本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

NHK受信料 我が家の場合 NHK license feeHEADLINE

NHK受信料問題

まず私はNHK受信料を払うのを止めた。なぜか?以下の8点である。

 〇NHKは超音波盗聴音を聞いて、キャスターが笑っていた。盗聴音をLIVEで聞いていれば盗聴犯である。
 〇NHKは視聴者・私が基本的人権を目の前で犯されているのに何も対処しない。とてもまともな人間集団とも思えない。
 〇「日本テレビおしゃれ事件」について報道していない。
 〇NHKスタッフが、私が命を削って作成している当サイト「もう森へなんかいかない」を相手にされていないと発言し、馬鹿にした。
 〇NHKスタッフが、名誉棄損罪限定など、一般人が画期的なことをしたこと、また「おしゃれ事件」などを、報道しない自由があると侮辱した。
 〇NHKスタッフが「超音波盗聴機を持ってこなければだめだ」と、警察が言っていることと同一のことを言った。
 〇NHKスタッフは、なぜ警察と同じことを言っているのか、説明してもらいましょう。
 〇鉄道騒音で昔から十分に聞こえない。たとえば、ストーリーが分からないなど。

 「超音波盗聴機を持ってこい」と言うのは、盗聴捜査員がいるわけだから、その人間から奪うわけだ。捜査員はうばわれないようにするでしょう。当然、殺して奪うしかないので、?「強盗殺人の勧め」を警察やNHKはじめ放送局がやっている。私は「警察が勧めたので、そうした」と言えばいいのだろうか。

 また当サイトを相手にされてないと発言したり、報道しない自由があると、明らかに権力を賛美している。自分たちの都合の悪い情報を隠蔽し、情報操作していることを認めていることだ。これでどこが「公共放送」なのか?

 視聴覚障害者などには、NHKは受信料を半額免除している。つまり、視聴が十二分にできなければ、免除対象になるということだ。新幹線などの騒音問題のように、騒音対策をしろというのではない。視聴が十二分にできないのだから、免除額などの話し合いをするように働きかけている。NHKスタッフも認識済みだ。

 以上のことによって、NHK受信料を払うのを止めた。今後一切払うつもりなどない。裁判をしろ。「支払いのお願い封書」を送ってくるな。ゴミにするのに金がかかる。押し売りみたいなマネはやめろ!弱い者いじめをするな!また超音波盗聴をされているのは私だけではないことを表明しておかなければならないだろう。

 一般の視聴者に警察やメディアが嘘をついて、人権を侵害しているだけじゃないか。嘘の情報を流すなと言っておきながら、隠蔽すれば、やはり嘘の情報を流しているのと同じだ。同一。他の一般の視聴者を騙して面白いか?これはNHKだけの問題ではなく、テレビなどのメディア全体の問題だ。日本国は嘘で成り立っている。バカバカしい。

 次に、NHK受信料について、最高裁で初めての判断が出ました。考えてみよう。

NHK受信料問題に最高裁で初めての判断’17年12月6日ニュース7

 NHKは、テレビなどの設置者のうち、繰り返し受信契約を申し込んでも応じない人たちに対して、申し込みを承諾することや受信料の支払いなどを求める訴えを起こしています。都内の男性に対する裁判では、

 〇受信契約が義務付ける放送法64条の規定が、憲法に違反するかどうか。
 〇契約がいつ成立するか、などが争われました。

 最高裁大法廷・寺田逸郎裁判長は、放送法の規定は、憲法に違反しない。また、受信契約に応じない人たちに対しては、NHKが契約承諾を求める裁判を起こし、判決の確定した時に成立する。支払いの義務はテレビなどを設置した時まで、さかのぼって生じる、としました。

 NHKの受信料は、
 〇NHKの公共的性格を特徴づけ、特定の個人、団体、国家機関などから、財政面での支配・影響が及ばないようにしたもの。
 〇広く公平に負担を求めることにより、NHKが放送を受信できる人たち全体に支えられていることを示している。その上で、
 〇受信料の仕組みは、憲法の保障する表現の自由のもとで、国民の知る権利充たすため採用。
 〇その目的にかなう合理的なものと解釈、立法の範囲内で「憲法に違反せずと判断」。

