本文へスキップ

久米宏・楠田枝里子の日本テレビおしゃれにおける性的関係。

Nippon Television Osyare Sex Scandal

私たちはメディア社会をいかに生きていけばいいのだろうか

テレビ殺人事件HEADLINE

超音波盗聴音をもとに怒鳴り返す放送。テレビが攻撃してくるとテレビ殺人事件起きる

テレビ殺人事件・M君のこと・TVmarder

 そこでM君のことについて触れておきたいと思います。「テレビ殺人事件」というのは、M君が「テレビが攻撃してくる」と言って、隣人の人を5人殺してしまった事件です。この事件の後、民放は「提供読み」テープもしくはニュアンスを変えたのです。一時期もの凄い勢いで攻撃していました。つまり民放も「攻撃的な提供読み」及び番組によって、殺人事件が起きたのではないかと明確に認識しています。NHKも。

 この攻撃的な放送と殺人事件は何らかの関係があるものと思います。私は理解していました。私を盗聴しながら攻撃的な放送をしているので、今におかしなことが起こると予言していたのです。この予言は盗聴をしていて、民放もNHKも知っています。つまり起こるべきして起きたのです。

 まず民放はなぜ「提供読み」のニュアンスを変えたのでしょう。殺人を犯してしまったM君の言っていることが、本当のことであると視聴者に分かってしまうからです。心当たりがあるから民放は隠したのです。

 M君は殺人を犯しました。でも私にはM君は被害者に思えます。M君と連絡を取ろうと思ったのですが、できません。電話で話すこともできません。犯罪被害者の悲しみです。M君、あなたは犯罪加害者でもありますが、被害者でもあります。私の言おうとするところをM君は理解できるはずです。

 殺人事件の捜査は警察がします。普通はテレビが攻撃してくることなどありません。とするとどうでしょう、どうなります?5人も殺害しているのですから、M君は死刑になる可能性もあります。M君は「テレビが攻撃してきた」というテレビについて、詳細に語るでしょう。どうです。これらの事実関係を求めることは、久米楠田はじめ民放や警察が責任を問われることになるのです。ですから用意された答え・精神異常者に仕立て上げたのです。

 精神鑑定もあらかじめ用意された答えであったようです。

(注)テレビ殺人事件は、昭和57年10月6日、東京中野区の殺人事件。「テレビの音がうるさい(攻撃してくる)」として、M君(当時22歳)が、下宿先の老人や隣家の母子計5人を包丁で刺殺しました。警察への「第一報」は午後6時50分頃かかってきた110番でした。この犯行時間帯は、私がちょうど取り上げている、6時台のニュースを放送している時間帯です。全てが一致します。

 この時間帯にM君は継続的に隣家のテレビの音に悩まされていました。音を小さくしてくださいと頼みもしました。また音に反発し、それでもやまない攻撃的なテレビの音に逆攻撃をかけるために、ステレオの音をバンバンかけました。大変矛盾するかと思いますが、ステレオの音とテレビの音は違います。まして攻撃的な放送は別のものです。(ただしこの攻撃的な放送は関東エリアで確認されているもの。それ以外ではわからないかもしれません)。

 現在精神病院に入院していると思われるM君は、その後症状は全くないそうです。本人は被害者だと言われているようです。ならば、なぜ隠蔽されているのでしょう。超音波盗聴の表現に触れるからだと思います。M君にも民放や警察は圧力をかけているようです。しかし、M君が被害者であるかどうかは、M君自身が証明しなければなりません。こういうことがあったということは、NHKも認識していますし民放も認識しています。しかし、ごらんの通り、これで彼らが正義のために尽力するとは思えません。

子供の声がうるさい?!

私の予言どおりに大変な殺人事件が起きてしまいました。事実、民放テレビの超音波盗聴表現によって起きたものと確信しています。

  • ひとつにはM君の精神鑑定が型どおりであったこと。精神分裂病として事件の幕引きがバレバレだったこと。
  • 事件後、M君は興奮から覚め反省していること。
  • 犯行時間帯は午後の6時のニュース時間帯(ここで主に取り上げている)で、最も攻撃的に放送をしていたということ。
  • 病院に入院してからも、M君の精神分裂病の症状が全くないこと。

 M君は「子供の声がうるさい」とも言っていました。子供の声も都環境確保条例の例外ではありません。

 ’06年10月には、公園の噴水で遊ぶ子供の声に精神的苦痛を受けているとして、近隣の女性が仮処分を求め認められました。女性は30年以上前からこの場所に暮らしてきましたが、前年に公園が完成し、自らは不整脈や不眠症の症状が出て療養中でした。市に改善を求めてきましたが、対応してもらえず、訴訟になりました。都の騒音基準値(50デシベル)に対し60デシベルありました。

 音の量が大きければ、子供の声でなくてもうるさいでしょう。たとえば夜勤明けで帰ってきても、うるさくて眠れないというのは、小さな音でも眠れないでしょう。M君の場合音の量もあるでしょうが、何よりもその質があると思います。

 テレビの攻撃的なアナウンサーの声・怒鳴るような声は、耐え難いものでしょう。そしてその環境におかれたとき、奇妙なことに「子供の声」が、耳についてしょうがないのです。つまりM君が必死に耐えていた時に、私も耐えていました。テレビの放送エリアが同じなため、同じ状況が起きていたものと思います。「子供の声」がなぜ耳につくのか考えましたが、分かりません。

 一方でテレビの音質は昔に比べると、決定的に違います。3,40年前のテレビやラジオの音は、くぐもっていて響いてくるような激しい音ではありませんでした。カーステレオを大音量にして走る車も攻撃的だと感じたことはありませんか。音そのものの質が昔と違います。満員電車でイヤホンで聞いている他人の音もうるさいのです。総じて現代人は音に対して敏感になり、ストレスを感じています。そのため子供の元気な声もストレスになりうるかもしれません。

 M君が「テレビの音が攻撃」してくる、「子供の声がうるさい」というのには、それなりの理由があると思います。事件が起きた時、「攻撃的なテレビに、今におかしなことが起こるだろう」と予言していた私は、犯罪を起こしたのは自分ではなかったという安堵と、ますます巨大化する一連の事件に、精神的な疲労感と共に途方に暮れたのを覚えています。

HOME超音波盗聴>テレビ殺人事件

カウンター