってなにもできずにただこわくてしょうがなかった」
 「ばいしょう金あるだろと言われむかつくし、ていこうできなかったのもくやしい」
 「〇〇〇(加害児童生徒名)〇〇(加害児童生徒名)にはいつもけられたり、なぐられたりランドセルふりま(わ)される、かいだんではおされたりしていつもどこでおわるかわかんなかったのでこわかった。」
 「ばいきんあつかいされて、ほうしゃのうだとおもっていつもつらかった。福島の人はいじめられると思った。なにもていこうできなかった。」
 「いままでいろんなはなしをしてきたけど(学校は)しんようしてくれなかった。」
 「なんかいもせんせいに言(お)うとするとむしされてた」
 「いままでなんかいも死のうとおもった。」
 「でも、しんさいでいっぱいしんだからつらいけどぼくはいきるときめた。」(原文のまま)

 福島第一原発の事故で、横浜市に自主避難してきた生徒(現在中一)がいじめを受けていた問題で、生徒が多額の金を払わされている情報を、両親や警察が伝えていたのを、学校が重大な事態だとは判断していなかったことが分かりました。

 生徒は小学校高学年になるとゲームセンターなどで遊ぶ際の金、食事や交通費も含め全て負担させられ、自宅から親の金を持ち出していました。一昨年の6月両親が遊ぶ金として同級生に計150万円ほど渡したと、学校に被害を訴えた他、11月には同様の情報が学校に寄せられていました。

 しかし、学校側はいじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」には当たらないと判断していたことが、教育委員会の取材で分かりました。横浜市は当時の対応は不適切だったとしています。横浜市教委、校長、副校長、教委の窓口職員などへの聞き取りを今月中にも開始、対応を検証することにしています。

(注)見て見ぬふり、他人事。無視。関わり合いにならない。これらは日本社会の美徳?

愛知県一宮市男子中学生自殺

 2月6日夜、愛知県一宮市の男子中学生が、大阪市の商業施設から飛び降りて自殺しました。教育委員会によりますと、当日友人に渡したゲーム機に「担任によって人生すべてを壊された」というないようのメモが残されていたということです。

 この問題で学校側は昨夜のPTA総会では、担任の教師によるいじめがあったと認識していると説明していました。しかし、今日の会見では一転して、”担任の教師のいじめという認識は当初から持っていない”と述べました。「指導が不適切だったと思います。いじめではありません」PTA総会でいじめがあったと説明した理由については「遺族のの方の気持ちを汲み取って説明しました」。

 学校が上げた不適切な指導とは体育祭の組体操で生徒がバランスを崩して倒れたことを巡る対応でした。体育祭の日の夜、生徒の母親は担任に「息子の手が痛いと言っている」と連絡しました。しかし、担任は職場での飲み会があったため「用があるので明日にして欲しい」と対応を保留したということです。その2日後生徒は右手の親指を骨折し、左手の親指にひびが入っていたことが分かりました。母親は改めて教頭に相談。学校側はこのとき初めて生徒のけがを認識したということです。

 男子生徒の父親は校長が「受験シーズンなので、大事にしないで」というようなことを言われたり、「学校や教委が担任教師の人いrの責任にしようとするコメント出しているので信用できない」。一宮市の教委は「第三者委を設置し自殺までのいきさつ、担任の指導との関係などを調べることに。(’17年2月13日NHKニュース)

(注)大変分かりにくいニュースだ。骨折をしているのに、担任に連絡するも病院には連れて行かないのか?ほかに何か問題があるのではないか?

父「14年一瞬でなくなった」福島中二自殺’17年2月15日東京新聞

 福島県南相馬氏で、いじめ被害を訴えていた市立中二年の女生徒が自殺した問題で、亡くなったのは柳沢樹里愛(14)と明らかにした。1月下旬、複数の生徒から「ばい菌」扱いされたと、泣きながら帰宅したことがあった。

 父親によると、女子生徒は1月、教室で複数の生徒に囲まれ「ばい菌が付く」などと悪口を言われた。2月に入り、登校しても保健室で過ごすことが多かったが、亡くなる前日の10日は放課後まで教室で過ごし「今日は一日教室にいた。頑張った」と話していた。

 一方で阿部貞康教育長は「いじめだけが自殺の主要因だとは考えていない」との見解を示した。

親などによる虐待

文章を入力してください

千葉市野田、栗原心愛(みあ)(10歳)虐待死

 千葉県野田市の市立二ツ塚小4、栗原心愛さんが自宅で死亡しているのが見つかった事件で、傷害容疑で逮捕された父親の勇一郎容疑者(41)が、児童相談所の一時保護が解除された後、心愛さんを日常的に深夜に起こし、室内に立たせていたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 心愛さんは、1年以上前から父親から虐待を受けていた可能性があるとみて調べている。また、近所の複数の住民からは、約1年前から、心愛さんの自宅の方から「黙れ」「お母さん、怖いよ」と泣き叫ぶ女児の声を頻繁に聞いていた。「死ね」「殺してやる」という声も聞こえたという。

 1年ほど前から、断続的に食事を与えないくなり、数日間続けることもあったという。心愛さんは長時間顔に冷水シャワーをかけられ、首付近を両手でわしづかみにされるなどして擦り傷を負っていた。肺には少量の水が入っていた。

 一方で、児相や市、県警にはこうした内容の通報は寄せられず、心愛さんの転向した市立二ツ塚小も気づいていなかった。(情報は「朝日新聞」より引用)。

 栗原心愛さん虐待の裏で勇一郎容疑者ラジオ出演
’17年11月6日 アンケート「お父さんがぼう力」
     11月7日 柏児童相談所が一時保護
     12月27日 一時保護解除→親族宅へ
’18年2月28日以降 児相が親族宅から自宅へ戻す方針
      8月〜11月 3回にわたりラジオ出演
’19年1月24日 自宅で死亡

(注)通報がなかったと報道されているが、事実かどうか分からない。とにかく隠蔽社会であり、事実関係が正確に報道されているか分からない。但し、多くの人が事実を知っていても、「声」を上げることをしない社会だ。いつもこういう犠牲者が出てから、テレビなどの取材に応じているが、ではなぜ通報しないのか。通報義務があります。

 ここが日本社会の異常性である。心愛さんから見たら、私たち大人はどのように見えたのだろう。母親も逮捕された。まだ詳細は分からないが、事実認識していれば、責任を問われるのは当たり前のことです。

 「日本テレビおしゃれ事件」などもそこにいた人たちは、本来責任を問われます。しかし、それ以上に当事者が余りにも無責任だと思う。放送を使ってすることではありませんから。当サイトは、多くの人に「声」を上げるように促しているが、それを阻止しようとしている警察やテレビ側の人間がいることは分かっています。でも、闘わなかったら、私たち市民には未来のない社会になることを自覚して頂きたい。

(参考:朝日新聞「声」、「基地反対 怖くても声を出そう」’19年1月28日)
 小学校教員 山本美和(静岡県 45)
 ”自分の考えをはっきり伝えるのは怖い。周りに合わせて黙っている方が非難されずに楽である。
 タレントのローラさんが沖縄・辺野古の埋め立てに反対する署名を呼びかけた。音楽家の坂本龍一さんも…
こう書いている今も怖い。知り合いから何か言われるのではと思ってしまう。でも、私も腹をくくった。本音で書くことで社会の意見がより成熟していくのではないかと思うからだ。
 勇気を出して声を出そう。そう伝えたい、私は!”

HOME>いじめ・自殺

カウンター