 NHKコメントでは、「公共放送の意義認め、受信料制度が合憲との判断を最高裁が示したもの」。

NHK放送受信料についての最高裁の判断を放送

 野田総務相は「NHKは受信料が広く国民・視聴者に負担していただいていることを踏まえ、引き続き、丁寧に受信料の公平負担の確保に向けた取り組み推進することを期待している」としている。

 また、反対意見として、木内道祥裁判官は「判決によって、契約を成立させることはできず、別の形でNHKが請求すべきだ」としました。

(注)見たい人が見ればいいと、スクランブル放送を求める意見があります。私見として、NHKカラーはあります。そのNHKカラーが生理的にどうしても嫌だ、いやらしいという人たちもいます。それらは憲法で保障されている、思想・良心の自由であろうと思います。NHKが公共放送と言いますが、超音波盗聴など違法行為を受け入れています。決して、公共放送であろうとは思いません。公共放送であるかどうか、あるいは、公平・平等などが守られているかなどは、視聴者・国民がNHKの放送を見て、認められれば受信料を払うようにすればいいと思います。

 私自身テレビはほとんど見ません。現在は仕方なく情報をチェックしています。若い人たちは、ますますテレビなど見なくなっています。現在・未来に向けての判決とはいいがたいと思います。情報の選択権は国民の知る権利の一つです。

NHK受信料についての政府答弁書・’19年8月15日

 政府は15日の閣議で、「NHKと受信契約を締結した者は、NHKに対し、受信契約に基づく受信料を支払う義務がある」とする答弁書を決定した。立憲民主党の中谷一馬衆院議員の質問主意書に対する答弁。

 受信料を巡っては、NHKから国民を守る党の立花孝志党首が「受信契約をしないのは法律違反だが、受信料の不払いは違法行為ではない」と主張。参院議員会館の事務所に設置するテレビについて、 NHKと受信契約を結ぶ一方で、受信料を支払わない考えを表明している。

 答弁書では「放送法でNHKの放送を受信できる設備を設置した者はNHKと受信契約を締結する義務があると定めている」と指摘。受信料の未払いへの対応については「政府としては受信料の公平負担の徹底に向けて、 未払い者対策を着実に実施することなどを求めており、NHKが適切に対応されるべきものと考える」としている。

 また、N国が主張する、受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」については、「公共放送としての社会的使命を果たしていくことが困難になる」と否定的な見解を示した。 一方で、今後の受信料のあり方について「放送をめぐる環境変化や、国民・視聴者から十分な理解が得られるかといった観点も踏まえ、中長期的に検討すべき課題だ」としている。

NHK受信料の支払いをストップしました。

 2017年・平成29年12月8日。放送受信料・放送受信料自動払い込み変更届を出しました。
 2018年・平成30年1月19日。「NHK放送受信料払い込みのお願い」を受け取る。
 2019年・平成31年1月11日。母親宛に「NHK放送受信料の払い込み」らしきものを受け取る。見ずに捨てる。
 2019年・令和1年6月5日。母親宛に「NHK放送受信料の払い込み」用紙などを受けとる。電話をして、死亡していることを伝える。名義変更を言ってきたが、拒否した。電話代を返せ。
 2019年・令和1年8月29日。午後5時30分頃NHKスタッフの訪問受ける。受信料の話。会話のやり取りを本部の方で録音はしていないが、聞いているというので、切ってもらう。30分ぐらい話す。いつものような話。その中で、民放関係者はNHKの受信料を払わないようにするためか?暴力的な対応が多いと聞く。胸倉をつかんだりするとのこと。NHKスタッフに対応しないと法的措置をとるといい、それを聞いたので「お願いします」と終わる。

(注)払うつもりなどない。NHK自身が基本的人権を犯している超音波盗聴を受け入れている。告発もしない。公徳心がなければ、お互い様。社会のシステムそのものを否定するならそうすればいい。私もそうする。

 まず第一に、何度もNHKスタッフが自宅に来た時、私は丁寧に説明している。皆さん納得して帰られる。しかし、その都度お膳をひっくり返す。答えをいっこうに持ってこない。弱い者いじめをするような裁判をするなら、私を訴えればいい。NHKが違法行為をしていることを証明するだけだ。

 公平負担と言いながら、いっこうに解決しようとしないなら、こういうやり方が通るのかどうか!?払わない。

 久米・楠田と同じ態度をとるなら、それは彼らがしたことを是認すること、自分たちでしたことと同じです。見て見ぬふりをすることは、それをしていることと同じ。

受信契約が5倍に・’18年2月2日東京新聞

 NHKは、最高裁大法廷判決があった昨年12月に、電話やインターネットを通じ自主的に申し込まれた受信契約が約5万6千件あったことを明らかにした。通常は月に1万件前後で、約5倍になった。今年1月も約2万6千件あったという。NHKの上田良一会長は、「最高裁判決の後に申し出が増えたが、引き続き公共放送の役割や受信料制度の意義について丁寧に説明していきたい」と話した。

(注)受信料制度の公平負担を実行してもらいたい。また、基本的人権を無視する違法行為を目の前で見ていながら、告発しないのは、公共放送とは言えない。人間失格である。

「NHK放送受信料のお支払い方法のご案内」が来た。’18年2月23日受け取り

 平素はNHKの放送事業にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。NHKでは、受信料をお得で便利にお支払いいただける口座振替またはクレジットカード継続払へのお支払方法の変更をお願いしております。是非、この機会にお申し込みをお願いいたします。同封の口座振替またはクレジットカード継続払お申込みハガキに必要事項をご記入のうえ、ご投函をお願いいたします。

(文面にはこのように書いてある。封筒には、《変換先》〒209−8799 東京多摩郵便局留。とも書いてある。受け取らないで返還する人もいるのですね。他には電話番号も書かれている。でも電話代はすべて視聴者持ち。たぶん、なかにはNHKに経費を多く使わせようとして、電話をかけまくる人もいるのだろうと思う。それでこちら持ちなんでしょう)。


受信料払い込みのお願いと受信料Q&Aを受け取る。 ’18年2月24日14時頃にNHKのスタッフが自宅に来る

 Q1には、受信料で成り立つ「公共放送」です。たとえば、いろいろな放送の製作費は受信料で賄われている。
 Q2には、放送法64条第1項に「受信設備を設置したものは〜契約をしなければならない」。
 Q3には、払わなければ、法的手続きにより支払いをいただく活動を進めている。

 今日受け取ったものには、およそ上記のものが書かれている。NHKの番組といえども、その内容は薄っぺらく、くだらない。こんなものにお金をつぎ込み、国民を堕落させるのは、いいことではない。情報を新聞で、雑誌で、ネットで、テレビで、何で知ろうが、知りたくなかろうが、国民の自由選択権だ。NHKの放送のみによって、すべてを賄っているわけではない。

 また、情報を知りたくないという権利もある。それらは法律でも認められている。刑法174条に「公然わいせつ」、第175条には「わいせつ物頒布(はんぷ)等」がある。これは「日本テレビおしゃれ事件」などのように、バストとか女性器を意味する表現を「おしゃれ」という、主に主婦層番組で性的表現をするにはふさわしくないものである。番組の本来の趣旨とは大きくかけ離れている。

 するとテレビ側は「気に入らなかったらみなきゃいい」と開き直る。だったら、そのような嫌疑をかけられて、捜査員に「だったら見なきゃいい」といって、罪を逃れられた人間はいるのだろうか?つまり、見る側にも「見たくない権利」がある。そういう人に受信料を払え!と言えるのか。

受信料払い込みのお願いを受け取る 

 NHKから何か来る。受取人は存在しない。処分するのに労力がかかるし、ゴミ処理代もかかる。以下の日付。

 '18年4月24日。 ’18年6月25日。 ’18年10月24日。 ’18年11月16日。以下の文書来る。裁判所云々と書いているので、NHKで注意を呼びかけている詐欺にそっくりだ。区別がつかない。こんなものいくらでもコピーができる。さあ、いよいよNHKと裁判だ。超音波盗聴を聞いていたことが、世間にでるぞ。基本的人権の保護を無視しているNHK。以下のもの捨てる。


NHKから「重要なお知らせ」を受け取る

 31年2月7日 母親宛にNHKの受信料についての、「重要なお知らせ」が来る。以下のものです。



平成31年2月 
〇〇〇〇様              日本放送協会

重要なお知らせ

 貴殿におかれましては、当協会との放送受信契約に基づきお支払いいただくべき下記期間の放送受信料をお支払いいただけておりません。同封の払い込み用紙にて、至急お支払いください。
 当協会ではお支払いが滞っている方に対し、文書・電話・訪問などを通じてお支払いいただくための活動を進めています。ご理解を得られない場合は、やむを得ず、裁判所を通じた法的手続きを実施しています。
 なお、行き違いで、すでにお支払い済み、またはお手続きがお済の場合はご容赦ください。

 請求期間  :  平成29年12月〜平成31年3月
 請求金額  :  20,960円(消費税を含む)

 支払い方法についてのご相談(分割でのお支払い等)がある場合は、下記問い合わせ窓口までご連絡ください。

 (取り扱い放送局・営業センター)
 日本放送協会 西東京営業センター
 (問い合わせ窓口)
 NHKふれあいセンター
 0570−666−186
 土・日・祝日除く9時〜18時

 平成31年4月5日 母宛にNHK受信料についての、「重要なお知らせ」が来る。以下文面のみ。画像略。

重要なお知らせ      平成31年4月
〇〇 〇〇様

 お客様の放送受信料につきましては、下記期間のお支払いの確認がとれておりません。同封の払込用紙にて、至急お支払いください。
 お支払いが滞っている方に対しては、文書・電話・訪問などを通じてお支払いいただくための活動を進めています。
 それでもなお、ご理解が得られない場合、やむを得ず、裁判所を通じた法的手続きを実施しています。
 お支払方法についてのご相談(分割でのお支払い等)がある場合は、下記問い合わせ窓口までご連絡ください。
 なお、行き違いで、すでにお支払い済み、またはお手続きがお済の場合はご容赦ください。
 請求期間 : 平成29年12月 〜 平成31年 5月
 請求金額 : 23,580円(消費税を含む)    日本放送協会    (問い合わせ窓口)以下略。

 令和1年8月7日 母宛に「重要なおしらせ」が来る。
 令和1年10月5日 「受信料と公共放送について」と「重要なお知らせ」が来る。文面には”NHKは、受信料制度で支えられる公共放送として、信頼される「情報の社会的基盤」の役割を果たし、健全な民主主義の発達や、文化水準の向上に貢献してまいります”とある。これらを読んで、怒りが増す。表と裏。日本社会らしい。ばかばかしい。

NHK下請けスタッフとの論点’18年2月24日

 所感から言えば、NHKは本当に金があるのだなと思った。受け取る郵便物もそうだが、これだけ早い。昔押し売りというのが来たが、それ以上である。私が伝えたことは「視聴が十分にできない」「NHKが違法行為をしている」の二つである。

 視聴は、以前NHKスタッフがおよそ6回ぐらいか来ている。その時のスタッフには次に来るときには答えを持ってくるように伝えた。今日来たが、やはり、答えはない。例のごとくお膳のひっくり返しだ。放送法にいう「受信設備の設置」だけでは、受信料を払う理由にはならない。Q1で謳っているように、さまざまな番組の視聴ができる状態を指しています。壊れたテレビを設置してあるといって、受信料を払う必要はない。また「設置」とは、視聴のためのものであり、ごみ溜めに捨てられている受信機に支払い義務はない。

 つまり、「設置」とは、視聴できる状態を指しています。このことについて、我が家はそれを十分に満たしていない。よって以前から、減額するようにと、スタッフにお願いしてきました。およそ10年にもなるか、定かではない。

 NHKの違法行為について、説明したが、私のサイト「もう森へ」などを、侮蔑的に相手にされていないと発言。遠回りに「きちがい」と言っているのと同じだ。また、超音波盗聴機について「持ってこなければだめだ」と言った。それで裁判が勝てますか。こんな論理の欠陥を知らないのか。警察などと同じように「強盗殺人」薦める。私が声を張り上げると、警察を呼ぶというので、交番に連れて行った。

 話の様々な成り行きから、騒音のするような場所に住んでいるのが悪いように言われる。だったらお聞きしますが、静かにNHKの放送の視聴が完璧にできる。そういうところに引っ越さなければみたいなことを、警察官も言う。それって、明らかに現在の騒音の中では、視聴に問題があるということを認めていることに過ぎない。満額払えるところに引っ越しなさいというなら、現在はしなくていいと言っているのと同じではないか。

 普天間の飛行場が危険だというなら、引っ越せばいいというのと同じだ。ですけど、NHKのテレビを見るために、なぜ引っ越さなければならないのか。ばかばかしい。それよりテレビを捨てる方が先だと思う。しかし、NHKはパソコンや携帯などもやるようなことを言っている。おかしくないか。NHKが放送することは、錦の御旗ではない。

 最後に、このスタッフは、「裁判はNHKの方から一度も訴えてない」と言った。私は唖然とし、バカバカしくなった。先の最高裁の判決や裁判の在り方などを、この人はどう考えているのか。ほぼここで打ち切る。

 ただし、このスペースでNHKが昔の押し売りよりひどいことだとすると、メモすることも困難になるだろう。そうすると郵便物を返却するとか、スタッフと話をしないとかいうことになるだろう。

 いずれにしても、少額のうちに、裁判に訴えて欲しいとお願いした。

 加えて書いておきたいことがある。それはこの時、巡査さんにいろいろ話して、弁護士のことも話した。するとその巡査さんは「しかし変ですね。弁護士さんも受ければ金になるのに」。そういうことです。いま弁護士もプアになっているとも言われる。仕事をしないでどうして金を稼ぐのか?たぶん、警察やテレビ局などに含まれているのだろうと思う。弁護士の判断など聞きに行くわけではない。今までちゃんと応対した弁護士は2人だけです。その人らはちゃんとしていた。どういうことなのか理解しています。巡査さんもおかしいということを明確に認識しているわけですから…。

 ちなみにこの日、この時に、JAFの会費(¥4,000)を支払った。JAFは私自身、ほとんど使うことがない。しかし、その活動は広く公共に貢献するものであり、冬の間では北国で多くの渋滞車両に対応しているはずです。ですからその活動を支援する意味でも、長く支払っています。

NHK受信料

 ’18年6月12日NHKスタッフ昼頃来る。名義人が死亡したことを伝える。名義変更を聞かれたが、そのつもりはないと答えた。

環境基準・引用https://www.env.go.jp/kijun/oto1-1.html

第1 環境基準

1 環境基準は、地域の類型及び時間の区分ごとに次表の基準値の欄に掲げるとおりとし、各類型を当てはめる地域は、都道府県知事(市の区域内の地域については、市長。)が指定する。

地域の類型

基準値

 

 

昼間

夜間

AA

50デシベル以下

40デシベル以下

A及びB

55デシベル以下

45デシベル以下

60デシベル以下

50デシベル以下

(注)

1 時間の区分は、昼間を午前6時から午後10時までの間とし、夜間を午後10時から翌日の午前6時までの間とする。

2 AAを当てはめる地域は、療養施設、社会福祉施設等が集合して設置される地域など特に静穏を要する地域とする。

3 Aを当てはめる地域は、専ら住居の用に供される地域とする。

4 Bを当てはめる地域は、主として住居の用に供される地域とする。

5 Cを当てはめる地域は、相当数の住居と併せて商業、工業等の用に供される地域とする。

ただし、次表に掲げる地域に該当する地域(以下「道路に面する地域」という。)については、上表によらず次表の基準値の欄に掲げるとおりとする。


我が家の場合

 音の種類 dBA  昼間 夜間 
 電車が通過    60.6(雨戸を立てている.居間)
 テレビの音・レベル12    56.5(普通に聴いていて)
 パソコンのキーを打つ音    65.9(すぐ近くで計測)



HOME>NHK受信料

カウンター